公認欠席(公欠)について

以下の公欠該当項目による欠席の場合、本学所定の公欠届に必要書類を添付し、事後1週間以内に(本学が特に必要と認めた場合のみ事前に)学務係へ提出しなければなりません。 公欠に該当する場合は欠席回数には算入されません。

1.主な公欠扱いになりうる欠席理由と公欠の日数

欠席理由 認定日数 添付書類
公共交通機関の運休・遅延 交通機関の運行停止について
参照
遅延証明書等
通学時、居住地域に暴風警報が発令した場合
(※1)
気象警報発表時について
参照
罹災した場合
(※2)
通学が可能となるまでの日数
忌引き 配偶者 7日以内 , 1親等 7日以内
2親等 4日以内 , 3親等 3日以内
(※3)
会葬礼状等
採用試験・就職活動 試験当日
(※4)
日付、要件等が明記されたもの
裁判員に指定された場合
(※5)
裁判所から指定された期間 日付、要件等が明記されたもの
正課外活動への参加
(※6)
近畿地区大会以上に出場する期間で、必要と認められる最小限度の日数
学校保健安全法施行規則に基づく伝染病
(※7)
原則、診断書等に記載されている期間 医療機関の診断書

※1 指定地域以外に居住する学生が対象
※2 自己都合によらない不可抗力の事故等が対象
※3 死亡した日から起算して連続した日(休日を含む)の範囲内の期間
※4 日時が指定された就職活動を含む(「施設見学届」が事前に提出されているもの)
※5 「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」に規定する裁判員に指定された場合
※6 「学外活動願」が事前に提出されているもの
※7 学校保健安全法施行規則18条に規定する感染症(インフルエンザ・風疹など)に罹患

2.その他、公欠扱いになりうる欠席理由

在学生の方へ