言語聴覚士 卒業生インタビュー:常に知識を求め技術を磨く

さくら会病院 リハビリテーション科 勤務 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 卒業

高校の先生のすすめでSTを目指しました。もともと人と関わるのが好きだったので「医療の世界に進みたい」と希望を話したところ「STという仕事がある」と紹介されたのです。話を聞いて「これは僕にあっている」と感じ、どうしても言語聴覚士になりたいと思うようになりました。大学も家から近く、就職して人の役に立てる仕事であることがとても魅力でした。それに人と関わるのが好きだという自分の特性が生かせる仕事だと思ったのです。

国家試験に合格して就職すると、患者さんのリハビリを担当します。患者さんがリハビリによって機能が回復する経過がわかります。思ったより早く回復する方もいれば、思ったほどは進まない方もいます。それだけ自分の実力が試される仕事です。

私はまだまだ新人ですので先輩方には色々教えてもらっています。少しでも早く患者さんの力になれるようにさらに知識をたくわえ、技術を磨きたいと頑張っています。

卒業生インタビュー
理学療法学専攻
作業療法学専攻
言語聴覚学専攻