教員紹介

教員情報、研究業績、社会貢献等、大阪河﨑リハビリテーション大学の教員に関する情報をご覧頂けます。
各教員をクリックをしますと、業績等詳細が表示されます。

(2017年5月1日現在)

学長・副学長・学部長

理学療法学専攻

作業療法学専攻

言語聴覚学専攻

顔写真 亀井 一郎
学長/学部長/教授 かめい いちろう 亀井 一郎
学位/主な資格
  • 医学博士(和歌山県立医科大学)
  • 医師免許
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
主な担当科目
  • 臨床神経学
主な著書・論文
著書
  • 『Neurotransmission and Cerebrovascular function 1』(共著 , Elsevier Science Publishers B.V.(Biomedical Division) , 1989 , 393-396)
  • 『脳・脊髄の外傷』(共著 , 現代医療社 , 1995)
  • 『大脳皮質感覚領野 神経科学の基礎と臨床 10』(共著 , ブレーン出版 , 2002 , p59-73)
論文
  • 注意課題の脳波特性(その1)-θ/β比からみた定型閾値の有用性- .リハビリテーション研究 , 21 : 74-75 , 2016(共著)
  • Immunoglobulin D multiple myeloma involving the sella manifesting as oculomotor palsy-case report .Neurosurgery , 67 : 505-506 , 2010(共著)
  • Timing of craniotomy in a patient with multiple trauma including head injury-case report .Neurol Med Chir , 49(1) : 20-23 , 2009(共著)
  • Transarterial intravenous coil embolization of dural arteriovenous fistula involving the superior sagittal sinus .Surg Neurol , 55 : 353-358 , 2001(共著)
  • Subarachnoid hemorrhage due to ruptured cerebral aneurysm with asymptomatic meningioma .Neurosurgical Emergency , 5 : 53-56 , 2000(共著)
  • 思春期に発症した若年者脳底動脈閉塞症の一例 .Neurosurg Emerg , 3 : 63-67 , 1998(共著)
  • 脳卒中はいつ発症するか? -時間的および行動的要因について .脳外 , 26 : 991-998 , 1998(共著 , 筆頭)
  • 重症頭部外傷の予後に関する検討-来院時意識状態、CT所見、年齢との相関- .和歌山医学 , 47 : 67-70 , 1996(共著)
  • 脳卒中はいつ発症するか? .脳神経外科速報 , 3 : 957-961 , 1993(共著 , 筆頭)
  • Stereotactic open surgery for deep-seated brain lesions -Newly designed stereotactic system- .Wakayama Med Rep , 34 : 1-5 , 1993(共著 , 筆頭)
  • 眼窩内 Benign Mixed Tumor から19年後に Squamous Cell Carcinoma に悪性転化した1例 .脳神経外科 , 20 : 79-83 , 1992(共著 , 筆頭)
  • Autologous transplantation of the superior cervical ganglion into the brain of Parkinsonian monkeys .J Neurosurg , 72 : 91-95 , 1990(共著)
  • 末梢神経節の脳内自家移植-パ-キンソン病、アルツハイマ-病の治療を目的として- .神経研究の進歩 , 32 : 808-817 , 1988(共著)
  • 急速な進行を呈した Growing skull fracture の1例 .脳神経外科 , 16 : 677-681 , 1988(共著)
  • A possible role of hypothalamic oxytocin neurones in water balance -Immunohistochemical study- .Wakayama Med Rep , 30 : 1-10 , 1988(単著 , 学位論文)
  • 脳内出血に対するCT定位的血腫溶解排除術-術中・術後の頭蓋内圧モニタ-- .機能的脳神経外科 , 26 : 40 , 1987(共著 , 筆頭)
  • 内頸後交通動脈分岐部 junctional dilatation の増大要因に関する臨床的検討 .脳卒中の外科 , 15 : 365-368 , 1987(共著)
  • Contralateral extra-axial hematoma following surgery for head injury- Report of two cases .Neurol Med Chir , 27 : 647-650 , 1987(共著)
  • Depletion of unilateral striatal dopamine in primates following the localized perfusion of MPTP .Soc Neurosci Abst , 12 : 968 , 1986(共著)
  • A role of the central catecholamine neuron in cerebral circulation .J Neurosurg , 65 : 370-375 , 1986(共著)
  • The role of oxytocin cells around the blood vessels in the rat hypothalamus:immunohistochemical study .Acta Physiol Scand , 127(552) : 25-28 , 1986(単著)
  • Transplantation of the superior cervical ganglion into the brain of the monkey with experimental Parkinson's disease .Appl Neurophysiol : 290 , 1986(共著)
  • Role of oxytocine cells around the blood vessels in the rat hypothalamus:immunohistochemicalstudy .J Cereb Blood Flow Metabol , 5(1) : S109-S110 , 1985(共著 , 筆頭)
  • Chronic subdural hematoma after open heart surgery .Surg Neurol , 24 : 520-524 , 1985(共著)
  • Innervation of cerebralblood vessels by peptidergic neurones .Soc Neurosci Abst , 11 : 198 , 1985(共著)
  • 5-Hydroxytryptamine innervation of vessels in the rat cerebral cortex:Immunohistochemical findings and hydroge clearance study of rCBF .J Neurosurg , 62 : 42-47 , 1985(共著)
  • Aminergic innervation of cerebral veivs:Histochemical comparison with extracranial veins .J Neurosurg , 60 : 140-144 , 1984(共著)
  • Evidence for an intracerebellar acetylcholinesterase-rich but probably non-cholinergic flocculo-nodular projection in the rat .Brain Res , 258 : 115-119 , 1983(共著 , 筆頭)
  • Comparative anatomy of the distribution of catecholamines within the inferior olivary complex from teleosts to primates .J Com Neurol , 202 : 125-133 , 1981(共著 , 筆頭)
  • Microangioarchitecture of rat parietal cortex with special reference to vascular "Sphincters".Scanning electron microscopic and dark field microscopic study .Stroke , 12 : 653-659 , 1981(共著)
  • Simultaneous detection method of amine and acetylcholinesterase containing nerve fibers in pial vessels-II.Electron microscopic study .Cell Molec Biol , 26 : 207-210 , 1980(共著)
  • Simultaneous detection method of amine and acetylcholinesterase containing nerve fibers in pial vessels-I.Light microscopic study .Cell Molec Biol , 26 : 201-206 , 1980(共著)
その他多数
主な研究・教育・社会的活動
研究テーマ
  • 脳卒中の予防とリハビリテーション
  • 脳下垂体オキシトシン細胞のはたらき
  • 脳卒中発症の時機に関する研究
  • 認知症の治療、予防について
国際学会
  • Carotid Artery Stenting with distal protection for severe carotid stenosis in the presence of contralateral carotid occlusion or severe stenosis , The Korean Neurosurgicl Society 25th Annual Spring Meeting , Gyeongiu,Korea , 2007.4(共同)
  • Endovascular treatment of a traumatic aneurysm of the superficial temporal artery in the preauricular region after frontotemporal craniotomy:A case report , The Korean Neurosurgicl Society 25th Annual Spring Meeting , Gyeongiu,Korea , 2007.4(共同)
  • Transplantation of the peripheral cholinergic ganglion into the brain -A new trial therapy for Alzheimer's disease , 13th The Annual Meeting of the American Association of Neurological Surgeons , U.S.A. , 1987(共同)
  • Immunohistochemical studies of peptidergic nerve fibers in the cerebral vein In Peptidergic Control of Brain Circulation(L.Edvinsson and D McCulloch ed.) , Ellis Horwood , London , 1987(共同)
  • Three-dimensional observation of the nerve fibers in the cerebral blood vessels:Scanning electron microscopy and electron probe microanalyzer , Cerebral Blood Flow and Metabolism , Canada , 1987(シンポジウム)
  • Innervation of cerebral blood vessels by peptidergic neurones , 15th Annual Meeting of society for Neuroscience , U.S.A. , 1985(共同)
  • The role of oxytocin cells around the blood vessels in the rat hypothalamus:Immunohistochemical study , Brain circulation Effects of Neurotransmitters and Neuromodulators , Sweden , 1985(シンポジウム)
  • Aminergic and non-cholinergic in pial vessels derived from the superior cervical ganglion:Dye tracer,histofluorescence and acetylcholinesterase histochemistry , 12th World Congress of Neurology , Kyoto , 1981(共同)
国内学会
  • 運動前のクエン酸摂取が運動疲労に及ぼす効果 , 日本未病システム学会 , 福岡 , 2016.11(共同)
  • 注意課題の脳波特性-θ/β比からみた定型閾値の有用性- , 第28回教育研究大会・教員研修会 , 宮城県仙台市 , 2015.8(共同)
  • 交通事故による外傷性脳損傷の1例 , 第79回和歌山医学会総会 , 和歌山 , 2011.7(共同)
  • 支柱による穿通性頭部外傷の1例 , 第79回和歌山医学会総会 , 和歌山 , 2011.7(共同)
  • シャント手術を受けたくも膜下出血4例のリハビリテーション経過 , 第78回和歌山医学会総会 , 和歌山 , 2010.7(共同)
  • 頚動脈ステント留置術連続108例の検討(周術期合併症および術後中・長期経過について) , 第38回日本脳卒中の外科学会 , 島根 , 2009.3(共同)
  • 中大脳動脈狭窄症に対する経皮的血管拡張術の治療成績 , 第23回日本脳神経血管内治療学会総会 , 兵庫 , 2007.11(共同)
  • 脳卒中ネットワークの構築について , 第75回和歌山医学会総会 , 和歌山 , 2007.7(シンポジウム)
  • 高齢者B前駆細胞リンパ芽球性リンパ腫の1例 , 第11回日本脳腫瘍の外科学会 , 大阪 , 2006.12(共同)
  • 頚部頚動脈狭窄病変に対するステント留置術の臨床成績(過去2年間の連続52症例について) , 第65回日本脳神経外科学会総会 , 京都 , 2006.10(共同)
  • 未破裂脳動脈瘤に対する治療法の選択と成績 , 第64回日本脳神経外科学会総会 , 神奈川 , 2005.10(共同)
  • 頭蓋内外アスペルギルス膿瘍の1例 , 第63回日本脳神経外科学会総会 , 愛知 , 2004.10(共同)
  • 急性閉塞性水頭症で発症し、脳腫瘍を続発したアクチノマイセス感染症 , 第63回日本脳神経外科学会総会 , 愛知 , 2004.10(共同)
  • 高齢者の破裂脳動脈瘤:治療成績の変化と今後の治療方針 , 第63回日本脳神経外科学会総会 , 愛知 , 2004.10(共同)
  • 脳血管障害症例に対する回転式3次元血管撮影(3D-DSA)の使用経験-その有用性とpitfallについての検討 , 第62回日本脳神経外科学会総会 , 仙台 , 2003.10(共同)
  • 高血圧性脳出血と誤診した腫瘍出血の一例 , 第8回日本脳神経外科救急学会 , 豊中市 , 2003.1(共同)
  • トルコ鞍部病変による複視で発症したIgD型多発性骨髄腫 , 第62回日本脳神経外科学会総会 , 長野県松本市 , 2002.10(共同)
  • 重症多発外傷における開頭術の適応および時期決定 , 第7回日本脳神経外科救急学会 , 東京都 , 2002.1(共同)
  • 頭頂葉、側頭葉の外科 , 第9回神経科学の基礎と臨床 , 大阪市 , 1999.12(シンポジウム)
  • PTAが有効であった外傷性遅発性脳血管攣縮の一例 , 第22回日本神経外傷学会 , 1999.3(共同)
  • 脳血管障害はいつ、いかなる時に発症するか? , 第57回日本脳神経外科学会総会 , 1998.10(共同 , 筆頭)
  • 重症頭部外傷に対する軽度低体温療法の効果 , 第56回日本脳神経外科学会総会 , 大阪市 , 1997.10(共同)
  • 脳膿瘍の手術適応-一定位的膿瘍穿刺ドレナ-ジ術を中心として- , 第43回日本脳神経外科学会総会 , 千葉 , 1984(シンポジウム)
他多数
講演
  • 脳卒中とリハビリテーション , 脳卒中にならないために(大阪河﨑リハビリテーション大学公開講座) , 和歌山市 , 2014.12
  • 脳卒中の診断と治療~脳画像の見方について , 大阪府理学療法士会泉州ブロック講演会 , 貝塚市 , 2013.6
  • STのための脳画像診断 , 和歌山県言語聴覚士会 第14回講演会 , 和歌山市 , 2013.6
  • 認知症について , 貝塚市施政70周年記念 健康祭り , 貝塚市 , 2013.5
  • 脳画像の見かたについて(脳卒中等) , 和歌山県作業療法士会学術部研修会 , 和歌山市 , 2012.10
  • 脳卒中の対応と予防 , 地域リハビリテーション公開講座(宮北地区健康長寿トーク) , 和歌山 , 2010.6
  • 認知症の理解を深める , 和歌山県訪問看護ステーション連絡協議会研修会特別講演 , 和歌山 , 2008.09
  • 高血圧と脳卒中 寝たきりや認知症にならないために , 脳・心・腎疾患予防市民公開講座 , 和歌山 , 2007.11
  • 認知症になりたくない! , 日赤和歌山医療センター県民大学 , 和歌山 , 2006.5
