全国大学実務教育協会認定 園芸療法士資格取得

  • 植物が成長していくと共に精神的に安定する
  • いい意味で治療らしくない治療
  • ごく身近にある植物に触れると疲れた身体や心が癒される

園芸療法士の資格は理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚学専攻、全専攻で取得可能です。

園芸療法学について

自然に囲まれる心地良さ、花の香りや彩りからの刺激、野菜を育て食べる楽しさなど、花や緑・自然の力を、心や身体に障がいを持つ人たちの機能回復や症状の改善・心のケアに役立てるのが「園芸療法」です。これを実践するために欠かせない豊かな人間性と高度な知識・技術を持つ専門家が、「園芸療法士」です。

本学では、広大な敷地を利用して「園芸療法」の授業を取り入れ、園芸療法士の資格取得を目指すカリキュラムを導入しています。関連グループ施設の利用者の皆さまも、作業療法の一環として行う園芸や陶芸では、認知症の治療や予防、精神症状緩和に成果が得られています。日本では園芸療法に取り組む大学はまだ数少なく、各方面から注目されています。

授業の内容や風景は、先生のblog「園芸療法の庭から」をご覧ください。

01自ら体験する
種まきから栽培管理、収穫・活用まで一連の作業を体験し、
まずは自ら植物や自然の持つ力を体験します。
02理論と技術を学ぶ
なぜ園芸が心身に良い影響を与えるのか、どうすればより効果的なのかを学びます。
03プログラムを実践する
計画からプログラムの運営、振返りまで、自ら考え実践することで、学びを深めます。

授業風景

取得可能な資格