1. 大阪河﨑リハビリテーション大学
  2. 卒業生の方へ
  3. 大学設置・学校法人審議会で本学大学院の設置認可を「可」とする旨の答申がなされました。

卒業生の方へFor the graduates

2021.08.27

大学設置・学校法人審議会で本学大学院の設置認可を「可」とする旨の答申がなされました。

2022年4月の大学院の設置を目指し、文部科学省に認可申請等の手続を行ってきた結果、大阪河﨑リハビリテーション大学大学院リハビリテーション研究科の設置を「可」とする答申がなされましたのでお知らせします。

なお、近日中に、この答申に基づき文部科学大臣より正式に認可される運びとなりますが、その際は改めてお知らせします。

1.名称

大阪河﨑リハビリテーション大学大学院 リハビリテーション研究科 リハビリテーション学専攻

2.学位の名称

修士(リハビリテーション学)

3.リハビリテーション学専攻 の教育方針

超高齢社会における喫緊の課題に対応し、包括的な広い視野で問題解決に取り組むことができる高度な実践力を兼ね備えたリハビリテーション専門職の育成と効果的で質の高いリハビリテーション ・サービスを提供できるスペシャリストの育成が、 リハビリテーション学専攻 の 教育方針の中核である。この教育方針のもとに、 リハビリテーション専門職にとって、今後ますます要請される 認知機能のメカニズムと病態を理解し、認知症の人についての最新の知識を身につけ、認知行動療法の知識を活用した 地域リハビリテーションの実践に取り組むことのできる人材養成を具体的な教育方針とする。

4.大学院の目的

本大学院は、 学部における広い教養並びに専門教育の上に、リハビリテーション関連領域の高度にして 専門的な学術の理論及び応用を教授研究し、さらに進んで研究指導能力を養い、もって人類の健康と福祉の増進に寄与することを目的とする。

5.入学定員

8名(収容定員16名)

6.修業年限

2年

7.開設時期

2022年4月

※なお、大学院案内、Webページ、募集要項等につきましては、現在作成中です。お問い合わせは以下のページよりお願い致します。