  • 日赤和歌山医療センターにおける脳外科疾患の診断と治療 , 第8回関東日赤脳外科カンファレンス特別演題 , 東京 , 2005.3
  • 脳血管障害の診断と治療 , 第136回和歌山県医師会内科医会学術講演会特別講演 , 和歌山 , 2005.8
  • 脳の老化と痴呆について-健康な脳を保つために- , 和歌山県訪問看護ステーション連絡協議会勉強会 , 和歌山 , 2004.10
  • 怖い頭痛と怖くない頭痛 , 日赤和歌山医療センター県民大学 , 和歌山 , 2004.10
  • 目標は高く、夢は大きく , 平成15年度学力向上フロンティアハイスクール事業に係る講演会 , 橋本市 , 2004.3
  • 脳硬塞の治療と予防 , 和歌山県病院薬剤師会学術講演会 , 和歌山 , 2004.2
  • 脳疾患の画像診断(頭部外傷、脳腫瘍) , 第314回和歌山市医師会内科部会講演会 , 和歌山市 , 2003.12
  • 脳血管障害の診断と治療 , 第3回和歌山県病院薬剤師会学術大会 , 2003.12
  • 脳疾患の画像診断(脳血管障害) , 第313回和歌山市医師会内科部会講演会 , 和歌山市 , 2003.11
  • 内因性脳疾患の病態と治療 , 脳救急患者の病態と対応 , 吹田市 , 2003.6
  • 和歌山県における臓器提供について , 平成14年度兵庫県臓器移植提供病院連絡会議講演会 , 神戸市 , 2003.2
  • 脳卒中の診断-症状からどう判断するか- , 平成14年度和歌山市医師会外科・整形外科部会総会 , 和歌山市 , 2003.1
  • 脳卒中と頭痛 , 第3回和歌山頭痛研究会 , 和歌山市 , 2002.11
  • 脳疾患急性期の診断と治療 , 第5回海南市医師会救急研修会 , 海南市 , 2002.7
  • 心停止下での腎臓提供事例について , 臓器提供施設連絡部会2001年報告会 , 大阪市 , 2002.3
  • 脳神経外科救急疾患の観かたと治療 , 救急患者の観察と救急処置講演会 , 吹田市 , 2002.3
  • 脳梗塞の予防 , 第三回脳梗塞セミナー , 和歌山市, 2002.1
  • 脳卒中とその予防について , 社会保険庁指定健康指導講演会 , 下津町 , 2001.8
  • 脳梗塞の予防と治療 , 和歌山市医師会学術講演会 , 和歌山市 , 2001.5
  • 脳死に際して-救急医の立場 , 第2回和歌山臓器移植研究会 , 和歌山市 , 1998.7
  • 脳梗塞急性期の診断と治療 , 有田市医師会講演会 , 和歌山県有田市 , 1997.11
他多数
社会的活動等
  • 日本脳神経外科学会近畿支部学術集会 学術評議員
  • 日本脳神経外科認知症学会 会計幹事
  • 関西脳神経外科学会認知症研究会 世話人
  • 和歌山認知症症例検討会 代表世話人
  • 日本脳神経外科認知症学会 監事
ラジオ・テレビ・新聞など
  • ラジオ健康相談シリーズ , 和歌山放送 , 毎年
  • 平成25年度新春対談~脳卒中の回復期リハビリテーションについて~ , 読売新聞 , 2013,1,4
  • 脳卒中とリハビリテーション .健康ゼミナール , 和歌山放送 , 2008
  • 頭痛(怖い頭痛と怖くない頭痛) .毎日新聞 , 2004
  • 脳梗塞について .おもいっきりテレビ , 日本テレビ , 2001.3.22
  • 脳卒中にご用心 , 和歌山新報 , 2000.10.31日
  • 脳のダメージ少ない「定位脳手術」 , 週間読売 , 1998.10.11
  • 用便や入浴-脳卒中にご用心;内視鏡室 , 朝日新聞 , 1998.11.15
他、ラジオ健康教室など現在に至るまで多数
自己紹介 (リンク : 学長メッセージ 参照)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 寺山 久美子
副学長/学科長/教授 てらやま くみこ 寺山 久美子
学位/主な資格
  • 医学博士(東京大学)
  • 作業療法士免許
  • 保健師・看護師免許
専門領域
  • リハビリテーション科学
  • 作業療法学
  • 身体障害作業療法学
  • 地域リハビリテーション・作業療法学
主な担当科目
  • 総合リハビリテーション地域連携論
  • セルフケア論
主な著書・論文
著書
  • 『作業療法評価学(改訂第2版) ゴールドマスター・テキスト』(共著 , メジカルビュー社 , 2015 , p1-9)
  • 『作業療法評価学 ゴールドマスター・テキスト』(共著 , メジカルビュー社 , 2012)
  • 『作業療法技術ガイド』第3版(編著 , 文光堂 , 2011)
  • 『リハビリテーション事典』(共著 , 中央法規出版 , 2009)
  • 『在宅ケア事典』(編著 , 中央法規出版 , 2007)
  • 『リハビリテーション医療事典』(編著 , 朝倉書店 , 2007)
  • 『レクリエーション 社会参加を促す治療的レクリエーション』 改訂第2版(監修 , 三輪書店 , 2004)
  • 『作業療法技術ガイド』 第2版(編著 , 文光堂 , 2003)
  • 『日常生活活動(動作)』 第3版(共著 , 医歯薬出版 , 2003)
  • 『福祉住環境コーデイネーター検定3級テキスト』 改訂版(編著 , 東京商工会議所 , 2003)
  • 『福祉住環境コーデイネーター検定2級テキスト』 改訂版(編著 , 東京商工会議所 , 2003)
  • 『福祉住環境コーディネーター検定1級テキスト』(編著 , 東京商工会議所 , 2002)
  • 『地域療法学』(編著 , 協同医書出版 , 2001)
  • 『老年期作業療法』(編著 , 協同医書出版 , 2001)
  • 『形態別介護技術 - 介護福祉士養成講座14』(編著 , 中央法規 , 2000)
  • 『テクニカルエイド - 選び方、使い方 - 』(編著 , 三輪書店 , 1998)
  • 『福祉用具の明日を拓く』(共著 , 環境新聞社 , 1995)
  • 『リハビリテーション論』(編著 , 誠信書房 , 1992)
  • 『作業療法概論』(共著 , 協同医書出版 , 1990)
  • 『リハビリテーション機器 - 適応と選択 - 』(共著 , 医学書院 , 1989)
他多数
主な研究・教育・社会的活動
  • 日本リハビリテーション医学会評議員
  • 日本保険科学学会評議員
  • 日本在宅ケア学会理事
  • 日本ライフポートテクノロジー学会理事
  • 日本生活支援工学会副会長
  • 地域作業療法研究会顧問、総合リハビリテーション研究大会常任理事
  • 社団法人日本作業療法士協会会長(1991年7月~2001年6月)
  • 社団法人日本作業療法士協会顧問(2002年7月~)
  • 社団法人日本作業療法士協会 終身名誉会員
  • 日本作業療法士連盟 相談役(2012年~)
  • 全国リハビリテーション学校協会理事
  • 東京都立保健科学大学名誉教授(2002年4月)
自己紹介 20年に亘るリハビリテーションの臨床現場を経て、東京都立保健科学大学(現首都大学東京健康福祉学部)、そして帝京平成大学健康メディカル学部とリハビリテーショ関連の教育研究に従事してきました。一方で1991~2000年度の10年間社団法人日本作業療法士協会会長として、また同法人顧問をへて名誉会員として作業療法士活動の向上に努めています。一方で、日本生活支援工学会会長として高齢者や障がい者に役立つ福祉機器等の研究開発普及にも取り組んでいます。
本学では「真の医療人・リハビリテーション専門職の育成」を目指して、今までの経験を生かして学生さんや教職員の皆さんと努力していきます。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 酒井 桂太
教授/理学療法学専攻長 さかい けいた 酒井 桂太
学位/主な資格
  • 修士(保健学)(広島大学)
  • 理学療法士免許
専門領域
  • 内部障害理学療法学(内部障害系専門理学療法士)
  • 理学療法士教育(教育管理系専門理学療法士)
主な担当科目
  • 内部障害理学療法学
  • 内部障害理学療法学実習
  • 物理療法学
  • 義肢装具学
  • 理学療法評価学実習 II
主な著書・論文
著書
  • 『日常生活活動学・生活環境学 第4版』 生活環境の評価と改善計画 (共著 , 医学書院 , 2012 , P232-247)
  • 『図説 呼吸理学療法』 (共著 , メディカル葵出版)
  • 『図説 理学療法検査・測定ガイド 第2版』 医学情報の集めかた (共著 , 文光堂 , 2009 , p626-632)
  • 『標準理学療法学 日常生活活動学・生活環境学 第3版』 生活環境の評価と改善計画 (共著 , 医学書院 , 2009 , p246-261)
  • 『義肢装具学テキスト』 断端管理法 (共著 , 南江堂 , 2009 , p241-251)
  • 『筋・感覚検査法』 (共著 , 医歯薬出版)
  • 『理学療法士プロフェッショナル・ガイド』 (共著 , 文光堂)
  • 『装具学』 (共著 , 文光堂)
論文
  • 高齢者肺癌手術に対する理学療法 .理学療法学 , 13(6) : 389-394
  • 肺切除手術前後の呼吸筋力 .理学療法学 , 19(5) : 467-470
  • ICUでの肺切除術後患者の肺理学療法 .理学療法学 , 20(3) : 172-175
  • 歩行運動における呼吸パターンの変化 .第9回中国ブロック理学療法士学会学会誌 : 64-67
  • 国内外での臨床実習の比較 .リハビリテーション教育研究 , 8 : 51-53
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 理学療法を科学する , 第20回大阪府理学療法士学会 , 大阪市 , 2015.7(シンポジウム)
  • 理学療法を科学するためには(内部障害)-呼吸理学療法における病態理解とその戦略- , 第20回大阪府理学療法士学会 , 大阪市 , 2015.7(招待)
  • ウォーミングアップが運動に及ぼす影響について~呼気ガス分析装置を用いた検討~ , 近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2010.11(共同・ポスター)
  • 内部障害系疾患に対する日常生活活動学実習についての検討 , 日本理学療法学術大会 , 東京 , 2009.5(共同・口頭)
社会的活動等
  • 日本理学療法士協会 日本理学療法士学会 研究推進委員会委員長
  • 日本理学療法士協会 日本理学療法教育学会 副代表運営幹事
  • 医学書院 理学療法ジャーナル 編集同人
学生へのコメント 理学療法は障がい者の方々の日常の生活の基本となる起き上がり・立ち上がり・歩行などの動作を肺や心臓の働き具合を確認しながら、より安全に効率よくできるようにするために、関節の動きを良くしたり、筋力を改善したりしていくことです。
理学療法士として障がい者の方々の支えとなれるように一緒に勉強していきましょう。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 小西 正良
教授/図書館長 こにし まさよし 小西 正良
学位/主な資格
  • 博士(医学)(東邦大学)
  • 死体解剖資格
専門領域
  • 肉眼解剖学
  • 比較解剖学
  • 形質人類学
主な担当科目
  • 形態・機能学解剖領域 I
  • 形態・機能学解剖領域 II
  • 解剖学実習 I
  • 解剖学実習 II
  • 形態・機能学特論解剖領域
主な著書・論文
著書
  • 『カラー&スタディー解剖学』(Ray Poritsky原著 : Anatomy to Color and Study. Hanley & Belfus, Inc. 1989)
  • 『メモリーノート看護・解剖学 生理学』第2版
  • 『理学療法士・作業療法士のための生理学』
  • 『理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のための解剖学』第4版
  • 『看護学生のための自己学習1、解剖生理学』改訂3版
論文 : 原著論文数45編、総説・短報など複数
<比較解剖学関係>
  • The skeletal system of Macaca fascicularis. Description and measurements.など骨格・筋系論文
<形質人類学関係>
  • Shape and size of the transverse foramina in Japanese.
  • Side, age and sex-related differences in microdensitometric measurements of the second metacarpal.
<最近の論文・総説など>
  • テレビゲームが唾液アミラーゼ活性および心拍に及ぼす即時的影響 .15大阪河﨑リハビリテーション大学紀要
  • ストレス指標 ~非侵襲的方法~ .13大阪河﨑リハビリテーション大学紀要
  • 筋組織の再生と萎縮. 12年大阪河﨑リハビリテーション大学紀要
  • 神経伝達物質と健康との関係について. 12年大阪河﨑リハビリテーション大学紀要
  • Two-dimensional changes of muscle fiber types in growing rat hind limb.
経歴 東京教育大学(現筑波大学)を卒業後、近畿大学医学研究生を経て、防衛医科大学校に解剖学助手と勤務する。木村邦彦教授(解剖学、形質人類学、発育学、小児科学)の指導により東邦大学医学部より学位を授与される。
大阪医科大学に転任、島田眞久教授(学長、解剖学)の指導により神経科学および酵素化学分野の研究に従事する。
学生へのコメント 平成18年の大学開学から8年が過ぎた中で「入試・教育センター長」として任を受けました。国家資格を取得できる大学にとどまらず、医療現場のリーダーとなり、社会の求める医療人となり、良識のある社会人となる人材を育成するよう、斬新なアイディアを提示していきたいと思っています。
趣味では、健康つくりとしてjogging。年1度はマラソン完走を続けています。昨年は、学生と8時間耐久マラソンへ出場しました。卒業生も加わり大きな輪に育っています。年末には、ハワイホノルルマラソン出場を計画しています。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 古井 透
教授/学生部長 ふるい とおる 古井 透
学位/主な資格
  • 博士(保健学)(神戸大学)
  • 理学療法士免許
専門領域
  • 予防医学的リハビリテーション
  • 地域リハビリテーション
  • リハビリテーション疫学
  • Public Health
  • Disability Rights
  • Ergonomics
  • Assistive Technology
主な担当科目
  • 生活環境学
  • 産業理学療法学
  • 地域理学療法学(含在宅理学療法)
  • 介護予防論
  • 障害予防概論
  • 医用福祉機器論
  • 理学療法学概論
主な著書・論文
著書
  • 『実践MOOK理学療法プラクティス 脊柱機能の臨床的重要性と上下肢との関連』(共著 , 文光堂 , 2011 , p115-125) ISBN978-8306-4572-9
  • 『地域理学療法にこだわる』(共著 , 文光堂 , 2010 , p164-173 , p221-231 , p399-400)
  • 『The Introduction To Rehabilitation Engineering』(Taylor & Francis , 2007 , p187-209) ISBN 0-8493-7222-4
  • 『見てよくわかるリハビリテーション介護技術』(共著 , 一ツ橋出版 , 2001 , p264-273)
  • 『訪問リハビリテーションの実際』(共著 , 医歯薬出版 , 1995 , p47-59)
翻訳
  • 『Dr.マスコリーノ Know the Body 筋・骨格の理解と触診のすべて』 第8章 : 脊柱および胸郭の筋 (共訳 , 医歯薬出版 , 2014.4) ISBN978-4-263-21442-8
論文
  • Benefit of "rysis": A Wheelchair Seated Posture Measurement Based on ISO 16840-1 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 59-72 , 2016(共著)
  • Living with people with childhood disabilities: making the world more accessible, inclusive, and sustainable .Journal of Assistive, Rehabilitative & Therapeutic Technologies 2014 , 2 : 23346 , 2014.9(共著)
  • The grass-roots activism of people with cerebral palsy in Japan : Early protest confronting the inaccessible bus system .Journal of Osaka Kawasaki Rehabilitation University , 2 : 15-22 , 2008
  • The gross motor function classification system and lifelong changes in functional limitation among adults with cerebral palsy .Developmental Medicine & Child Neurology , 47(102) : 23 , 2005
  • MS propulsion study .Paraplegia News , vol.59 : p60-p61 , 2005
  • Secondary functional deterioration in adults with cerebral palsy : analysis of developing physiological burnout .Bulletin of Health Sciences Kobe , vol.19 : p47-63 , 2004
主な研究・教育・社会的活動
受賞講演
  • Best Postdoctoral Research Paper Award .2005 Resident Research Day , June 2005 , The University of Pittsburgh , School of Medicine , Department of Physical Medicine and Rehabilitation , Pittsburgh , PA U.S.A.
