言語聴覚学専攻Speech Language Hearing Therapy

在校生Voice

言語聴覚学専攻 舩井 洸希さん / 和歌山県立和歌山北高校出身

Student Voice
人として生きる楽しみを、言語聴覚士になってサポートしたい

言語聴覚学専攻 東 秀生さん
/ 大阪府立堺西高校出身
言語聴覚士という職業は、看護師の母親から教えてもらいました。
調べてみると、嚥下や発音、聴こえの障がいに関わるセラピストであり、いずれも人が生きていく上で欠かせない、基本的なことばかりである点に魅力を感じたのが、この専攻で学ぼうと思ったきっかけです。
授業では解剖学や生理学など、身体の構造や機能などを知ることができ、興味深いですね。これから授業は難しくなりますが、信頼されるセラピストになれるよう頑張ります。

Student Voice

  • 大阪河﨑リハビリテーション大学を選んだ理由は?

    言語聴覚学専攻 松浦 麻友佳 さん
    理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3専攻が揃っている数少ない大学でチーム医療について深く知ることができると思ったからです。病気や事故によって、障がいを持った人の手助けをしたいです。

    言語聴覚学専攻 松浦 麻友佳 さん

  • 高校と大学ではどこが違うの?

    言語聴覚学専攻 御牧 里穂 さん
    覚える事はたくさんあり勉強は大変ですが、同じ夢を持つ仲間と勉強していると、お互い支え合って頑張れます。
    また、この大学は本当にアットホームで、先輩も後輩も仲がいいので、楽しい大学生活を送れると思います。

    言語聴覚学専攻 御牧 里穂 さん

  • 実習から学んだことは?

    言語聴覚学専攻 西山 里奈 さん
    社会の厳しさを知る所であり、毎日課題に追われるが、自分が目指すセラピストの素晴らしさ、偉大さを実感できます。
    それに、普段の生活でも、細かいところの気遣いができたり、人の優しさに気づけるようになりました。

    言語聴覚学専攻 西山 里奈 さん