奨学金・特別奨学金制度

本学独自の特別奨学金制度

本学の特別奨学金制度は、成績優秀者の勉学を奨励するため、授業料を免除または、特別奨学金を給付する制度で、卒業後返済の必要はありません。

特別奨学金制選抜入学試験

特待生選抜入学試験(一般入学試験A日程およびセンター試験利用入試A日程)において成績優秀者に対し、授業料を免除します。

対象学年 新入生
対象人員・金額
  • 合格者の中から総合得点85%以上の全員に対して、初年次授業料1年分を免除します。
  • 合格者の中から総合得点75%以上の全員に対して、初年次授業料1年分の1/2を免除します。
  • 特待生の選考は、合格者発表と同時に行いますが、本学に入学した者を対象とします。
対象試験

特別奨学金制度

各学年における学業成績が優秀でかつ、素行が他の模範となる学生に対し給付

対象学年 在学生(2年次~4年次)
対象人員・金額 1年分の授業料の1/2以内を各学年3名程度に給付

経済支援特別奨学金制度

学業などが優秀でありながら、経済的理由により修学困難な学生に奨学援助として、年額20万円を10名程度に給付する制度で、卒業後返済の必要はありません。

対象 10名程度(全学年のうちから)
金額 年額20万円とする。

河﨑賞

在学中において学業が優秀でかつ素行が他の模範となった学生に対し、卒業時に河﨑賞(1名~3名程度、総額100万円以内の給付)が授与されます。

対象 最終学年の学生から1~3名程度
金額 給付額の合計を100万円以内とする。

日本学生支援機構奨学金

本学では「日本学生支援機構奨学金」を取り扱っています。
経済的理由により修学が困難であると認められた優れた学生に貸与される奨学金です。これは授業料などの学生納付金を立替える制度(いわゆる学資ローン)ではなく、自立した学生生活を送るうえで日常的に要する費用(テキスト代や学用品代、生活費や交通費など)として貸与し、修学を補助する制度です。

種類 貸与月額 貸与利率 貸与開始期
第一種奨学金 自宅通学者 54,000円又は30,000円
自宅外通学者 64,000円又は30,000円
無利息 在学採用の場合は申込年度の4月まで遡って貸与を受けられます
第二種奨学金
(きぼう21プラン)
3・5・8・10・12万円から選択 有利子貸与

※「第一種奨学金」を貸与されても、なお修学が困難であると認定された者は、併せて「第二種奨学金」を出願すること(併用貸与)もできますが、貸与額が大きくなりますと卒業後に返済する金額も大きくなりますので、しっかりとした返済計画を立ててから出願してください。

【採用(募集)の時期方法】
予約採用:
高校在籍中に申請していた学生が対象です。
在学採用:
本学に入学してから新規に出願する「在学採用」の出願時期は毎年4月です。

出願の方法、必要書類等は説明会でお知らせするほか、その都度掲示により通知します。学内選考の結果、希望にそえない場合もあります。

入学時特別増額貸与奨学金(有利子)制度

1年次において、入学月を開始期として日本学生支援機構奨学金の貸与を受ける者は、希望により、入学月の基本月額に増額して貸与できます。

対象
  • 奨学金申請時の家計基準における認定所得金額が0(ゼロ)評価となる人
    ※4人世帯の給与所得者の場合で、およその収入が400万円程度以内
    ※「国民生活金融公庫の教育ローンが利用できなかったことについて(申請)」[証明書不要]を提出した人。
    ※入学時特別増額給与奨学金だけの貸与はできません
金額 入学時特別増額貸与 30万円

緊急採用・応急採用制度

被災、主たる家計支持者の死亡、解雇などにより家計が急変した事由が、その発生したときから1年以内である場合に限り申し込むことができ、緊急採用はその年度末まで、応急採用は標準修業年数が終了するまでの期間について奨学金の貸与を受けることができます。

詳しい内容はこちらからお問合せ下さい。

入試情報・学費・奨学金
入試ガイド
入試実施概要
オープンキャンパス