言語聴覚学専攻Speech Language Hearing Therapy

カリキュラム

言語聴覚学専攻 カリキュラム一覧

1年次

言語聴覚士として基礎的な科目を学びながら、豊かな人間性と教養を養います。

基礎科目 基礎ゼミ / 心理学 / 情報処理学入門 / 情報処理学応用 / 生物学 / 社会学 / 社会福祉学 / 医療哲学 / 医療倫理学 / 医療系の力学 / 医療経営学 / 英文法 / 英文講読 / 英会話 / スポーツ実技A / スポーツ実技B / レクリエーション
専門基礎科目 形態・機能学解剖領域Ⅰ / 形態・機能学解剖領域Ⅱ / 形態・機能学生理領域Ⅰ / 形態・機能学生理領域Ⅱ / 一般臨床医学 / リハビリテーション概論 / 医学概論 / 社会保障制度 / 発育発達学 / 園芸療法 / 園芸論 / ガーデニング / 園芸療法実習Ⅰ / 園芸療法実習Ⅱ / 学習・認知心理学 / 音声学
専門科目 言語聴覚障害概論Ⅰ / 言語聴覚障害概論Ⅱ / 聴力検査法聴力検査法
聴力検査法
臨床実習 臨床ゼミⅠ / 臨床実習指導Ⅰ / 臨床見学実習

2年次

専門的な知識・技術を深め言語聴覚士としての素地を作ります。

基礎科目 日本語表現A / 日本語表現B / 医療英語Ⅰ / 医療英語Ⅱ / 医療統計学Ⅰ / 医療統計学Ⅱ / 健康科学 / コミュニケーション学
専門基礎科目 解剖学実習 / 病理学 / 内科学 / 神経内科学 / 臨床歯科学 / 精神医学 / 生涯発達心理学 / 音声言語聴覚医学Ⅰ / 音声言語聴覚医学Ⅱ / 言語学 / 臨床神経学 / 口腔外科学 / 小児科学 / 耳鼻咽喉科学 / 臨床心理学Ⅰ / 聴覚心理学 / 言語発達学 / 薬理学 / 生化学 / リハビリテーション医学
専門科目 失語・高次脳機能障害学Ⅰ / 言語発達障害学Ⅰ言語発達障害学Ⅰ / 言語発達障害学Ⅱ言語発達障害学Ⅱ / 聴覚障害のコミュニケーション学 / 小児聴覚障害診断学 / 成人聴覚障害診断学 / 栄養学
言語発達障害学Ⅰ言語発達障害学Ⅱ
臨床実習 臨床ゼミⅡ / 臨床実習指導Ⅱ / 臨床基礎実習

3年次

障がいに応じた評価や訓練方法を学び治療計画の立案や結果の予想・評価を実現できることを目指します。

専門基礎科目 救急医学 / 関連職種連携論 / 社会福祉援助技術論 / 医用福祉機器論 / 障害者福祉論 / 形成外科学 / 画像診断学 / 臨床心理学Ⅱ / 心理測定法 / 音響学
専門科目 研究法 / 卒業研究 / 失語・高次脳機能障害学Ⅱ失語・高次脳機能障害学Ⅱ / 失語・高次脳機能障害学Ⅲ / 言語聴覚障害診断学 / 言語発達障害治療学Ⅰ / 言語発達障害治療学Ⅱ / 音声障害学 / 運動障害性構音障害学 / 機能性構音障害学 / 補聴器・人工内耳 / 吃音学 / 嚥下障害学嚥下障害学 / 器質性構音障害学 / 視覚聴覚二重障害学 / 聴覚障害治療学Ⅰ / 聴覚障害治療学Ⅱ / 予防医学 / 介護予防論 / セルフケア論 / アロマテラピー
失語・高次脳機能障害学Ⅱ嚥下障害学
臨床実習 臨床実習指導Ⅲ / 臨床評価実習

4年次

専門職として総合的な学習を行い、4年間の総仕上げをします。

専門基礎科目 医療安全管理学 / 就労支援学 / 統合基礎臨床医学 / 関係法規
専門科目 卒業論文 / 言語聴覚学PBL / 言語聴覚障害学総論 / 総合リハビリテーション地域連携論 / 公衆衛生学 / 予防医学的リハビリテーション概論 / 障害予防概論 / 統合言語聴覚学
臨床実習 臨床総合実習

履修モデル

言語聴覚学専攻のカリキュラムについて、4年間の履修の流れをまとめたモデル表です。

授業ピックアップ!

  • 言語発達障害治療学Ⅰ / 言語発達障害治療学Ⅱ

    言語発達障害治療学Ⅰ
    言語発達障害治療学Ⅱ

    主にことばの発達に障がいがある子どもの評価方法や支援方法を学びます。
    知的障害や学習障害など、子どもの発達診断に関する知識だけでなく、演習を通して検査法やリハビリ手法も身につけます。

  • 聴力検査法

    聴力検査法

    聴覚機能の評価や医学的診断に必要な検査法を学ぶ授業です。
    検査機器の取り扱い方法から結果の解釈、検査の意味について学び、症例に応じた検査法の選択と結果判定ができるようにします。

  • 嚥下障害学

    嚥下障害学

    食べる(摂食)・飲み込む(嚥下)ことに関する障がいについて、諸器官のメカニズムや原因疾患への理解を深めます。
    その上で、摂食嚥下機能の評価や訓練、食事指導について学びます。

在校生が注目するその他の授業!

  • 聴力検査法

    友人の聴力を検査してみる

    実際に検査器具に触れたり、友人と互いに検査したり、体験することで検査の仕方が身につきます。

    言語聴覚学専攻 3年 Yさん

  • 言語発達障害学Ⅰ / 言語発達障害学Ⅱ

    言語聴覚士の基礎がわかる

    臨床経験豊富な先生方が、難しい内容でも色々なエピソードで教えてくださるのでわかりやすいです。

    言語聴覚学専攻 2年 Sさん

  • 失語・高次脳機能障害学Ⅱ

    本格的な検査キットを体験

    臨床現場と同じ標準失語症検査(SLTA)を行います。
    言語聴覚士としての醍醐味を感じるのでは。

    言語聴覚学専攻 2年 Kさん

  • 嚥下障害学

    食の楽しみを支えるリハビリテーション

    口腔ケアや摂食援助の実技が印象的で、「人に行うってこんなに難しいんだ」と思いました。

    言語聴覚学専攻 2年 Lさん

画像でみる授業風景

WEB出願