交通機関の運行停止、警報 発表時について

本学では、気象警報発令時及び公共交通機関不通時の授業・試験について以下のように定めています。

1.授業の休止、試験の延期について

下記 1.~3. の場合、授業を休講し、あるいは試験を延期します。

  1. 大阪府泉州、南河内、和歌山県北部地域のいずれかに、特別警報または暴風警報が発令された場合
  2. 崖崩れ・水災害等で学校の登校が困難だと学長が判断した場合
  3. JR西日本(天王寺発着、和歌山発着の在来線)、南海電車(難波~りんくうタウン経由和歌山市間)、水間鉄道(貝塚~水間観音間)のうち、いずれかの交通機関が全面的に不通の場合

気象警報の発令・解除、公共交通機関の運行確認と周知について

気象警報の発令・解除及び公共交通機関の運行の確認は、テレビ・ラジオ等の報道機関の発表によります(下のリンクからも確認できます)。また1時限の授業開始直後に、警報等の発令の事態が生じた場合は、掲示板・学内放送により周知します。

2.気象警報の解除、公共交通機関の運行再開に伴う授業・試験の再開について

気象警報が解除された場合、または公共交通機関の運行が再開された場合は、以下の基準により授業、試験を再開します。

  1. 午前 7時00分までに解除・運行再開した場合、1時限から実施
  2. 午前10時00分までに解除・運行再開した場合、3時限から実施
  3. 午前10時00分を過ぎても解除・運行再開されなかった場合、当日の授業はすべて休講とし、試験は延長とする。

大阪府泉州、南河内、和歌山県北部以外に居住する学生の場合

大阪府泉州、南河内、和歌山県北部以外に居住する学生は、登校時その居住地域において「特別警報または暴風警報」が発令されている場合、本学に連絡したうえで自宅待機し、テレビ・ラジオなどの気象情報を確認のうえ、下記のように行動してください。

  1. 午前 7時00分までの時点で「特別警報または暴風警報」が発令されている場合は、午前は自宅待機とする。
  2. 午前10時00分までに「特別警報または暴風警報」が解除された場合は、午後から通学する。
  3. 午前10時00分の時点で「特別警報または暴風警報」が発令されている場合は、1日自宅待機とする。

 
※自宅待機中の遅刻・欠席の取扱はしません。
※授業については、前記に基づいて実施しますので、大阪府泉州、南河内、和歌山県北部の状況に注意してください。

3.気象警報の発令・解除、公共交通機関不通等の授業・試験の対応について

  1. 授業休講のため補講を行う際は、掲示板でお知らせします。
  2. 試験延期の場合は、延期当日を含めた3日以内に掲示板でお知らせします。

4.公共交通機関の運行時間が乱れた場合

不通や運行の乱れにより通学が困難になった場合は、当該の交通機関が発行する「遅延証明書」(およびそれに準ずるもの)・「振替乗車票」(あるいはそれに準ずるもの)を学務係に提出してください。その場合にのみ遅刻・欠席などとして取り扱われなくなります。提出が困難な場合でも、口答にて申し出るようにしてください。

※定期試験日に上記の気象警報・交通機関の遅延で公欠扱いになった学生に対して、当該試験について追試験を行います。

5.通学途中に警報が発令された場合

  1. 警報発令の情報を得た時点で、最終の交通路線(水間鉄道・JR阪和線又はスクールバス)を利用していれば、原則的にそのまま通学してください。
  2. 徒歩・自転車・バイク等による通学の学生は、登校途中に警報発令の情報を得た場合は、地理的な条件によって通学か帰宅か、より安全な方を選んでください。
在学生の方へ