国際学会
  • Clinical application guide and "rysis" how do they work together for better practice? .5th European Seating Symposium , Dublin, Ireland , June 13 to 15 2016(共同・口頭)
  • Selective abortion and radioactive contamination in Japan . American Public Health Association the 143th Annual Meeting and Exposition Monday , Chicago, IL, USA , November 2, 2015(共同・ポスター)
  • How to Conduct a Wheelchair Seated Posture Survey Using ISO-Based "rysis" and it's purpose . 29th International Seating Symposium , Nashville, TN , March 5 to 9, 2013(共同・ポスター)
  • Human Rights Violations of Persons with Disabilities in Fukushima after the Great East Japan Earthquake, Tsunami, and Nuclear Power Plant Accident . Pacific Rim International Conference on Disability & Diversity , Hawai‘i Convention Center’Honolulu, HI, USA , April 29 to 30, 2012
  • Wheelchair Seated Posture Measurement Based on ISO 16840-1 at Osaka Kawasaki Rehabilitation University Booth during Barrie Free Trade Show .28th International Seating Symposium . Vancouver, BC, Canada , March 7 to 9, 2012
  • Living with disability “Alternative strategy for an old mother to be led by her daughter with cerebral palsy” American Public Health Association the 137th Annual Meeting and Exposition .Pennsylvania Congress Center , Philadelphia, PA, USA , November 8, 2009
  • Social Outcomes Among Adults With Cerebral Palsy With Or Without Cervical Surgery For Secondary Complications .The 2009 International Cerebral Palsy Conference - Sydney , Australia , February 21 2009
  • Regional Perspectives on Poverty and Disability .2009 Pacific Rim International Forum シンポジスト ; Hilton Village , Honolulu, Hawaii , May 2 2009
  • The impact of mobility transition and developing functional limitation among older adults with cerebral palsy .Rehabilitation International 21st World Congress , Quebec, CANADA , August 2008(共同・口頭)
  • The grass-roots activism of people with cerebral palsy in Japan:Early protest confronting inaccessible bus system .Rehabilitation International 21st World Congress , Quebec, CANADA , August 2008(共同・口頭)
国内学会
  • 長期臨床実習中における学生の心理的要因-積極的に質問するためには .第56回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2016.11(共同・口頭)
  • 頭頸部の他動的運動は身体バランス保持能力を向上させるか .第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 , 京都 , 2016.6(共同・口頭)
  • エアースタビライザー上座位での集団運動療法はバランス能力改善に有効か .第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 , 京都 , 2016.6(共同・口頭)
  • 車いす座位姿勢と座圧分布の関係 .第30回リハ工学カンファレンス , 沖縄 , 2015(共同)
  • 内部障害系疾患に対する日常生活活動学実習についての検討 , 日本理学療法学術大会 , 東京 , 2009.5(共同・口頭)
学生へのコメント 私は広島県熊野町行政で地域リハビリテーション業務を11年間実践してきました。この実務経験、国内外での研究者としての経験及び今まで構築してきたネットワークを活かし、これからの時代を生き抜く理学療法士になくてはならない、開拓精神のある、当事者のニーズと正面から向き合うことのできる人材の育成を目指します。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 坪田 裕司
教授/副専攻長 つぼた ゆうじ 坪田 裕司
学位/主な資格
  • 博士(医学)(和歌山県立医科大学)
  • 農学修士(名古屋大学大学院農学研究科)
主な担当科目
  • 形態・機能学生理領域 I
  • 形態・機能学生理領域 II
  • 生理学実習
  • 形態・機能学特論生理領域
主な著書・論文
論文
  • 理学療法士を目指すきっかけと1年前期半ばの成績との関係 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 66-67 , 2016(共著)
  • 超音波画像による長母趾屈筋の筋収縮に伴う形状変化の分析 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 95-100 , 2016(共著)
  • The Effects of a short term high-intensity circuit training exercise in university students .International Journal of Physical Therapy . 2(4) : 602-609 , 2015(共著)
  • 活動対象が低い位置にある園芸活動で用いるしゃがんだ姿勢の分類の試み .日本園芸療法学会誌 . 4 : 13-18 , 2012(共著)
  • Calcitonin induces connective tissue growth factor through ERK1/2 signaling in renal tubular cells .Experimental and Molecular Medicine 41(5) : 307-315 , 2009(共著)
  • 認知症予防における生理学的考察 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 3(1) : 25-33 , 2008(共著)
  • 低カルシウム・マグネシウム飼育ラットにおける亜鉛の動態と亜鉛の認知症への関与についての一考察 .Therapeutic Research 29(10) : 1829-1835 , 2008(共著)
  • Phylogeography of wild musk shrew (Suncus murinus) populations in Asia based on blood protein/enzyme variation .Biochemical Genetics , 45 : 543-63 , 2007(共著)
  • Deletion of the kinase domain from death-associated protein kinase enhances spatial memory in mice .International Journal of Molecular Medicine 17 : 869-873 , 2006(共著)
  • Hypotensive effect of des-acyl ghrelin at nucleus tractus solitarii of rat .Neuroreport, 16 : 163-166 , 2005(共著)
  • Direct in vivo protein transduction into a specific restricted brain area in rats .Neuroscience Letters , 378 : 18-21 , 2005(共著)
  • The Wakayama Epileptic Rat (WER), a new mutant exhibiting absence-like seizures and tonic-clonic seizures .Experimental Animals , 52 : 53-62 , 2003(共著)
  • Hypotensive effects of neuromedin U microinjected into the cardiovascular-related region of the rat nucleus tractus solitarius .Neuroreport , 14 : 2387-2390 , 2003(共著)
主な研究・教育・社会的活動
研究テーマ
これまで遺伝学と実験動物育種学から出発して、動物野生集団の集団遺伝学的研究を行い、その後遺伝的疾患モデル動物、特に筋疾患や脳神経疾患モデルの生理遺伝学的研究を進める一方で、中枢性循環調節に関する仕事を、特に延髄孤束核における新規ペプチドの神経生理学的作用の研究などを専門としてきました。
現在は、主に自然発症てんかんモデル動物を材料として、脳波解析によるてんかん病態の解明を中心に研究を進めていますが、本学での共同研究としては、呼吸と運動、筋疲労、加齢変化、認知症などについて生理学的研究を進めています。
詳細な研究内容 (リンク先 : 研究開発支援総合ディレクトリ【 ReaD 】)
国際学会
  • Clinical application guide and "rysis" how do they work together for better practice? .5th European Seating Symposium , Dublin, Ireland , June 13 to 15 2016(共同・口頭)
  • Circadian oscillation of epileptic discharges detecting by the system using continuous wavelet transform and artificial neural network .36th International Congress Of Physiological Sciences (Iups2009) , Kyoto JAPAN , July 27 August 2009(共同・口頭)
  • Direct in vivo nNOS protein transduction into the nucleus tractussolitarii in rats .Autonomic Neuroscience , Kyoto , 2007.10.5-8(共同・ポスター)
  • Microinjection of urocortin into the uncleus tractus solitarii decreases arterial blood pressure in rats .Satellite Symposium of the 5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience(ISAN 2007) , Wakayama , 2007.10.3(共同・ポスター)
  • Direct in vivo nNOS protein transduction into the nucleus tractus solitarii decreases arterial pressure in rats .Satellite Symposium of the 5th Congress of the International Society , Wakayama , 2007.10.3(共同・ポスター)
国内学会
  • 超音波画像からみた長母趾屈筋の形状と足趾把持筋力 .コ・メディカル形態機能学会第14回学術大会 , 埼玉 , 2015.9(共同・口頭)
  • Quantitative observation of flexor hallucis longus muscle by using ultrasonograph .第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第90回日本生理学会大会 合同大会 , 神戸 , 2015.3.21-23(共同・ポスター)
社会的活動等
  • 日本生理学会 評議員(2015.4-2017.3)
  • 関西実験動物研究会 評議員、幹事(2015.4-2017.3)
  • Experimental Animals 誌 , 編集委員会 原稿査読(2016.4-2017.3)
学生へのコメント 受験生の皆さん、本学は自然に囲まれ、こじんまりとしていますが、学生や教員と の距離が近い特徴もあります。ぜひオープンキャンパスに参加して雰囲気を感じてください。
国家試験の勉強は大変ですが、大学生として卒論やキャンパスライフも待っています。一緒に楽しみましょう。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 中村 美砂
教授 なかむら みさ 中村 美砂
学位/主な資格
  • 博士(医学)(和歌山県立医科大学)
専門領域
  • 内分泌学
  • 分子病理学
主な担当科目
  • 生物学
  • 病理学
  • 生化学
主な著書・論文
著書
  • 『大学生のためのヘルスサイエンス~人生を豊かに過ごすために~』(単著 , 清風堂書店 , 大阪 , 2011)
  • 『Molecular Mechanism and Morphology in Cancer』(共著 , Bentham Science eBook , UAE , 2009)
論文
  • 理学療法士を目指すきっかけと1年前期半ばの成績との関係 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 66-67 , 2016(共著)
  • 転倒恐怖感と身体組成および転倒リスクとの関係 .日本未病システム学会雑誌 , 21(2) : 148-151 , 2015(共著)
  • Physical Performance Measures Associated With Locomotive Syndrome in Middle-Aged and Older Japanese Women .J Geriatr Phys Ther , 2015 (共著)
  • Peach (Prunus persica) extract inhibits angiotensin II-induced signal transduction in vascular smooth muscle cells .Food Chemistry , 139 : 371-376 , 2013 (共著)
  • Procalcitonin : Mysterious protein in sepsis .Journal of Basic and Clinical Medicine , 2(1) : 7-11 , 2013 (共著)
  • Retinoid X receptor γ up-regulation is correlated with dedifferentiation of tumor cells and lymph node metastasis in papillary thyroid carcinoma .Pathology International , 61(3) : 109-115 , 2011 (共著)
  • Encapsulated follicular thyroid tumor with equivocal nuclear changes, so-called well - differentiated tumor of uncertain malignant potential: a morphological, immunohistochemical, and molecular appraisal .Cancer Science , 102(1) : 288-294 , 2011 (共著)
  • Survival impact of psammoma body, stromal calcification, and bone formation in papillary thyroid carcinoma .Mod Pathol , 22(7) : 887-894, 2009 (共著)
  • Calcitonin induces connective tissue growth factor through ERK1/2 signaling in renal tubular cells .Exp Mol Med, 41(5) : 307-315, 2009 (共著)
  • Calcitonin targets extracellular signal-regulated kinase signaling pathway in human cancers .J Mol Endocrinol , 39(6) : 375-384 , 2007 (共著)
  • Adrenomedullin: a tumor progression factor via angiogenic control .Curr Cancer Drug Targets , 6(7) : 635-643 , 2006 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
研究テーマ
甲状腺で作られるホルモンであるカルシトニンおよびカルシトニン受容体の生体内での骨代謝および生殖における機能を分子生物学的手法を用いて解析してきました。また、薬剤としてのカルシトニンが細胞内でどのようなシグナル伝達系により、癌細胞の進展に影響するかも明らかにしました。
詳細な研究内容 (リンク先 : 研究開発支援総合ディレクトリ【 ReaD 】)
国際学会
  • Effect of Daily Commodities on Bacterial Growth in Flower Vase Water .EMN meeting , Taiwan , 2016.3(共同・ポスター)
  • Induction of CTGF and uPA but not NF-IL3A by calcitonin is dependent on Erk1/2 phosphorylation in renal cell line . 14th Intercontinental Congress of Endocrinology , Kyoto , March 24-30 2010(共同・ポスター)
  • New isoforms of human periostin expressed in the thyroid gland . 3rd intercontinental congress of pathology , Barcelona Spain , May 17-22 2008(共同・口頭)
  • Calcitonin targets extracellular signal-regulated kinase signaling pathway in cancers . 3rd intercontinental congress of pathology , Barcelona Spain , May 17-22 2008(共同・ポスター)
  • Macrophage-subendothelial extracellular matrix contact in the atherogenesis, elastin contact induces TNF-alpha upregulation . 21st Europeam Congress of Pathology , Istanbul Turkey , September 8-13 2007(共同・ポスター)
国内学会
