大学案内University Guide

管理・監査体制

大阪河﨑リハビリテーション大学の健全な学術研究環境の確保と学術研究の信頼性と公正性を高めるために、
本学に所属する全ての教職員、学生など研究に携わるすべての者が守るべき倫理指針を以下の通り定めています。

研究者倫理に関する指針について

人を対象とする医学系研究に関する
倫理指針について

人を対象とする医学系研究に関する
倫理指針

研究活動上の不正行為の防止等に関する
規程について

大阪河﨑リハビリテーション大学では、競争的資金を中心とした公的研究費の管理等の体制について、研究費の不正使用などが
生じないよう、本学の研究者による研究活動における不正行為の防止及び、不正行為の問題が発生した場合の迅速かつ
適正な解決を図るため、規程により責任体系、管理体制及び監査体制などを定めています。

研究活動上の不正行為に関する
通報窓口について

学校法人河﨑学園では、内部監査室で、研究活動上の不正行為に関する通報を受け付けています。
下記のような行為が行われている(行われようとしている)ことを知ったときは、内部監査室まで通報してください。

研究の立案、計画、実施、成果の取りまとめ(報告を含む)の各過程における、捏造、改ざん、盗用、研究費の不正な使用、
二重投稿や不適切なオーサーシップなどの行為

競争的資金の使用等に関する
相談窓口について

競争的資金の公募、共同研究・受託研究の契約、研究費の執行のルールなどについて、学内外から相談や問い合わせを受け付ける
窓口を設けています。

不正な取引に関与した業者への処分方針

不正行為を防止するためには、本学教職員はもちろんのこと、取引に関わる業者の方々も誠実な対応が求められます。
万が一、不正行為に関与した場合、当該業者には「物品購入等契約に係る取引停止等の取扱要項」に則り、厳正な処分を行います。

公益通報等に関する窓口について

学校法人河﨑学園では、内部監査室で、業務上の法令違反行為に関する通報を受け付けています。
下記のような行為が行われている(行われようとしている)ことを知ったときは、内部監査室まで通報してください。

学校法人河﨑学園の業務に関し、法令、法人寄附行為若しくは大阪河﨑リハビリテーション大学諸規程に違反する行為
又は違反するおそれがある行為

利益相反マネジメントについて

動物実験等に関する情報

動物実験等に関する規程

動物実験に関する教育訓練実施状況

平成29年度

実施日 受講人数
第1回 平成30年
2月5日(月)
学生132人、
教員3人

平成28年度

実施日 受講人数
第1回 平成28年
11月2日(木)
教員3人
第2回 平成29年
2月13日(月)
学生115人

平成27年度

実施日 受講人数
第1回 平成28年
2月10日(木)
学生101人、
教員2人

平成26年度

実施日 受講人数
第1回 平成27年
2月12日(木)
学生146人、
教員4人

平成25年度

実施日 受講人数
第1回 平成26年
2月12日(水)
学生103人、
教員4人

平成24年度

実施日 受講人数
第1回 平成25年
2月13日(水)
学生135人、
教員4人

平成23年度

実施日 受講人数
第1回 平成23年
9月28日(水)
35人
第2回 平成23年
9月29日(木)
39人
第3回 平成23年
10月5日(水)
39人
第4回 平成24年
2月14日(火)
138人

実験動物の飼養及び保管の状況等

自己点検・評価

動物実験委員会

委員長 坪田 裕司 
(理学療法学専攻 教授)
副委員長 森藤 武 
(理学療法学専攻 准教授)
委員 芦塚 あおい 
(言語聴覚学専攻 講師)
委員 嶋野 広一 
(作業療法学専攻 講師)
外部委員

2018年5月1日現在

※各情報は、PDFファイルで作成しているため、ご覧になるためには「Acrobat Reader」が必要です(無償)。

WEB出願