取得可能な資格:園芸療法士資格取得

海外研修を終えて

カナダ研修レポート写真

今回の海外研修で多くのことを体験できました。今回の研修では主に園芸療法施設を訪れました。 訪れた施設はビクトリアでは、プロビデンスファームとブッチャードガーデン、バンクーバーでは、 バンデューセン・ボタニカル・ガーデンなどを訪れ、最終日の自由行動の時間にはスタンレーパークを歩きました。



カナダ研修レポート写真

プロビデンスファームではジャックというファームの役員の方がファーム全体を案内してくれました。 ファーム内ではいくつかの庭園や古くから使われている馬小屋、また収穫した野菜を調理する小屋などが充実していました。 プロビデンスファームを利用している方々も元気がある方ばかりでみなさんとても親切にしてくれました。 次のブッチャードガーデンでは有料でしたが、中の庭園はそれ以上の価値があり、多種多様の植物があり、常に満開の花が並んでいました。 バンデューセン・ボタニカル・ガーデンでは広い園内を地図を広げながら散策しました。こちらには日本の植物も多くあり名前を知っているものがあると楽しくなりました。

カナダ研修レポート写真

最終日の自由行動では、一周が9kmもあるスタンレーパークを歩きました。レンタルバイクを利用してもよかったのですが歩いてみました。 歩いているうちに見えてくる景色は少しずつ変化していき飽きることはありませんでしたが、 自分の横を自転車で走っていく方々を見ていると自分も利用すれば良かったと何回も思いましたが歩いたことで全体の景色を余すところなく見られました。


カナダ研修レポート写真

海外へ行くのは2回目ですが、カナダは初めてだったので、とてもワクワクしていました。ビクトリア、バンクーバーの街並みや緑の多さを見た時は高揚感を抑えることができませんでした。 今回の目的である園芸療法に関する様々なものや、空き時間での自由散策やホエールウォッチングもとても楽しかったです。 海外研修を終えて、カナダでの園芸療法の実用性の認められ方や街中の緑化の意識の高さに非常に驚きました。また来年も機会があればまた研修に参加したいと思いました。


取得可能な資格