  • 運動前のクエン酸摂取が血中乳酸値に及ぼす影響 .第23回日本未病システム学会学術総会 , 福岡 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 地域在住高齢者の抑うつ傾向とロコモティブシンドロームとの関係 .第23回日本未病システム学会学術総会 , 福岡 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 異なる浸漬部位の違いによる下腿浴が体温と体表温度変化に及ぼす影響 .第23回日本未病システム学会学術総会 , 福岡 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 中年男性のジョギング後にみられる血圧・脈拍変動の違いについて-ソックスの長さに注目して- .第22回日本未病システム学会 , 札幌 , 2015.10(単独・ポスター)
  • 暑熱に対する梅の疲労軽減効果 .日本未病システム学会 , 東京 , 2013.11.9-10(共同・ポスター)
  • 高年女性の身体機能とロコモティブシンドロームとの関係 .日本未病システム学会 , 東京 , 2013.11.9-10(共同・ポスター)
  • 温水での足浴における身体への影響には水位が関係するか .日本未病システム学会 , 東京 , 2013.11.9-10(共同・ポスター)
  • 甲状腺乳頭癌における urokinase-type plasminogen activator発現とBRAFV600E 変異およびERKシグナル系の関係 .日本臨床内分泌病理学会 , 横浜 , 2013.10.4-5(共同)
  • 内分泌病理入門コース 遺伝性甲状腺癌 .日本臨床内分泌病理学会 , 横浜 , 2013.10.4-5(共同・口頭)
  • ウメ (Prunus mume) 抽出物は骨芽細胞前駆細胞の分化と増殖を促進する .関西カルシウム研究会 , 大阪 , 2013.3.23(共同・口頭)
学生へのコメント 高校生の皆さんへ;水間の自然の中でキャンパス、教育など、いろいろな場面で手作り感あふれる大学ですよ。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 橋本 雅至
教授/副専攻長 はしもと まさし 橋本 雅至
学位/主な資格
  • 修士(体育学)(大阪体育大学)
  • 博士(スポーツ科学)(大阪体育大学)
  • 理学療法士免許
専門領域
  • 運動器傷害の理学療法
  • スポーツリハビリテーション
  • 病態運動学
  • 動作解析
  • バイオメカニクス
  • 運動生理学
主な担当科目
  • 臨床運動学 II
  • 臨床運動学演習
  • 運動器系理学療法学実習
  • スポーツリハビリテーション
主な著書・論文
著書
  • 『教科書にはない敏腕PTのテクニック -臨床実践 変形性膝関節症の理学療法-』(編著 , 文光堂 , 2016.5)
  • 『歩行を診る‐観察から始める理学療法実践』(共著 , 文光堂 , 2011 , p390-426)
  • 『実践PTノート 運動器傷害の理学療法』 第2版 (共著 , 三輪書店 , 2011)
  • 『スポーツ傷害の理学療法 理学療法MOOK9』 第2版 (共著 , 三輪書店 , 2009 , p71-82)
  • 『理学療法士臨床判断フローチャート』(共著 , 文光堂 , 2009 , p52-61)
  • 『アスリートケアマニュアル ストレッチング』(共著 , 文光堂 , 2007 , p248-287)
論文
  • 体幹の荷重支持機能の左右差がジャンプ動作に与える影響 .JOSKAS , 41(3) : 1068-1074 , 2016(共著)
  • 腰椎変性疾患に対する体幹伸展持久力トレーニングの効果-日本整形外科学会腰椎疾患問診票(JOABPEQ)を用いた評価- .理学療法科学 , 31(2) : 275-279 , 2016.4(共著)
  • 座位体幹荷重支持機能テストと体幹筋機能 .理学療法科学 , 31(1) : 19-52 , 2016(共著)
  • 人工膝関節全置換術後患者の身体機能と術前および術後の体幹機能の関連性 .理学療法科学 , 30(3) : 389-394 , 2015(共著)
  • A novel objective evaluation method for trunk function .J. Phys. Ther. Sci. , 27 : 1633-1636 , 2015(共著)
  • 大学サッカー選手における足趾屈曲筋力が足部スポーツ障害の発生に与える影響 .日本整形外科スポーツ医学会雑誌 , 35(2) : 133-138 , 2015(共著)
  • 大学男子サッカーチームにおける上半身傷害の発生状況:10年間の傷害調査結果 .日本臨床スポーツ医学会誌 , 23(2) : 242-251 , 2015(共著)
  • 端座位での片側支持における姿勢保持とTrunk Righting Testとの関係 .理学療法科学 , 30(2) : 329-332 , 2015(共著)
  • クラウス・ウェーバーテスト変法と体幹深部筋エクササイズにおける腹横筋の筋活動量について .関西臨床スポーツ医・科学研究会誌 , 22 : 25-27 , 2014(共著)
  • 高校男子サッカー選手における体幹筋機能と股関節可動域が運動時腰痛に及ぼす影響 .日本臨床スポーツ医学会誌 , 22(1) : 59-66 , 2014(共著)
  • 観察的動作分析における介入効果から身体運動を捉える方法 足部・足関節の機能に着目して運動器疾患における歩行動作を考察する .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 8(2) : 158-165 , 2014(単著)
  • 足部・足関節のスポーツ障害-overuse障害の克服- 理学療法によるoveruse障害への対応 .臨床スポーツ医学 , 31(7) : 674-684 , 2014(共著)
  • 股関節可動域、下肢筋タイトネスの経時的変化が運動時腰痛に及ぼす影響 .日本臨床スポーツ医学会誌 , 22(3) : 481-487 , 2014(共著)
  • 荷物の持ち上げ動作時の下肢および体幹の運動力学的解析 .理学療法科学 , 28(5) : p619-622 , 2013(共著)
  • 高校サッカー選手の運動時腰痛発生について 股関節可動性と周囲筋タイトネスの検討 .日本臨床スポーツ医学会誌 , 21(1) : 5-10 , 2013(共著)
  • 高校サッカー選手の腰痛予防に対するコアエクササイズの効果 .スポーツ傷害 , 17 : 44-47 , 2012(共著)
  • 荷物の運び下ろし動作の運動解析‐荷物の重さの違いが身体運動に及ぼす影響‐ .臨床バイオメカニクス , 32 : 353-359 , 2012(共著)
  • 生涯学習システムと専門理学療法士について .大阪府理学療法士会誌 , 37 : 6-13 , 2009(共著)
  • スポーツ傷害に対する理学療法戦略 .理学療法学 , 34(4) : 152-153 , 2005(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Electromyography analysis in stratified core stability testing . ACPT Congress 2016 , Malaysia , 2016.10(共同・ポスター)
  • Characteristics of human body movement when lifting loads: investigation into difference in load weight . WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 , Taichung Taiwan , 2013.9(共同・ポスター)
  • Risk factors of stress fracture of the fifth metatarsal bone in university soccer players .American College of Sports Medicine, 16th Health & Fitness Summit & Exposition , Los Vegas , 2012.5(共同)
  • Effects of different pedaling rates on muscle activity of lower extremity and crank torque during constant work rate pedaling .The 18 Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology , Aalborg Denmark , 2010.6(共同)
  • Relationship between stress fracture of the 5th metatarsal and physical facters in college soccer players .The 5th Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science , APCESS 2011 , Shanghai , 2003.5(共同)
国内学会
  • 男子高校野球選手におけるSide Bridge Testと走タイムの関係性 .第27回日本臨床スポーツ医学学会 , 千葉 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 階層別Core stability testにおける身体重心動揺についての検討 .第27回日本臨床スポーツ医学学会 , 千葉 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 小学生軟式野球選手におけるSide Bridge testと投球障害肘との関係 ~第2報~ .第27回日本臨床スポーツ医学学会 , 千葉 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 中学生と高校生野球選手における投球障害の危険因子の違い .第27回日本臨床スポーツ医学学会 , 千葉 , 2016.11(共同・口頭)
  • 童期野球選手における肩肘関節障害者の肩関節可動域の特徴~健常群と障害群との比較~ .第27回日本臨床スポーツ医学学会 , 千葉 , 2016.11(共同・口頭)
  • 座位での体幹荷重支持機能評価における筋活動 .第27回日本臨床スポーツ医学学会 , 千葉 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 高校野球選手の腰痛症の体幹・股関節筋力と腰椎アライメントとの関係 .第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 千葉 , 2016.11(共同・ポスター)
  • ボールキック動作における体幹運動の解析 .第42回日本整形外科スポーツ医学会 , 札幌 , 2016.9(共同・ポスター)
  • 成長期野球選手の腰椎分離症における股関節屈筋群と伸筋群の筋力の検討 .第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 , 札幌 , 2016.9(共同・口頭)
  • 野球経験年数での肩関節回旋可動域の変化 .第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 , 福岡 , 2016.7(共同・口頭)
  • 腰椎分離症者のスポーツ復帰期間による腰椎前弯角と腰椎椎間可動域の違い .第26回関西臨床スポーツ医・科学研究会 , 大阪 , 2016.6(共同・口頭)
  • 高校男子サッカー選手におけるシンスプリント既往者の疾走動作の特徴について .第51回日本理学療法学術大会 , 札幌 , 2016.5(共同・口頭)
  • 小学生軟式野球選手におけるSide Bridge testと投球障害 .第51回日本理学療法学術大会 , 札幌 , 2016.5(共同・口頭)
  • 小学生軟式野球選手におけるSide Bridge testの有用性 .第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 神戸 , 2015.11(共同・口頭)
  • 座位での体幹荷重支持機能テストの力学的考察 .第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 神戸 , 2015.11(共同・口頭)
  • 人工股関節全置換術前における体幹機能評価の重要性 .第42回日本股関節学会学術集会 , 大阪 , 2015.10(共同・口頭)
  • 体幹の荷重支持機能の左右差がジャンプ動作に与える影響 .第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 , 札幌 , 2015.10(共同・口頭)
  • 高校男子サッカー選手の座位体幹荷重支持機能と利き脚、非利き脚との関連 .第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 , 京都 , 2015.9(共同・口頭)
  • 大学サッカー選手の人工芝グラウンドにおけるスポーツ傷害の経時的変化 人工芝グラウンドに対するゴムチップ補充の影響 .第25回関西臨床スポーツ医科学研究会 , 大阪 , 2015.6(共同・口頭)
  • 高校部活動に対するフィジカルサポート .第25回関西臨床スポーツ医科学研究会 , 大阪 , 2015.6(共同・口頭)
  • 身体運動連鎖の基盤となる体幹機能をどう捉えるか? .平成27年度あしべん主催特別講習会 , 2015.12(招待)
  • 病態運動学から見たスポーツ傷害のとらえ方とアプローチ .第14回日本良導絡自律神経学会近畿ブロック講習会 , 2015.5(招待)
  • 高校生サッカー選手における体幹筋機能と障害発生の関係 .第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 東京 , 2014.11(共同・口頭)
  • Trunk Righting Test と体幹機能の関係性 .第24回関西臨床スポーツ医科学研究会 , 大阪 , 2014.6(共同・口頭)
  • 超音波画像を用いた大腿骨前捻角の測定方法 .第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 2013.10(共同・口頭)
  • 体幹筋機構評価の姿勢保持における骨盤・股関節周囲筋に関する筋電図学的分析 .第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 2013.10(共同・口頭)
  • 変形性膝関節症における体幹機能と身体機能の関連性 .第25回日本運動器科学会 , 2013.7(共同・口頭)
  • 高校男子サッカー選手における関節弛緩性とその特徴 .第23回関西臨床スポーツ医科学研究会 , 2013.6(共同・口頭)
  • ハンドヘルドダイナモメーターを用いた体幹機能評価方法の信頼性と妥当性 .第23回関西臨床スポーツ医科学研究会 , 2013.6(共同・口頭)
  • サッカー選手における第5中足骨折労骨折の動作解析 .第39回日本臨床バイオメカニクス学会 , 2012.11(共同)
  • Critical illness polyneuropathy をきたした1例に対して訪問リハビリテーション介入により復職可能となった経験 .第24回大阪府理学療法学術大会 , 2012.7(共同)
  • デジタルカメラによる体幹可動域の測定法の一検討 .第22回関西臨床スポーツ医・科学研究会 , 2012.6(共同)
社会的活動等
  • 一般社団法人アスリートケア 理事(2014年度~2015年度)
  • 公益社団法人日本理学療法士協会 代議員(2013年度~2016年度)
  • 株式会社ワコール人間科学研究所 外部研究指導員(2014年度~2016年度)
学生へのコメント 教科書や参考書に無いような臨床現場の感性を持ちながら、皆さんと関わっていきたいと思います。 資格を取得する目標と医療やスポーツ現場にて結果を追及する理学療法士を育成したいと考えています。 対象者にしっかりと関わり、探究心をもった研究活動への参加を通じて理学療法士の可能性を一緒に探りませんか? 本人次第ではますます広げることができそうです。人の幸せを共感できる人になってほしいと思います。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 久利 彩子
准教授 ひさり あやこ 久利 彩子
学位/主な資格
  • 修士(学術)(放送大学)
  • 理学療法士免許
主な担当科目
  • 日常生活活動学
  • 日常生活活動学実習
  • 理学療法評価学 II
主な著書・論文
論文
  • 片手への荷重負荷による足圧中心の位置変位について .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 11 : 119-124 , 2017(共著)
  • 低床ピドスコープの開発とその成人期以降の男女への適用-年代間および男女間における足趾接地有無の割合の差の検討- .理学療法科学 , 32(1) : 111-116 , 2017(共著)
  • 理学療法士を目指すきっかけと1年前期半ばの成績との関係 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 66-67 , 2016(共著)
  • 超音波画像による長母趾屈筋の筋収縮に伴う形状変化の分析 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 95-100 , 2016(共著)
  • Physical Performance Measures Associated With Locomotive Syndrome in Middle-Aged and Older Japanese Women .J Geriatr Phys Ther , 2015(共著)
  • 活動対象が低い位置にある園芸活動で用いるしゃがんだ姿勢の分類の試み .日本園芸療法学会誌 , 4 : 13-18 , 2012(共著)
  • 長期臨床実習期間中に設けた登校日の意義とあり方について -理学療法学専攻学生の意見を基に- .大阪河﨑リハビリテーション紀要 , 7(1) : 87-95 , 2012(共著)
  • ウィルソン病患者の銅除去薬の怠薬によるディスアースリア , 筋萎縮 , 振戦 , ジストニーなどが再発した症例 .Therapeutic Research , 29(9) : 1627-1633 , 2008(共著)
  • 低カルシウム・マグネシウム飼育ラットにおける亜鉛の動態と亜鉛の認知症への関与についての一考察 .Therapeutic Research , 29(10) : 1829-1835 , 2008(共著)
  • アルツハイマー病の分子機構 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 3(1) : 35-42 , 2008 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Development of biofeedback equipment for toes weight-bearing exercise in a standing position. The 15th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME2013) , Singapore , 4-7 Dec 2013(共同・ポスター)
  • Both feet apart position in standing is appropriate for confirmation of the presence of Pseudo floating toe .Osaka Japan , 26th Japanese Conferencenon the Advancement of Assistive and Rehabilitation Technology , 2011(共同・口頭)
  • Pseudo floating toe contacts the floor with unstable standing posture among healthy young .Singapore , 6th World Congress on Biomechanics , 2010(共同・ポスター)
  • The influence of Floating Toe on single-leg stance ability among healthy Japanese volunteers . Chiba,Japan , 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy , 2008(共同・口頭)
国内学会
  • 長期臨床実習中における学生の心理的要因-積極的に質問するためには .第56回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2016.11(共同・口頭)
  • 当院における廃用症候群の原因~過去のリハビリテーション処方から見えてくるもの~ .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 歩行の立脚後期における前方への推進と足趾屈曲力との関係 .バイオメカニズム学術講演会 , 富山 , 2016.11(共同・口頭)
  • 草抜きの力と雑草の大きさおよび土壌硬度の関連について .人間・植物関係学会、日本園芸療法学会2016年度合同大会 , 兵庫 , 2016.10(共同・ポスター)
  • 振動に対する受容器の反応特性評価 .生体医工学シンポジウム2016 , 旭川 , 2016.9(共同・口頭)
  • 片脚立位時の第1趾と第5趾の使い方について .第55回日本生体医工学会大会 , 富山 , 2016.4(共同・ポスター)
