言語聴覚学専攻Speech Language Hearing Therapy

取得可能な資格

徹底した国家試験対策で
「言語聴覚士国家試験受験資格」を取得!

  • 言語聴覚士合格率 61.1 (全国平均68.9%)※2019年実施

高い合格率は1年生からはじまる
『国家試験対策』があるから!

国家試験合格は大学で学んだ4年間の集大成です。
本学では臨床を重視した授業を展開しながら、1年次から日常的に国家試験を意識した講義を行い、ステップアップしながら確実に実力をつける体制を整えています。

  • きめ細やかな国家試験対策

    国家試験に合格するため、授業の充実はもちろん、カリキュラム以外の国家試験対策講座や学習会、少人数クラスでの個別指導などきめ細やかなサポートを整えています。

  • 自分の学力を客観的に把握

    模擬試験や学内模試を繰り返し実施することで自己評価を行い、客観的に学力を把握できるようにしています。

  • オフィスアワーの活用

    国家試験を不安に感じた学生がいつでも先生方に相談できるよう体制を整えています。

言語聴覚学専攻の国家試験対策

1年次
  • 系統講義内に
    おける
    国家試験対策
  • 国家試験合格に向けた
    基礎学力作り
2年次
3年次
  • 国家試験集中対策講座
  • 学内模試
  • 全国共通模試
4年次
  • 国家試験集中対策講座
  • 学内模試
  • 全国共通模試
  • 国家試験
  • 就職
卒業後
  • 講演会・研修会など卒業後も継続的にサポート

国家試験合格に向けた基礎学力作り
(1、2年次)

1年次からHRや基礎ゼミ、臨床ゼミ、日本語力向上プロジェクトなどで国家試験に挑むための基礎知識や技術を確実に身につける体制を整えています。

系統講義内における国家試験対策
(1~3年次)

国家試験で出題される解剖学や生理学を中心に多数の専門基礎科目、専門科目にて、1年次から国家試験を見据えて、講義毎に知識を定着させる小テスト等を実施しています。

学内模試・全国共通模試

学内模試は、学内教員が作成した本番さながらの試験問題と雰囲気の中で行います。何度も繰り返し模試を受けることで、自身の習熟度を把握して、担任の指導の下、次に繋げる筋道を立てます。

国家試験集中対策講座

それぞれの学生の状況を把握した上で、4年次には分野ごとの外部から国家試験対策特別授業、集中講座、専用自習室、教員による個別指導など細かくサポートしています。本学では4年間の集大成として必修科目である「統合基礎臨床医学」「統合言語療法学」を開講しています。

その他の資格

※資格取得における「必修科目」を修得した上で、所定の「選択科目」を修得するか、言語聴覚士国家試験に合格することで
資格が得られます。