作業療法学専攻Occupational Therapy

在校生Voice

作業療法学専攻 舩井 洸希さん / 和歌山県立和歌山北高校出身

Student Voice
先生がフレンドリー、実習や演習の学びも楽しいですね

作業療法学専攻 舩井 洸希さん
/ 和歌山県立和歌山北高校出身
脳挫傷で入院したのが、高校2年の時。
その際、お世話になった作業療法士を見て、「私も将来、病気や障がいで苦しむ人を幸せに生活できるようにするセラピストになりたい」と決心しました。
大学では実習や演習が充実していて、解剖学実習などは先生もフレンドリーで楽しく授業に取り組んでいます。
セラピストになるために心掛けているのは、コミュニケーション能力の向上。患者様の趣味を引き出し、会話を通して、より良いリハビリにつなげたいです。

Student Voice

  • リハビリ職を志望した理由は?

    作業療法学専攻 中家 健登 さん
    身近な人にリハビリが必要となってしまい、病院でリハビリの様子を見る機会がありました。
    その際に自分もこういう職につくことができれば、近くで何かサポートできるのではないかと思ったからです。

    作業療法学専攻 中家 健登 さん

  • この大学の気に入っているところは?

    作業療法学専攻 笠嶋 瑛梨 さん
    将来、他職種と連携し治療を進めて行くチーム医療が大切となるのですが、本学では理学療法、作業療法、言語聴覚療法と3専攻あり、早い段階から他職種に触れ、知ることができるところがいいなと思います。

    作業療法学専攻 笠嶋 瑛梨 さん

  • 高校と大学ではどこが違うの?

    作業療法学専攻 三歩 茜 さん
    大学は、自分達に必要な教科を履修しないといけない。
    単位数が決まっているのでよく考えないと進級にも影響します。

    作業療法学専攻 三歩 茜 さん

  • 園芸療法士の魅力は?

    作業療法学専攻 黒川 湧哉 さん
    広大なイネーブルガーデンだけでなく、植木鉢に植えられた小さな花も含めた、自然と触れ合う事で、気分転換することができ、気持ちを落ち着かせることができるところが魅力だと感じています。

    作業療法学専攻 黒川 湧哉 さん