  • 片脚立位における足趾の使い方の違いについて .生体医工学会 , 岡山 , 2015.9(共同・ポスター)
  • 超音波画像からみた長母趾屈筋の形状と足趾把持筋力 .コ・メディカル形態機能学会第14回学術集会・総会 , 2015(共同・口頭)
  • 足趾押力計測機器の作製及び足趾押力の評価 .第35回バイオメカニズム学術講演会 , 岡山 , 2014.11(共同・口頭)
  • 園芸福祉と園芸療法の実践のための勉強会 .第2回園芸福祉・園芸療法実践勉強会 , 大阪 , 2014.10(単独・口頭)
  • 株の地際径と草抜きの力の関係について .第7回日本園芸療法学会 , 神奈川 , 2014.10(共同・口頭)
  • 温水での足浴における身体への影響には水位が関係するか .日本未病システム学会 , 東京 , 2013.11.9-10(共同・ポスター)
  • 背臥位で計測できる足趾筋力計の作製の試み .第33回バイオメカニズム学術講演会 , 2012.12(共同・口頭)
  • サンダル装着時における足趾アライメントの変化 .仙台 , 第25回リハビリテーション工学カンファレンス , 2010(共同・ポスター)
  • 地面の高さで行う園芸活動の動作で注意する関節とスクリーニングの方法 .大阪 , 園芸療法西日本第12回研究実践発表 , 2010(共同・口頭)
  • 立位肢位における「浮き趾」足趾接地の変化と足趾筋力 .北海道 , 第30回バイオメカニズム学術講演会 , 2009(共同・口頭)
  • 内部障害系疾患に対する日常生活活動学実習についての検討 , 日本理学療法学術大会 , 東京 , 2009.5(共同・口頭)
  • 園芸療法・園芸・農作業における身体的負担と姿勢に関する現状と課題について .東京 , 第1回日本園芸療法学会 , 2008(共同)
  • 健常成人の浮き趾出現率と履物および靴下着用有無との関連性について .大阪 , 第20回大阪府理学療法学術大会 , 2008(共同・口頭)
  • 浮き趾の有無と片脚立位におけるCOP幅の関係について .大阪 , 第48回近畿理学療法学術大会 , 2008(共同・ポスター)
社会的活動
  • 第2期健康かいづか21計画策定委員会委員(平成25年6月~平成26年3月)
  • パーキンソン体操教室指導ボランティア(平成22年1月~毎月1回実施継続中)
学生へのコメント リハビリテーションは、心身に障害を持った方に対して、できるだけ早い家庭や社会復帰を支援するサービスです。
とてもやり甲斐があります。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 藤平 保茂
准教授 ふじひら やすしげ 藤平 保茂
学位/主な資格
  • 修士(スポーツ科学)(大阪体育大学)
  • 理学療法士免許
    公益社団法人日本理学療法士協会 専門理学療法士(教育・管理理学療法)
  • 介護支援専門員
  • 認定心理士
  • スチューデント・コンサルタント
主な担当科目
  • 理学療法計測法
  • 物理療法学実習
  • 神経系理学療法学実習
  • 地域支援学実習
主な著書・論文
著書
  • 『リハビリテーション基礎評価学』 第1版 : 2-12反射検査 : p163-172 (共著 , 羊土社 , 2014.11)
論文
  • 理学療法士を目指すきっかけと1年前期半ばの成績との関係 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 66-67 , 2016(共著)
  • Benefit of "rysis": A Wheelchair Seated Posture Measurement Based on ISO 16840-1 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 59-72 , 2016(共著)
  • 転倒恐怖感と身体組成および転倒リスクとの関係 .日本未病システム学会雑誌 , 21(2) : 148-151 , 2015(共著)
  • 味覚刺激による表情表出と利き手との関係 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 9(1) : 41-48 , 2014(共著)
  • 温水での下腿浴における身体への影響には水位が関係するか -温熱終了直後の比較を通して- .日本未病システム学会雑誌 , 20(1) : 49-53 , 2014(共著)
  • 外部専門家としての特別支援学校への巡回相談及び連携 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要2012 , 6 : 45-53 , 2012(共著)
  • 骨格筋と遺伝子 -サルコぺニアの予防を目指して- .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7(1) : 17-25 , 2012(共著)
  • 閉眼での肩関節屈曲における定位への再現運動について - 屈曲角度の違いにより、難易度は異なるか - .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 2011 , 5 : 125-132 , 2011 (共著)
  • 特別養護老人ホームにおける腫瘍による疼痛評価・コントロールへの関わり ~胸髄腫瘍・脊柱管狭窄症の一症例を通して~ .南大阪病院醫学雑誌 , 58(1) : 71-76 , 2010 (共著)
  • 医療技術学生と体育大学生の身体意識に関する認知構造について .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要2009 , 3(2) : 43-55 , 2009 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Clinical application guide and "rysis" how do they work together for better practice? .5th European Seating Symposium , Dublin, Ireland , June 13 to 15 2016(共同・口頭)
  • Seated Posyure Measurement (ISO 16804-1 Based) Upon People with Disabilities and Physical Therapy Students .1st Joint Conference for the partnership between JPTA and KPTA , Nagasaki Japan , 2012.11 (共同・口頭)
国内学会
  • 運動前のクエン酸摂取が血中乳酸値に及ぼす影響 .第23回日本未病システム学会学術総会 , 福岡 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 地域在住高齢者の抑うつ傾向とロコモティブシンドロームとの関係 .第23回日本未病システム学会学術総会 , 福岡 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 異なる浸漬部位の違いによる下腿浴が体温と体表温度変化に及ぼす影響 .第23回日本未病システム学会学術総会 , 福岡 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 長期臨床実習中における学生の心理的要因-積極的に質問するためには .第56回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2016.11(共同・口頭)
  • 学生のActive Learningに効果的に作用する心理的要因-理学療法教育における臨床実習を通して- .現代QOL学会第4回学術大会 , 東京 , 2016.8(単独・口頭)
  • 低peak flow低ADLを呈する慢性気管支炎患者への頭低位体位ドレナージを試みる .第55回近畿理学療法学術大会 , 兵庫 , 2015.11(共同・口頭)
  • 歩行時におけるパルスオキシメーター用各種センサーの特性について .第30回リハ工学カンファレンス , 沖縄 , 2015.11(共同・口頭)
  • 中年男性のジョギング後にみられる血圧・脈拍変動の違いについて-ソックスの長さに注目して- .第22回日本未病システム学会 , 札幌 , 2015.10(単独・ポスター)
  • 知的に問題のある方々のQOL評価をどう捉えるか? -理学療法士としての視点から- .現代QOL学会第3回学術大会 , 東京 , 2015.9(単独・口頭)
  • 胸部術後に退院,長期臥床が続いた症例のディコンディショニングに対する呼吸理学療法の一考察 .第54回近畿理学療法学術大会 , 大阪 , 2014.11(共同・口頭)
  • 車椅子が真横に転倒する機序の検討 .第29回リハ工学カンファレンス , 広島 , 2014.8(共同・口頭)
  • 温水での足浴における身体への影響には水位が関係するか .日本未病システム学会 , 東京 , 2013.11.9-10(共同・ポスター)
  • 知的障害児の運動能力向上を目指して .現代QOL学会第1回大会 , 東京 , 2013.8(単独・口頭)
  • 膝蓋骨の側方抵抗力と膝屈曲角度に着目した膝蓋骨粉砕骨折の一症例 .第23回京都府理学療法士学会 , 京都 , 2013.1 (共同・口頭)
  • 閉眼での肩関節における定位への再現運動に関する研究 - 関節位置覚と口頭誘導刺激を比較して - .大阪体育学会第50回大会 , 大阪 , 2012(単独・口頭)
  • 理学療法士との連携による知的障害生徒に対する自立活動の取組( I ) - 理学療法士として貢献できる生徒への運動評価を経験して - .日本特殊教育学会第49回大会 , 青森 , 2011(共同・ポスター)
  • 発達障がい傾向のある若者等が貢献できる仕事の開発 - リハビリに資する具体的内容の検討 - .日本心理学会第75回大会 , 東京 , 2011 (共同・ポスター)
  • 内部障害系疾患に対する日常生活活動学実習についての検討 , 日本理学療法学術大会 , 東京 , 2009.5(共同・口頭)
社会的活動等
  • 公益社団法人日本理学療法士協会 教育・管理系専門領域研究部会 部員
  • 公益社団法人日本理学療法士協会 法規検討委員会委員(2013年度)
  • 大阪府泉南市バリアフリー基本構想策定協議会 副会長(2013年度~2014年度)
学生へのコメント 本学での修学中に経験することすべてのことが、臨床実習、臨床に繋がるんだと思ってもらえれば、有意義な大学生活となるでしょう。授業や実習担当などでの関わりを通し、学生さんが自立した社会人、理学療法士となれるようなきっかけ作りと支援できれば、と考えています。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 小枩 武陛
准教授 こまつ たけのり 小枩 武陛
学位/主な資格
  • 修士(スポーツ科学)(大阪体育大学)
  • 理学療法士免許
  • 住環境福祉コーディネーター2級
  • Redcord Neurac I  国際インストラクター (リハビリ関連向け)
  • Redcord Active core 国際インストラクター (スポーツ・体育関連向け)
主な担当科目
  • 動作分析学
  • 運動療法学実習
  • 基礎運動学
  • 基礎運動学実習
  • 理学療法技術論
  • 医療系の力学
主な著書・論文
著書
  • 『レッドコード・グループエクササイズ - スリング・エクササイズセラピーからレッドコード・エクササイズへ - 』(共著 , 三輪書店 , 2009)
  • 『レッドコードニューラックマニュアル』(共著 , 三輪書店 , 2010)
論文
  • レッドコードを介した振動刺激の特徴‐小型加速度計を用いて‐ .レッドコード・サイエンス , 2(1):p36-40 , 2014 (共著)
  • 通所リハビリテーション利用者におけるリーチ距離の見積もり誤差と自己効力感に関する研究 .人間福祉学会誌 2013 , 13(1):35-41 , 2013 (共著)
  • Searching for key parameters in Human Gait speed; Two gait coordination studies .PNF FUN , 5:29-33 , 2011 (共著)
  • The influence that a gait exercise with PNF approach effects on walking - focus on trunk rotation - .PNF FUN , 5:34-36 , 2011 (共著)
  • 高齢者の異常行動と理学療法 .理学療法 2011 , 28(12) , 2011 (共著)
  • 筋腱移行部伸張法のハムストリングスに対する伸張校歌の検討 - ストレッチと筋腱移行部伸張法の比較 - .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 2012 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • The Relationship between Falls and Multifactorial Assessment of Reaction Time, Self-Efficacy and ADL in Elderly People .The 15th Scientific Meeting of Korea - Japan Health Education Symposium , Cheju Island Korea , 2013.8 (共同・口頭)
  • Searching for key parameters in Human Gait speed;Two gait coordination studies .The 7th International Korea-Japan Joint Symposium on PNF 2010 , Osaka JAPAN , 2010 (共同・口頭)
国内学会
  • 長期臨床実習中における学生の心理的要因-積極的に質問するためには .第56回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2016.11(共同・口頭)
  • 体性感覚異常を有する右大腿骨頸部骨折患者による一例 .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 精神科病院における理学療法の方向性~EBMに基づく理学療法プログラムの作成の取り組み~ .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 当院における廃用症候群の原因~過去のリハビリテーション処方から見えてくるもの~ .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • エアースタビライザー上座位での集団運動療法はバランス能力改善に有効か .第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 , 京都 , 2016.6(共同・口頭)
  • レッドコードを介した上肢への低頻度振動刺激が握力に及ぼす影響 .第17回日本レッドコード研究会学術大会 , 2015(共同・口頭)
  • 精神負荷が歩容に与える影響について(一次予防事業対象の高齢者と健常成人での比較) .第49回日本理学療法学術大会 , 神奈川 , 2014.5 (共同)
  • 地域在住高齢者の反応時間と転倒の関連について .第14回人間福祉学会大会 , 岐阜 , 2013.10 (共同・口頭)
  • 反応時間のPremotor Timeは転倒と要介護に影響する .第68回日本体力医学会大会 , 東京 , 2013.9 (共同)
  • 前頭前野における認知機能の違いが日常生活における活動性および自己効力感に与える影響‐デイサービスに通う要支援・要介護者からの検討‐ .第48回日本理学療法学術大会 , 愛知 , 2013.5 (共同・口頭)
  • 精神的負荷が歩行動作に与える影響 .第50回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2010 (共同・口頭)
  • 通所介護施設におけるリハビリテーションマネジメントに及ぼすレッドコードの影響 .第12回日本ニューラック学術大会 , 2010 (共同)
  • 体幹の右傾斜が食事動作に及ぼす影響 .第44回日本作業療法学会 , 仙台市 , 2010 (共同)
  • 早期インターシップ介入による臨床見学実習への影響 .第23回全国私立リハビリテーション学校協会 教育研究大会・教育研修会 , 札幌 , 2010 (共同)
  • 当院の脳血管疾患者における退院後の訪問リハビリテーションの現状と問題点について‐退院時と退院1ヵ月後のFIM変化と要因‐ , 第22回兵庫県理学療法士学会 , 2009.7(共同・口頭)
  • 内部障害系疾患に対する日常生活活動学実習についての検討 , 日本理学療法学術大会 , 東京 , 2009.5(共同・口頭)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 森藤 武
准教授 もりふじ たけし 森藤 武
学位/主な資格
  • 博士(保健学)(神戸大学)
  • 理学療法士免許
専門領域
  • リハビリテーション科学
  • 健康・スポーツ科学
主な担当科目
  • 運動療法学総論
  • ヘルスプロモーション論
  • 神経系理学療法学実習
  • 機能運動学実習
  • 理学療法技術論
  • 地域支援学実習
主な著書・論文
著書
  • 『アスリートケアマニュアル テーピング』膝関節・腰部・骨盤帯(共著 , 分光堂 , 2010.9 , p143-234)
論文
  • Effects of skin stretching without joint movement on skin extensibility of rats .Journal of physical therapy science , 28(9) : 2656-2659 , 2016(共著)
  • 非肥満型2型糖尿病ラットにおける足底筋の筋線維タイプ移行に対する持久運動の予防効果 .体力科学 , 65(1) : 197-203 , 2016(共著)
  • 腰椎変性疾患に対する体幹伸展持久力トレーニングの効果-日本整形外科学会腰椎疾患問診票(JOABPEQ)を用いた評価- .理学療法科学 , 31(2) : 275-279 , 2016.4(共著)
  • 非肥満型2型糖尿病ラットにおける足底筋の筋線維タイプ移行に対する持久運動の予防効果 .体力科学 , 65(1) : 197-203 , 2016.2(共著)
  • 持久運動が2型糖尿病ラットのヒラメ筋内微小血管障害と酸化的リン酸化反応に及ぼす影響 .大阪行岡医療大学紀要 , 2 , 2015.3(共著)
  • 投球障害を有する野球選手における投球側の体幹回旋の可動域制限-20歳以下を対象として- .関西臨床スポーツ医・科学研究会誌 , 24 : 5-8 , 2014(共著)
  • Exercise training Prevents Decrease in Luminal Capillary Diameter of Skeletal Muscles in Rats with Type 2 Diabetes .Scientific World JOURNAL , 2012.7(共著)
  • 自然発生2型糖尿病ラットの血糖及び骨格筋内微小血管障害に対する継続的な持久運動の予防効果 .日本基礎理学療法学会誌 , 15(2) : 22-27 , 2011.12(共著)
  • 脊柱後彎変形患者における脊柱伸展可動性とバランス、歩行能力との関係 .理学療法科学 , 25(5) : 735-739 , 2010.11(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Different effects of aerobic and anaerobic exercise on the capillary in the extensor digitorum longus: PGC-1α,VEGF,Flk-1 and Capillary Architecture .Experimental Biology 2013 , Boston , 2013.4(共同・ポスター)
  • Effect of Aerobic Training on Three-dimensional Capillary Architecture in Soleus Muscle .59th American college of sports medicine , San Francisco , 2012.6(共同・ポスター)
  • Effects of exercise training on adipokines and glucose tolerance in non-obese spontaneously type 2 diabetic torii rats .Experimental Biology 2012 , San Diego , 2012.4(共同・ポスター)
  • Anti-diabetic effects of exercise training in spotaneously type 2 diabetic torii rats .The 7th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress , Taipei , 2011.9(共同・ポスター)
