理学療法学専攻Physical Therapy

在校生Voice

理学療法学専攻 西村 飛鳥さん / 和歌山県立和歌山東高校出身

Student Voice
どんなセラピストになりたいか、
訪問リハに同行して気づきました

理学療法学専攻 西村 飛鳥さん
/ 和歌山県立和歌山東高校出身
脳卒中で入院中だった祖父のリハビリテーションに付き添っていた私。歩くのもおぼつかず、不安の大きい祖父でしたが、その時に担当してくださった理学療法士のおかげで歩行も安定し、以前のような笑顔が戻りました。
そんなセラピストの存在を知り、この大学へ進学。
実習中に同行した訪問リハビリでは、自宅での生活や社会参加への積極的な促しまで行う様子を見学。
いつか自分も、社会復帰を支援できるセラピストになりたいと考えるようになりました。

Student Voice

  • 大阪河崎リハビリテーション大学を選んだ理由は?

    理学療法学専攻 本田 裕貴 さん
    一番の決め手は楽しそうだと思ったからです。
    大学へ訪れた際の学生や先生方の対応は優しくて馴染みやすいという印象を受けました。
    高校の時よりも先輩後輩とのつながりが濃く、困ったことなどが起きたときに頼れる人が多くて感謝しています。

    理学療法学専攻 本田 裕貴 さん

  • リハビリ職を志望した理由は?

    理学療法学専攻 山口 貴弘 さん
    高校時代バスケットボール部に所属していたのですが、試合中にしてしまった怪我のリハビリでお世話になった理学療法士の方が、本当に優しくかっこよく思い、自分もこんな人になりたいと感じ、理学療法士になろうと思いました。

    理学療法学専攻 山口 貴弘 さん

  • この大学の気に入っているところは?

    理学療法学専攻 小林 征平 さん
    僕たちの小さな疑問に対しても一つひとつ丁寧に指導してくれる教員の先生方が多くいるところです。
    高校とは違い、専門的な勉強が中心となり、勉強量は増えますがやりがいのある勉強ができていると思います。

    理学療法学専攻 小林 征平 さん

  • 実習から学んだ事は?

    理学療法学専攻 岡田 圭吾 さん
    実習は大変ですが、患者様の一言、指導者の一言で救われ、人として大きく成長できると感じています。また、実習後には、理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3専攻の実習での経験談や考え方が共有できるので、とても勉強になります。

    理学療法学専攻 岡田 圭吾 さん

WEB出願