理学療法学専攻Physical Therapy

身体障害からの回復と予防からスポーツ理学療法まで
理学療法学専攻

理学療法学専攻
理学療法はケガや病気により体に障がいを持った方や、
病気などにより将来、障がいを持つことが予測される方に対し、
座る、起きる、立ち上がる、歩くなどの基本動作能力の回復や障害悪化の予防を目的として行われます。
失った機能の回復と眠っている機能を覚醒させるのが理学療法です。

理学療法学専攻3つの特色

  • 01「動作を正確に見る目」
    を養う

    01「動作を正確に見る目」を養う

    「運動学」教育の充実

    理学療法の大きな目的でもある動作能力の改善には、「動作を正確に見る目」が欠かせません。
    そのため本専攻では、人の動きの基本的知識や障がいのある方の動作の分析手法など、「運動学」教育に力を入れています。
    また、身体運動分析システムを用いた運動学関連の研究成果やノウハウも蓄積し、授業へと活用しています。

  • 02「事前実習で自信」
    をつける

    02「事前実習で自信」をつける

    関連施設での実習

    理学療法士を目指す中で避けて通れないのが、病院などの現場を通して学ぶ臨床実習。
    本専攻ではその臨床実習前に近隣の河﨑グループ関連施設で事前実習(プレ実習)を行います。関連施設がある本学ならではの取り組みです。プレ実習では、実際に患者様や利用者様に協力していただき、理学療法士の資格を持つ教員の指導のもと、検査・測定の実習を行います。

  • 03「社会で活かせる力」
    を高める

    03「社会で活かせる力」を高める

    予防リハビリテーションなどの学修

    医療機関や保健・福祉施設だけでなく、近年ますます拡大している理学療法士の活躍の場。
    本専攻では、自宅や地域社会と連携した地域リハビリテーション、身体機能を悪化させないための予防リハビリテーション、プロ選手のケアやトレーニングに活かせるスポーツリハビリテーションなど、さまざまな分野を学びます。