  • Low-intensity Exercise Prevents Hyperglycemia and Hyperlipidemia in Spontaneously Type 2 Diabetic Torii rat .58th American college of sports medicine. Medicine & Science in Sports & Exerxise , Denver , 2011.5(共同・ポスター)
  • Low-Intensity Exercise Training Prevents Muscular Microangiopathy in Non-obese Type 2 Diabetic Rats .Experimental Biology , Washington D.C. , 2011.4(共同・ポスター)
  • Effects of Exercise Preconditioning on Capillary in Soleus Muscle of Type 2 Diabetic Rats .Experimental Biology , Washington D.C. , 2011.4(共同・ポスター)
国内学会
  • 大腿圧迫による下腿後面への電気刺激がヒラメ筋・足底筋に及ぼす肥大効果 .第24回日本物理療法学会学術大会 , 宮城 , 2016.11(共同・口頭)
  • 血流制限と電気刺激の併用療法が骨格筋の毛細血管網に及ぼす効果 .第71回日本体力医学会大会 , 岩手 , 2016.9(共同・口頭)
  • 成長期野球選手の腰椎分離症における股関節屈筋群と伸筋群の筋力の検討 .第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 , 札幌 , 2016.9(共同・口頭)
  • 腰椎分離症者のスポーツ復帰期間による腰椎前弯角と腰椎椎間可動域の違い .第26回関西臨床スポーツ医・科学研究会 , 大阪 , 2016.6(共同・口頭)
  • 成長期スポーツ障害の腰椎分離症と非特異的腰痛のX線による腰椎分節可動域の違い .日本臨床スポーツ医学会誌 , 神戸 , 2015.11(共同・ポスター)
  • 投球障害を有する成長期野球選手の身体特性 .第70回体力医学会 , 和歌山 , 2015.9(共同・ポスター)
  • 投球側の体幹回旋可動域低下と投球障害の関連 .第70回体力医学会 , 和歌山 , 2015.9(共同・ポスター)
  • インスリン分泌不全を呈した非肥満型2型糖尿病モデルラットの耐糖能低下に対する持久運動によるクエン酸合成酵素活性の改善の影響と熱ストレスタンパク質の影響 .第50回日本理学療法学術大会 , 東京 , 2015(共同・ポスター)
  • 腰椎変成疾患に対する体幹伸展持久力トレーニングのJOABPEQを用いた評価 .第22回日本腰痛学会 , 千葉 , 2014.11(共同・口頭)
  • 条件の異なる四つ這い位での上下肢挙上運動が体幹筋の筋活動に及ぼす影響 .第54回近畿理学療法学術大会 , 大阪 , 2014.11(共同・口頭)
  • 投球障害を有する野球選手における投球側への体幹回旋の可動域制限 .第24回関西臨床スポーツ医・科学研究会 , 大阪 , 2014.5(共同・口頭)
  • 休息のある断続的な運動が及ぼす筋疲労に対するダイナミックストレッチングの効果 .第53回近畿理学療法学術大会 , 京都 , 2013.11(共同・ポスター)
  • 継続的な低強度運動が2型糖尿病における骨格筋のPGC-1α発現と筋繊維タイプ組成に及ぼす影響 .第48回日本理学療法学術大会 , 岐阜 , 2013.5(共同・口頭)
  • 低強度運動が2型糖尿病に伴う骨格筋内微小血管障害のメカニズムに及ぼす影響 .第67回日本体力医学会 , 岐阜 , 2012.9(共同・ポスター)
  • 有酸素運動が2型糖尿病に起因する骨格筋内毛細血管数の減少を予防するメカニズムの検討 .第2回日本基礎理学療法学会学術集会 , 兵庫 , 2012.5(共同・ポスター)
  • スタテッィクストレッチングが遅筋線維優位であるヒラメ筋のピークトルクに及ぼす影響 .第47回日本理学療法学術大会 , 兵庫 , 2012.5(共同・ポスター)
  • 2型糖尿病に対する継続的な持久運動が骨格筋内微小血管障害とVEGF発現に及ぼす影響 .第47回日本理学療法学術大会 , 神戸 , 2012.5(共同・口頭)
  • 自然発症II型糖尿病ラットの血管及び骨格筋毛細血管退行に対する長期持久運動の予防効果 .第1回日本基礎理学療法学会学術集会 , 宮崎 , 2011.5(共同・ポスター)
  • 骨格筋における糖尿病性微小血管障害に対する低強度運動の効果 .第1回日本基礎理学療法学会学術集会 , 宮崎 , 2011.5(共同・ポスター)
  • II型糖尿病モデルラットの足底筋浅層及び深層筋線維周囲の毛細血管退行に対する運動の予防効果 .第46回日本理学療法学術大会 , 宮崎 , 2011.5(共同・口頭)
  • 長期間の持久運動が自然発症II型糖尿病ラットの血糖及びグリコヘモグロビンに与える予防効果 .第46回日本理学療法学術大会 , 宮崎 , 2011.5(共同・口頭)
  • II型糖尿病起因の筋血管障害に対する持久運動の予防的効果 .第50回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2010.11(共同・口頭)
  • 筋萎縮予防に対する治療的電気刺激の至適条件の検討 .第18回日本運動生理学会大会 , 鹿児島 , 2010.8(共同・ポスター)
  • 機能訓練に特化した短時間型通所介護の活動性および運動機能に対する効果 .第44回日本理学療法学術大会 , 東京 , 2009.5(共同・口頭)
研究助成
  • 糖尿病性微小血管障害に対する電気刺激・低酸素刺激の併用療法の開発 , 文部科学省 科学研究費補助金基盤研究(C) , \4,550,000- , 2015.4-2018.3
学生へのコメント 我々理学療法士の仕事は、患者さん、障がいをお持ちの方、スポーツ選手などに専門的な技術を提供することで、支え、喜んでいただくことができる素晴らしいものだと思っています。 その一方、理学療法士は、対象者の方々に対し大きな責任を担っているため、日々の自己研鑽が求められます。 理学療法に必要な知識や技術はもちろん、楽しさや興味深さも伝えていきたいと思いますので、“楽しさを忘れず”勉強、実習、研究に励み、充実した学生生活を過ごして下さい。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 村西 壽祥
准教授 むらにし ひさよし 村西 壽祥
学位/主な資格
  • 修士(医学)(大阪市立大学)
  • 理学療法士免許
主な担当科目
  • 機能運動学
  • 臨床運動学 I
  • 義肢装具学実習
  • 運動器系理学療法学
  • 統合理学療法学
主な著書・論文
著書
  • 『運動器障害理学療法学テキスト』改訂第2版 : 筋・軟部組織性障害3 肩腱板損傷(共著 , 南江堂 , 2016 , P227-236)
  • 『運動器障害理学療法学テキスト』筋・軟部組織性障害1 テニス肘、野球肘、手根管症候群(共著 , 南江堂 , 2011 , P198-208)
  • 『課題別・理学療法技術ガイド』 (共著 , 文光堂 , 2008)
  • 『図説関節の動きと筋力の診かた』 (Hazel M.Clarkson著 , 医道の日本社 , 2008)
論文
  • 肩腱板断裂におけるMRI画像と筋力との関連性について .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 9(1) ; P25-35 , 2014(共著)
  • 精神障害入院患者の廃用性筋萎縮の生化学的指標について .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , P59-64 , 2012(共著)
  • 骨格筋の萎縮と肥大について .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , P33-37 , 2012(共著)
  • 肩関節肢位および角度における肩関節外旋筋力の特徴 .日本臨床バイオメカニクス学会誌 , 27巻 , P115-118 , 2006 (共著)
  • 頚椎症性痙性歩行に対する歩行解析の試み .中部日本整形外科災害外科学会雑誌 , 45巻3号 , P461-462 , 2002 (共著)
  • 動的歪ゲージを用いた骨癒合判定の生体力学的研究 .日本臨床バイオメカニクス学会誌 , 19巻 , P359-363 , 1998 (共著)
  • 身体障害者ダイビングにおける理学療法士の関わり .大阪府理学療法士会会誌 , 第26号 , P38-40 ,1998 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Physical Therapy for Long Thoracic Nerve Paralysis : It is the Case that Passed More Than Ten Years without Being Treated for Paralysis: A Case Report .4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists , 2013.10 (共同・口頭)
  • Correlation between Clinical Evaluation with Shoulder 36 and Actual Functional Measurement in Shoulder Disease .4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists , 2013.10 (共同・口頭)
  • About the Reproducibility of the Supraspinatus Muscle Image Evaluation with MRI .4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists , 2013.10 (共同・口頭)
国内学会
  • リバース型人工肩関節全置換術後経過における性別比較について .第56回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 精神科病院における理学療法の方向性~EBMに基づく理学療法プログラムの作成の取り組み~ .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 肩腱板断裂患者における肩関節機能評価とADLとの関連性 .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・ポスター)
  • リバース型人工肩関節全置換術後の肩関節機能の男女差について .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術の機能に影響する術後早期の要因 .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術術後患者の理学療法終了後の機能変化 .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・口頭)
  • リバース型仁小肩関節全置換術後の肩関節筋力について .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・口頭)
  • 上肢挙上時の肩関節・肩甲骨・脊柱の関連性 .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後1年のADL向上に必要な機能の検討 .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後機能に関する年代別比較 .第13回肩の運動機能研究会 , 広島 , 2016.10(共同・口頭)
  • 反転型人工肩関節および健常肩における肩関節周囲筋の筋電図学的検討 .第43回日本臨床バイオメカニクス学会 , 札幌 , 2016.10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後1年経過時における自動可動域と肩外転筋力との関連性について .第43回日本臨床バイオメカニクス学会 , 札幌 , 2016.10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後1年における肩関節機能の報告 .第28回大阪府理学療法学術大会 , 大阪 , 2016.7(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後の自動挙上獲得に必要な肩関節機能の検討 .第51回日本理学療法学術大会 , 札幌 , 2016.5(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節における肩関節周囲筋の筋電図的検討 .第51回日本理学療法学術大会 , 札幌 , 2016.5(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後の自動挙上可動域と肩関節外転筋力との関連性について .第51回日本理学療法学術大会 , 札幌 , 2016.5(共同・口頭)
  • 片麻痺側の下腿切断術後に重度な膝屈曲拘縮を呈した症例に対し,膝屈曲義足を使用することで歩行を獲得した一例 .第55回近畿理学療法学術大会 , 神戸 , 2015.11.21-22(共同・ポスター)
  • リバース型人工肩関節における肩甲骨周囲筋の筋電図的検討 .第12回肩の運動機能研究会 , 仙台 , 2015.10.9-10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節置換術後の自動外旋とADLの関係について .第12回肩の運動機能研究会 , 仙台 , 2015.10.9-10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術の機能評価とSh36の変化 .第12回肩の運動機能研究会 , 仙台 , 2015.10.9-10(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後の挙上動作と外転筋力の関連性 .第12回肩の運動機能研究会 , 仙台 , 2015.10.9-10(共同・口頭)
  • 鏡視下関節包切開術後の肩機能評価及びShoulder36による短期成績 .第12回肩の運動機能研究会 , 仙台 , 2015.10.9-10(共同・ポスター)
  • 広範囲腱板断裂におけるShoulder36を用いた術前機能評価の有用性 .第12回肩の運動機能研究会 , 仙台 , 2015.10.9-10(共同・ポスター)
  • リバース型人工肩関節全置換術後症例における術後機能回復について .第27回大阪府理学療法学術大会 , 大阪市 , 2015.7(共同・口頭)
  • リバース型人工肩関節全置換術後患者における術後成績と理学療法について .第27回大阪府理学療法学術大会 , 大阪市 , 2015.7(共同・口頭)
  • 上肢運動テストにおける棘下筋の筋活動について .第11回肩の運動機能研究会 , 2014.10 (共同・口頭)
  • 大腿四頭筋腱皮下断裂術後患者における膝関節屈曲可動域制限を呈した症例 .第26回大阪府理学療法学術大会 , 2014.7 (共同・口頭)
  • 鏡視下腱板修復術後患者でのShoulder36と客観的機能評価について .第10回肩の運動機能研究会 , 2013.9 (共同・口頭)
  • 簡易型脳波計による律動脳波フィードバックトレーニングの効果検討 .第1回日本精神科医学会学術大会 , 2012.10 (共同・口頭)
  • Hand-held Dynamometerを用いた背臥位による肩関節筋力測定の検者内信頼性について .第23回大阪府理学療法学術大会 , 2011 (共同・口頭)
  • 肩関節機能評価における運動機能テストの試み .第8回肩の運動機能研究会 , 2011 (共同・ポスター)
  • 組織硬度計を用いた筋の硬さ評価と肩甲骨上方回旋運動との関連性 .第8回肩の運動機能研究会 , 2011 (共同・口頭)
  • MRIにおける棘上筋画像評価の再現性について .第8回肩の運動機能研究会 , 2011 (共同・口頭)
社会的活動等
  • 公益社団法人日本理学療法士協会 代議員(2010年~)
  • 公益社団法人大阪府理学療法士会 理事(2013年~)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 亀田 浩司
講師 かめだ ひろし 亀田 浩司
学位/主な資格
  • 博士(医学)(和歌山県立医科大学)
  • 医師免許
主な担当科目
  • 整形外科学 I
  • 整形外科学 II
  • リハビリテーション概論(含地域リハビリテーション)
  • リハビリテーション医学
  • 予防医学的リハビリテーション概論
  • 予防医学
  • 医療安全管理学
主な著書・論文
論文
  • 踵骨超音波法による検診からみた住民検診 .Osteoporosis Jap , 1996 , 4 : 677-688(共著)
  • 外傷性膝関節脱臼の治療経験 .関西関節鏡・膝研究会誌 , 1993 , 4 : 8-11(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Changes in Limb Volume during Head Out Water Immersion in Humans .第2回日韓合同リハビリテーションカンファレンス , 2004.4(共同)
  • Ultrastructural Effects of Immobilization on Rat Muscle Spindles .SIROT(6th)Seoul , 1993.8(共同)
国内学会
  • 大腿骨頚部骨折のクリニカルパス -患者アンケート調査を中心に- .第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 , 2001.6(共同)
  • 骨粗鬆症に対する機能的運動療法(リュックサック療法)-第2報- .第12回日本理学療法医学会 , 2000.7(共同)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 岡 健司
講師 おか けんじ 岡 健司
学位/主な資格
  • 博士(人間科学)(大阪大学)
  • 理学療法士免許
専門領域
  • 生物人類学
  • 機能形態学
  • バイオメカニクス
主な担当科目
  • 基礎運動学
  • 基礎運動学実習
  • 物理療法学実習
  • 理学療法評価学実習 I
主な著書・論文
著書
  • 『姿勢制御と理学療法の実際』類人猿の姿勢制御(共著 , 文光堂 , 2016 , p413-419)
論文
  • 超音波画像による長母趾屈筋の筋収縮に伴う形状変化の分析 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 95-100 , 2016(共著)
  • Benefit of "rysis": A Wheelchair Seated Posture Measurement Based on ISO 16840-1 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 59-72 , 2016(共著)
  • テナガザルのブラキエーション .体育の科学 , 65(7) : 491-495 , 2015(共著)
  • テレビゲームが唾液アミラーゼ活性および心拍に及ぼす即時的影響 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 9(2) : 79-85 , 2015(共著)
  • レッドコードを介した振動刺激の特徴‐小型加速度計を用いて‐ .レッドコード・サイエンス , 2(1) : p36-40 , 2014(共著)
  • レッドコード・サイエンスと霊長類のぶら下がり .レッドコード・サイエンス , 2(1) : p4-11 , 2014(共著)
  • シロテテナガザルのブラキエーション時における大腿直筋の活動 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7(2) : p67-76 , 2013(共著)
  • ストレス指標 ~非侵襲的方法~ .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7(2) : p3-8 , 2013(共著)
  • 新世界ザル固有背筋の機能形態学的研究 .昭和医学会雑誌 , 72 : p155-159, 2012(共著)
  • Three-dimensional motion analysis of hindlimb during brachiation in a white-handed gibbon (Hylobates lar) .American Journal of Physical Anthropology , 142 : p650-654, 2010(共著)
  • 歩行と自然人類学 ‐化石の証拠に基づいて‐ .理学療法 , 26(1) : p41-47, 2009(共著)
  • 足部の進化と歩行 .リハビリテーション・エンジニアリング , 24(3) : p112-115 , 2009(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Clinical application guide and "rysis" how do they work together for better practice? .5th European Seating Symposium , Dublin, Ireland , June 13 to 15 2016(共同・口頭)
国内学会
  • 体性感覚異常を有する右大腿骨頸部骨折患者による一例 .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 当院における廃用症候群の原因~過去のリハビリテーション処方から見えてくるもの~ .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • テナガザルのブラキエーションにおける後肢・体幹の働き .第70回日本人類学会大会 , 新潟 , 2016.10(シンポジウム)
  • 頭頸部の他動的運動は身体バランス保持能力を向上させるか .第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 , 京都 , 2016.6(共同・口頭)
  • エアースタビライザー上座位での集団運動療法はバランス能力改善に有効か .第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 , 京都 , 2016.6(共同・口頭)
  • ニホンザル腰方形筋の肉眼解剖学的構造 .第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 , 福島 , 2016.3(単独・ポスター)
  • 車いす座位姿勢と座圧分布の関係 .第30回リハ工学カンファレンス , 沖縄 , 2015.11(共同・口頭)
  • 霊長類大腿四頭筋の形態とロコモーション時の活動 .平成27年度霊長類研究所共同利用研究会 , 2015.11(共同・招待)
  • 超音波画像からみた長母趾屈筋の形状と足趾把持筋力 .コ・メディカル形態機能学会第14回学術集会・総会 , 2015.9(共同・口頭)
  • 理学療法士を目指すきっかけと1年前期半ばの成績との関係 .第28回教育研究大会・教員研修会 , 2015.8(共同・口頭)
  • Quantitative observation of flexor hallucis longus muscle by using ultrasonograph .第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 第90回日本生理学会大会 合同大会 , 神戸 , 2015.3(共同・ポスター)
  • レッドコードを介した上肢への低頻度振動刺激が握力に及ぼす影響 .第17回日本レッドコード研究会学術大会 , 2015.2(共同・口頭)
  • 療法士からみた類人猿の腰背部筋 .平成26年度霊長類研究所共同利用研究会 , 2014(招待)
  • 足趾屈筋の筋厚と立位バランス能力との関係 .第119回日本解剖学会総会・全国学術集会 , 2014(共同)
  • ボノボ腰方形筋の形態 .第118回日本解剖学会総会・全国学術集会(肉眼解剖学シンポジウム「ボノボを中心とするヒト上科霊長類の身体的特徴から読み解く環境適応」) , 2013(シンポジウム)
  • 心電図による心身のゆらぎの分析‐テレビゲームが心拍に与える影響 .第33回バイオメカニズム学術講演会 , 2012(共同・口頭)
  • シロテテナガザルのブラキエーション時における体肢関節運動の解析 .第32回バイオメカニズム学術講演会 , 2011(共同)
  • ボノボの固有背筋における筋構築について .第65回日本人類学会大会 , 2011(共同)
  • シロテテナガザルのブラキエーション時における体肢の運動学的分析 .第27回日本霊長類学会大会(自由集会「ぶら下がりの霊長類学」) , 2011
  • ニホンザル下腿筋の三次元的筋配置 .第86回日本解剖学会近畿支部学術集会 , 2010(共同)
  • 霊長類腰方形筋の筋構築(4) .第64回日本人類学会大会 , 2010(共同)
  • 各種霊長類における舌下神経核の比較 .第115回日本解剖学会全国学術集会 , 2010(共同)
  • 霊長類腰方形筋の筋構築(3) .第115回日本解剖学会全国学術集会 , 2010(共同)
社会的活動等
  • 公益社団法人大阪府理学療法士会 泉州ブロック 学術部役員(2013年7月~)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 畑中 良太
講師 はたなか りょうた 畑中 良太
学位/主な資格
  • 修士(保健学)(大阪府立大学)
  • 理学療法士免許
専門領域
  • 脳血管障害の理学療法
  • 運動神経生理
  • 人間発達
主な担当科目
  • 神経系理学療法学
  • 神経系理学療法学実習
  • 理学療法評価学 I
  • 理学療法マネジメント
主な著書・論文
論文
  • Time and direction preparation of the long latency stretch reflex .Human Movement Science , 2016.2(共著)
  • The effect of tonic contraction of the finger muscle on the motor cortical representation of the contracting adjacent muscle .Somatosensory & Motor Research , 2015.4(共著)
  • Asymmetry of anticipatory postural adjustment during gait initiation .Journal of Human Kinetics , 2014.10(共著)
  • Different corticospinal control between discrete and rhythmic movement of the ankle .Frontiers in Human Neuroscience , 2014.6(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 腕運動に随伴する眼球運動の発生源に関する研究 .第46回日本臨床神経生理学術大会 , 福島 , 2016.10(共同)
  • トイレ誘導の実施についてのアンケート調査~介助量・所要時間に着目して~ .第3回慢性期リハビリテーション学会 , 兵庫 , 2016.3(共同)
  • 慢性期病床における日常生活活動評価法の開発 .第2回慢性期リハビリテーション学会 , 神奈川 , 2015.3(共同)
  • 聴覚刺激が視覚標的リーチ時の手選択に及ぼす影響 .第44回日本臨床神経生理学術大会 , 福岡 , 2014.11(共同)
  • 身体軸に対する手指運動方向が手指筋運動野表象に及ぼす影響 .第44回日本臨床神経生理学術大会 , 福岡 , 2014.11(共同)
  • 異なる相対位相の両側リズミカル運動における運動制御 .第44回日本臨床神経生理学術大会 , 福岡 , 2014.10(共同)
  • 外乱予測が筋反応および反応前期の皮質脊髄興奮性に与える影響 .第49回日本理学療法学術大会 , 神奈川 , 2014.6(共同)
  • 脳卒中後遺症者の麻痺側上肢の機能回復と損傷半球皮質内抑制機構について .脳科学とリハビリテーション6 , 2006(共同)
  • 脳卒中後遺症者の損傷半球皮質内脱抑制と上肢機能回復の関連性について .第40回日本理学療法学術大会 , 大阪 , 2005.5(共同)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 中尾 英俊
助教 なかお ひでとし 中尾 英俊
学位/主な資格
  • 修士(人間環境学)(大阪産業大学)
  • 理学療法士免許
  • 日本理学療法士協会 認定理学療法士(運動器分野)
  • 福祉住環境コーディネーター 2級
  • NSCA-CSCS
専門領域
  • 運動器傷害の理学療法
  • スポーツリハビリテーション
主な担当科目
  • 機能運動学実習
  • 運動器系理学療法学実習
  • 理学療法評価学実習 I
  • スポーツリハビリテーション
主な著書・論文
著書
  • 『アスリートケアマニュアル テーピング』(共著 , 文光堂 , 2010 , P266-273,P286-273)
論文
  • 体幹の荷重支持機能の左右差がジャンプ動作に与える影響 .JOSKAS , 41(3) : 1068-1074 , 2016(共著)
  • 腰椎変性疾患に対する体幹伸展持久力トレーニングの効果-日本整形外科学会腰椎疾患問診票(JOABPEQ)を用いた評価- .理学療法科学 , 31(2) : 275-279 , 2016.4(共著)
  • 少年野球選手における体幹回旋可動域制限と投球障害の関連 .関西臨床スポーツ医・科学研究会誌2014 , Vol.24 , 2015(共著)
  • 投球障害を有する野球選手における投球側の体幹回旋の可動域制限-20歳以下を対象として- .関西臨床スポーツ医・科学研究会誌 , 24 : 5-8 , 2014(共著)
  • 腰椎変性疾患患者における腰椎アライメントと腰痛疾患治療成績判定基準との関連について .近畿理学療法学術大会誌 , 第40号 , 2011(共著)
  • 足部アーチに荷重負荷した際の下腿・足部の筋活動の変化 .理学療法科学 , 24(3) ; P423-426 , 2009(共著)
  • 他動的な荷重負荷に対する下腿と足部の筋活動について -女性2例での検討- .近畿理学療法学術大会誌 , 第37号 ; P101-102 , 2006(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 精神科病院における理学療法の方向性~EBMに基づく理学療法プログラムの作成の取り組み~ .第5回日本精神科医学会学術大会 , 仙台 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 座位での体幹荷重支持機能評価における筋活動 .第27回日本臨床スポーツ医学学会 , 千葉 , 2016.11(共同・ポスター)
  • 高校野球選手の腰痛症の体幹・股関節筋力と腰椎アライメントとの関係 .第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 千葉 , 2016.11(共同・ポスター)
  • ボールキック動作における体幹運動の解析 .第42回日本整形外科スポーツ医学会 , 札幌 , 2016.9(共同・ポスター)
  • 成長期野球選手の腰椎分離症における股関節屈筋群と伸筋群の筋力の検討 .第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 , 札幌 , 2016.9(共同・口頭)
  • 腰椎分離症者のスポーツ復帰期間による腰椎前弯角と腰椎椎間可動域の違い .第26回関西臨床スポーツ医・科学研究会 , 大阪 , 2016.6(共同・口頭)
  • 座位での体幹荷重支持機能テストの力学的考察 .第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 神戸 , 2015.11(共同・口頭)
  • 成長期スポーツ障害の腰椎分離症と非特異的腰痛のX線による腰椎分節可動域の違い .第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 , 神戸 , 2015.11(共同・ポスター)
  • 高校男子サッカー選手の座位体幹荷重支持機能と利き足、非利き足との関連 .第7回JOSKAS日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 , 北海道 , 2015.10(共同・口頭)
  • 高校男子サッカー選手の座位体幹荷重支持機能と利き脚、非利き脚との関連 .第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 , 京都 , 2015.9(共同)
  • 腰椎変性疾患における体幹伸筋持久力トレーニングによるJOABPEQを用いた評価 .第22回日本腰痛学会 , 千葉 , 2014.11(共同)
  • 投球障害を有する野球選手における投球側への体幹回旋の可動域制限 .第24回関西臨床スポーツ医・科学研究会 , 大阪 , 2014.6(共同)
  • 腰椎変性疾患患者における腰椎アライメントと腰椎疾患治療成績判定基準(JOAスコア)との関連について .第50回近畿理学療法学術大会 , 和歌山 , 2010.11(共同)
  • スポーツ活動による成長期の腰痛患者とスポーツ復帰期間 .第23回大阪府理学療法学術大会 , 大阪 , 2010.7(共同)
  • 腰椎変性疾患における体幹筋持久力が腰痛治療成績判定基準(JOAスコア)におよぼす影響について .第18回日本腰痛学会 , 北海道 , 2009.10(共同)
  • 荷重負荷に対する下腿・足部の筋活動とアーチ高率の変化について .第43回日本理学療法学術大会 , 福岡 , 2008.5(共同)
  • 他動的な荷重負荷に対する下腿と足部の筋活動について -女性2例での検討- .第47回近畿理学療法学術大会 , 京都 , 2007.11(共同)
学生へのコメント 理学療法士はリハビリテーションの専門職です。資格取得のためには、勉強に実習、研究と大変ではありますが、やりがいもあります。 充実した学生生活を過ごせるように、私も全力でサポートしたいと思います。
ぜひ、社会に貢献できる理学療法士のエキスパートになってください!

(2017年5月1日 現在)

顔写真 今岡 真和
助教 いまおか まさかず 今岡 真和
学位/主な資格
  • 博士(保健学)(大阪府立大学)
  • 理学療法士免許
  • 日本理学療法士協会 専門理学療法士(生活環境支援)
  • 日本理学療法士協会 認定理学療法士(運動器分野)
  • 日本理学療法士協会 認定理学療法士(健康増進・参加分野)
  • 骨粗鬆症リエゾンマネージャー
  • 地域包括ケア推進リーダー
専門領域
  • 老年学
  • 地域理学療法学
  • 公衆衛生学
主な著書・論文
論文
  • Tailored education program using home floor plans for falls prevention in discharged older patients: A pilot randomized controlled trial .Archives of Gerontology and Geriatrics , 71(2017) : 9-13 , 2017.3(共著)
  • Low-frequency exercise and vitamin-D supplementation reduce falls among institutionalized frail elderly .International Journal of Gerontology , 10(4) : 202-206 , 2016.12(共著)
  • Comprehensive study for preventing falls in Long-Term Care Health Facility .Osaka prefecture university education and research archives , 24403(1692) : 19 , 2016.9(単著)
  • 要介護高齢者の歩行速度とステップ長の運動学的要因の関連について .日本生理人類学会誌 , 21(4) : 167-172 , 2016.5(共著)
  • 専業主婦における主観的な身体活動量と実測値について .理学療法科学 , 30(5) : 693-697 , 2015.10(共著)
  • 地域在住男性高齢者の外出頻度と環境要因 .理学療法科学 , 30(2) : 285-289 , 2015.6(共著)
  • Dual-tasking over an extended walking distance is associated with falls among community-dwelling older adults .Clinical Interventions in Aging , 10 : 643-648 , 2015.3(共著)
  • 介護老人保健施設入所者の転倒予防介入効果検証:準ランダム化比較試験 .転倒予防学会誌 , 1(3) : 29-36 , 2015.3(共著)
  • 地域高齢者の転倒と「またぎ歩行課題」におけるMisstepとの関連 .理学療法科学 , 29(1) : 19-24 , 2014.1(共著)
  • 介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒リスク因子 .リハビリテーション医学 , 50(1) : 47-51 , 2014.1(共著)
  • 介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒の特徴 .理学療法科学 , 27(3) : 257-261 , 2012.7(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Prevalence of sarcopenia among Geriatric healthcare institution in Japan .2nd Asia Conference for Frailty and Sarcopenia , Nagoya , 2016.11(共同)
  • Intervention for falls:Reduced exercise and vitaminD supplementation among the institutionalized frail elderly .World Confederation for Physical Therapy 2015 , Singapore , 2015.5(共同)
  • Variance of divided step length in relation to walking speed in the elderly in a geriatric health services facility .World Confederation for Physical Therapy 2015 , Singapore , 2015.5(共同)
  • Sitting Time and Physical Performance in Community-dwelling Older Adults .The Asian Confederation for Physical Therapy , Taiwan , 2013.5(共同)
国内学会
  • プレサルコペニアおよびサルコペニアが新規要介護発生リスクへ与える影響 .第7回保健医療学学会 , 大阪 , 2016.12(共同)
  • 介護老人保健施設入所者のOsteosarcopenia有病率についての調査研究 .第51回日本理学療法学術大会 , 札幌 , 2016.5(共同)
  • 体圧分散性能が高い車いすを長期使用することによる入所者への影響について .第51回日本理学療法学術大会 , 札幌 , 2016.5(共同)
  • 施設入所者に対する3ヶ月間のビタミンD3介入試験 .第2回日本地域理学療法学術集会 , 千葉 , 2015.12(共同)
  • 入所者の居室の違いが転倒リスクと25(OH)Dに与える影響についての後ろ向き研究 .日本転倒予防学会第2回学術集会 , 京都 , 2015.10(共同)
  • 車いす座面機構の違いが与える影響について~体圧分散性、駆動性および動的座位能力について~ .第26回全国介護老人保健施設大会 , 横浜 , 2015.9(共同)
  • 介護老人保健施設入所者の運動運動回数調整とビタミンD摂取には転倒抑制効果がある:準ランダム比較化試験 .第50回日本理学療法学術大会 , 東京 , 2015.6(共同)
  • 虚弱高齢者の筋量測定に予測式を用いることは可能か .第1回地域理学療法学術集会 , 大阪 , 2015.1(共同)
  • 介護老人保健施設入所者の転倒予防介入効果検証-準ランダム比較化試験- .日本転倒予防学会第1回学術集会 , 東京 , 2014.10(共同)
  • 施設入所者のサルコペニアと骨密度およびビタミンD不足についての概要調査 .第14回大阪府介護老人保健施設協会懇話会 , 大阪 , 2014.10(共同)
  • 介護老人保健施設入所者のサルコペニアと血中ビタミンD濃度について .第49回日本理学療法学術大会 , 横浜 , 2014.5(共同)
  • 介護老人保健施設入所者のサルコペニアについて .第5回生活環境支援研究部会学術集会 , 広島 , 2013.10(共同)
  • 車椅子使用者向け転倒リスクアセスメント票の開発 .第24回全国介護老人保健施設大会 , 金沢 , 2013.9(共同)
  • 介護老人保健施設入所者の移動様式別にみた転倒リスク因子の検討 .第48回日本理学療法学術大会 , 名古屋 , 2013.5(共同)
  • 介護老人保健施設における車椅子使用者の転倒の特徴 .第47回日本理学療法学術大会 , 兵庫 , 2012.5(共同)
  • 車椅子使用虚弱高齢者の転倒リスク表は入所時に可能か?-STRATIFYを用いての検討- .転倒予防医学研究会「第8回研究集会」 , 東京 , 2011.10(共同)
社会的活動
  • 日本地域理学療法学会 総務部部員(2015年~)
  • 泉北ほっとけないネットワークメンバー(2012年~)
  • 泉佐野市保健政策推進委員 (2014年4月~2016年3月)
  • 泉佐野市地域福祉政策委員 (2013年4月~2015年3月)
受賞
  • 第26回全国老人保健施設大会 優秀奨励賞(2015年9月)共同
  • 第26回全国老人保健施設大会 奨励賞(2015年9月)共同
  • 日本理学療法士協会 優秀賞(学生)(2007年3月)
学生へのコメント 理学療法士の仕事は多岐に渡ります。きっと、自分のやりたい領域や分野が見つかります。大学生活の4年は貴重な体験の連続です。
勉強を一生懸命頑張って、なりたい自分をワクワクしながら目指しましょう!!

(2017年5月1日 現在)

顔写真 谷口 英治
教授/作業療法学専攻長 たにぐち えいじ 谷口 英治
学位/主な資格
  • 修士(作業療法学)(ウェイン州立大学)
  • 作業療法士免許
専門領域
  • 精神障害作業療法学
  • 精神科リハビリテーション
主な担当科目
  • 精神障害作業療法学
  • 作業療法学概論
  • 作業療法評価学実習
  • 就労支援学
  • セルフケア論
主な著書・論文
著書
  • 『作業療法学 ゴールドマスター・テキスト3 作業療法評価学』(共著 , メジカルビュー社 , 2012 , p27-47, p432-449)
  • 『標準作業療法学 作業療法評価学』 第2版 (共著 , 医学書院 , 2011 , p457-469, p486-496)
  • 『図解・作業療法技術ガイド』 第3版 (共著 , 文光堂 , 2011 , p809-815, p821-824)
  • 『図解・作業療法技術ガイド』 第2版 (共著 , 文光堂 , 2003 , p730-732, p735-738, p742-745)
  • 『リハビリテーション 解説辞典』(共著 , 中央法規出版 , 1989 , p211-214, p237-240, p270-271, p298-301)
論文
  • OSCEにおける認知スクリーニング検査課題の妥当性 .リハビリテーション教育研究 , 20 : 254-255 , 2015(共著)
  • 統合失調症と広汎性発達障害 .大阪府立大学紀要 , 9 : p1-6 , 2011(共著)
  • アルコール依存症、回復途上者と健常者とのライフスタイル及び生活満足感に関する基礎的研究‐地域精神保健への関わりをめざして‐ .北海道作業療法 , 15(2) : p26-34 , 2008(共著)
  • 作業療法に関する理論・モデルを考える .大阪作業療法ジャーナル , 21(2) : p33-35 , 2008(単著)
  • Developmental the Nakatsuka Screening Scale of Autistic Tendencies (NSSAT) : Construction of Scales to Autistic Symptoms in Early Infancy .Journal of Rehabilitation and Health Sciences , 4 , 2006(共著)
  • 作業療法学大学院教育への進路希望の意向に関する調査研究 .埼玉県作業療法士会 , 第2号 , 2002(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 浴室床レベルからみた浴室敷居段差と浴槽縁高さの関係-住宅改造事例を通じた検討- .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・ポスター)
  • 大阪河﨑リハビリテーション大学で実施した精神科領域のOSCEにおける一考察 .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(共同・ポスター)
  • スウェーデンの認知症作業療法士の福祉用具の活用 .第32回近畿作業療法学会 , 2012.10(共同)
  • 軽度認知症者に対する「思い出塗り絵」効果の予備的研究 .第43回日本作業療法学会 , 2009.6(共同)
  • 心理的ストレス場面における認知的評価 .第24回北海道作業療法学会 , 1994.6(共同)
  • 精神障害作業療法を支える基礎諸理論の追跡研究 .第24回北海道作業療法学会 , 1994.6(共同)
学生へのコメント 作業療法士として5~6年間臨床で働き、その後20年以上教員職に従事しています。
当大学は、リハビリテーション関連に携わる職種です。
野球解説者の野村前監督が述べていた言葉を追加して「“体力” “気力”は当たり前、“知力” “技術力” “社会力”で戦うのがプロフェッショナルだ!」と言っています。 学生皆様が志す専門職もこの言葉に相通ずるものです。 患者様のために活かすこのような“力”を身につけられるよう共に頑張りますのでよろしくお願いします。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 岡田 守弘
教授/主任学校医 おかだ もりひろ 岡田 守弘
学位/主な資格
  • 博士(医学)(和歌山県立医科大学)
  • 医師免許
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡専門医
主な担当科目
  • 内科学 I
  • 内科学 II
  • 一般臨床医学
  • 医学概論
  • 救急医学
  • 医療英語 I
  • 医療英語 II
主な著書・論文
著書
  • 『救急・集中治療の看護ケア』(共著 , 南江堂 , 2002年 , p187-188)
論文
  • Physical Performance Measures Associated With Locomotive Syndrome in Middle-Aged and Older Japanese Women .J Geriatr Phys Ther , 2015 (共著)
  • 閉経後乳癌患者における肥満は乳癌予後を悪化させる可能性がある .日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集11回 : p319 , 2011(共著)
  • Serum biomarkers as predictors of lung function decline in chronic obstructive pulmonary disease .Respir Med , 103(8) : p1231-8 , 2009(共著)
  • Systemic inflammation in chronic obstructive pulmonary disease and asthma : Similarities and differences .Respirology , 13(1) : p128-33 , 2008(共著)
  • 慢性閉塞性肺疾患の呼吸機能予後予測因子としての血清バイオメーカー .日本呼吸器学会雑誌 , 46巻増刊 : p196 , 2008 (共著)
  • 慢性閉塞性肺疾患と気管支喘息の全身性炎症 類似点と相違点 .日本呼吸器学会雑誌 , 46巻 , 6号 : p443-447 , 2008 (共著)
  • p53 mutants suppress ZBP-89 function .Anticancer Res , 26(3A) : p2023-8 , 2006(共著)
  • Adenoviral E1A suppresses secretory leukoprotease inhibitor and elafin secretion in human alveolar epithelial cells and bronchial epithelial cells .Respiration , 72(6) : p629-35 , 2005(共著)
  • Effect of the adenovirus E1A gene on nitric oxide production in alveolar epithelial cells .Clin Microbiol Infect , 11(8) : p644-50 , 2005(共著)
  • Increased serum concentrations of tissue inhibitor of metalloproteinase-1 in COPD patients .Eur Respir J , 25(5) : p885-90 , 2005(共著)
  • Management of spontaneous dissection of the superior mesenteric artery .Intern Med , 43(6) : p451-2 , 2004(共著)
  • ZBP-89 mediates butyrate regulation of gene expression .J Nutr , 133(7) : 2456S-2460S , 2003(共著)
  • Mutation of p53 in recurrent hepatocellular carcinoma and its association with the expression of ZBP-89 .Am J Pathol , 162(6) : p1823-9 , 2003(共著)
  • Efficacy and Side Effect of Interferon-β Twice a Day for Chronic Active Hepatitis C .Therapeutic Reseach , 20(4) : p389-394 , 1999(共著)
主な研究・教育・社会的活動
研究テーマ
  • 生活習慣病の発症と予防
  • ブルーライトが健康におよぼす影響
  • 胃癌の予防と治療
  • 転写因子ZBP-89が抗癌剤感受性に及ぼす影響
  • 医学・医療系学生に対する医学英語教育
国際学会
  • Transcription Factor ZBP-89 Stabilizes Wild Type p53 and a Constitutively Active p53 .Digestive disease week 2002 , SanFrancisco USA , 2002
  • Magnetic resonance cholangio-pancreatography (MRCP) in the diagnosis of biliary disease .World Congress of Gastroenterelogy 1998 , Vienna Austria , 1998
国内学会
  • 機能性ディスペプシア .第11回紀北消化器フォーラム , 2012.6(シンポジウム)
社会的活動等
  • 和歌山県立医科大学 非常勤医師
  • Oncotarget誌 reviewer
学生へのコメント これまで、和歌山県立医科大学、米国ミシガン大学にて、内科診療、医学教育、医学研究に従事してきました。現在も学生教育の一方で内科診療に従事しています。常に現場での最新の医療を皆さんへの講義に反映させていきたいと思います。 また、医療のグローバル化が進み、最近外国人を診療する機会も増えてきました。このような状況をふまえ本学での医学英語教育に取り組むとともに、海外留学の素晴らしさも伝えていきたいと思います。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 上島 健
教授/副専攻長 かみしま たけし 上島 健
学位/主な資格
  • 博士(保健学)(神戸大学)
  • 作業療法士免許
専門領域
  • 身体障害領域の作業療法
  • 老年期障害領域の作業療法
  • 住宅改造、介護保険、障害者総合支援法関連領域
主な担当科目
  • 中枢神経系障害作業療法学
  • 運動器系障害作業療法学
  • 研究法
  • 統合作業療法学
主な著書・論文
著書
  • 『身体障害の作業療法 改訂第6版』 第3部第11章第1節 : 実用歩行 : P251-258(共著 , 協同医書出版社 , 2014)
論文
  • 住宅改造助成事業の利用例における浴室環境とIADLについて~公営住宅とその他住宅における比較~ .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 87-93 , 2016(共著)
  • 本学OT卒業生における就職先の対象領域調査~新卒者就労分野の偏りから見た考察~ .リハビリテーション教育研究 , 20 : 84-85 , 2015(共著)
  • 新入生クラス分け試験と作業療法士国家試験との関連性について .リハビリテーション教育研究 , 19 : 220-221 , 2014(共著)
  • 陶芸作業前後における立位バランスの変化 ~粘土の硬さに着目した検討~.大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7: 93-98 , 2013 (共著)
  • 発達段階の異なる知的障がい者のパーソナリティ形成支援の妥当性.大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 8.1 : 55‐69 , 2013 (共著)
  • 粘土を練る作業は立位バランスを向上させるのか? .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 6 : 63-71 , 2012 (共著)
  • ぬり絵作品における制作順序に関する考察 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 5 : 95-105 , 2011 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Comparison height of bathtub and IADL between Public and other housing in Japan .APOTC2015 , Rotorua , 14 to 17 Sep 2015(共同・ポスター)
  • OT's intervention for most severe intellectual disabilities in the family members' view: a case report .APOTC2015 , Rotorua , 14 to 17 Sep 2015(共同・ポスター)
  • Relationships between hardness of clay and FRT at kneading activity - Research on elder people at the health promotion class - .16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists , Yokohama Japan , 18 to 21 June 2014(共同・ポスター)
  • Personality formation support for person with mild intellectual disability in occupational therapy using hobby activity: a case report .16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists , Yokohama Japan , 18 to 21 June 2014(共同・ポスター)
  • Sit-to-Stand from a Rocking Chair and a Fixed Chair: kinematics and kinetics .15th World Congress of the World Federation of Occupational Therapists , Santiago・CHILE , 2010(共同・ポスター)
  • Study on the order of painting in Japanese day-care users' coloring activity .15th World Congress of the World Federation of Occupational Therapists , Santiago・CHILE , 2010(共同・ポスター)
  • In coloring activity, an increase in painted area was observed after iterative sessions at Japanese geriatric nursing home .14th Congress of the World Federation of Occupational Therapists Sydney, Australia , Monday 23 to Friday 28 July, 2006(共同)
国内学会
  • 浴室床レベルからみた浴室敷居段差と浴槽縁高さの関係-住宅改造事例を通じた検討- .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・ポスター)
  • 軽度知的障害症例へのPersonalization実現化に向けたOT介入の妥当性(第2報)-きょうだいのPersonalizationへの捉え方との比較から- .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・口頭)
  • 大阪河﨑リハビリテーション大学で実施した精神科領域のOSCEにおける一考察 .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(共同・ポスター)
  • 住宅改造実施例における対象者の浴室環境とIADLの検討 -公営住宅とその他住宅における比較- .第49回日本作業療法学会 , 神戸市 , 2015.6(共同・ポスター)
  • Personalization獲得支援過程での家族の受け止め方~OT介入を通した軽度知的障害者への一考察~ .第49回日本作業療法学会 , 神戸市 , 2015.6(共同・口頭)
  • 最重度知的障害者へのPersonalization獲得支援 ~趣味活動を用いた作業療法介入を通して~ .第40回日本重症心身障害学会 , 京都 , 2014年9月 (共同)
  • 重度知的障がい者のパーソナリティ形成支援の妥当性 .第47回日本作業療法学会 , 大阪 , 2013年6月 (共同)
社会的活動
  • 一般社団法人日本作業療法士協会 学会演題査読委員(平成29年3月31日まで)
  • 一般社団法人日本作業療法士協会 大阪府選出代議員
  • 一般社団法人大阪府作業療法士会 理事
  • 大阪市障がい支援区分認定審査会 役員/委員
  • 大阪府立貝塚高等学校福祉科 介護職員初任者研修(快適な居住環境整備と介護) 非常勤講師
研究助成
  • 独居高齢者見守りシステム構築にむけた生活環境に潜む危険因子の検討 , 大学コンソーシアム大阪 大阪の都市課題解決の実現に向けた研究事業 , 1,500,000円 , 2010.9 - 2011.2
  • 介護保険施設における車椅子整備状況と作業療法士の役割 .共同研究者 上島健,他 , 平成19年度(社)大阪府作業療法士会学術部研究会 , 100,000円 , 2007.4 - 2008.3
  • 高齢者の塗り絵活動が継続的に行われる動機付けに関する研究 , 財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 平成18年度(第17回)助成事業 , 500,000円 , 2006.7 - 2007.3
学生へのコメント 作業療法士は、病院などの医療分野でのリハビリテーションだけでなく、介護老人保健施設や訪問リハビリテーション等の介護保険分野でも活躍することが増えてきました。また、作業療法士は、特別支援学校での支援、市町村での公的な会議への参画(介護認定審査会、障がい支援区分審査会、介護予防や認知症初期集中支援等の会議)等、様々な職種の方と一緒に支援を行います。大切なことは、色々な方とお話をしていく際に、「人の話をよく聞いて、何を伝えようとしているのか読み取ろうとする」、「相手に理解をしていただけるように、わかりやすい言葉で的確に伝える」という、「聞く・話す」ことが大切です。高校までの学生生活で、コミュニケーションが苦手な方もいらっしゃるかも知れませんが、OT/PT/STの学生さんと一緒に3専攻の違いを理解し、チームワークのできる療法士になっていただければと思います。
4年間で勉強することは多く、大学生活は楽ではないかも知れません。決して、就職が安全だからとう安易な気持ちにならず、一生、勉強するつもりで作業療法士を目指して下さい。
私は小学校、中学校、高校は地元、大阪の泉州地域で育ちました。気がつけば作業療法士22年目になりました。学生の皆さんと共に歩んでゆきますので、よろしくお願いします。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 髙野 珠栄子
准教授 たかの たえこ 髙野 珠栄子
学位/主な資格
  • 修士(応用情報科学)(兵庫県立大学)
  • 作業療法士免許
  • ケアマネージャー
  • 福祉用具プランナー
専門領域
  • 高次脳機能障害
主な担当科目
  • 内部障害作業療法学
  • 高次脳障害作業療法学
  • 作業療法管理・運営学
  • 生活環境・行為学
  • 生活環境・行為分析学
  • 就労支援学
主な著書・論文
論文
  • 「座位と立位の下肢移動時におけるプリズム順応課題の影響について」 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 81-86 , 2016(共著)
  • 高次脳機能障害における分類能力の特性分析 .2007年
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 健常者におけるプリズム適応の左右差についての検討 .第49回日本作業療法学会 , 兵庫 , 2015.6(共同・ポスター)
  • 座位と立位の下肢移動時におけるプリズム順応課題の影響について~健常者において~ .第38回日本高次脳機能障害学会学術総会 , 仙台 , 2014.11(共同・ポスター)
  • 多職種協働に向けた訪問実習の検討 ~地域生活支援職種へのアンケート結果から~ .第26回教育研究大会 , 2013.8(共同・口頭)
  • 観念失行を呈する患者の分類能力と標準高次動作性検査結果との関係性 .第32回日本高次脳機能障害学会 , 2008.11(共同)
  • 逆向健忘を呈した一症例に対する回想法の試み .第32回日本作業療法学会 , 1998(共同)
  • 連合型視覚失認の一例 .第21回日本神経心理学会総会 , 1997(共同)
  • 主に複数物品の使用障害を呈した患者の作業療法の検討 .第20回日本神経心理学会総会 , 1996(共同)
  • 神戸市住宅改修助成事業における申請状況の分析 .第30回日本作業療法学会 , 1996(共同)
  • 3症例からみた観念失行症に対する一考察:分類能力の観点より .第29回日本作業療法学会 , 1995(共同)
  • 手指巧緻機能と精神機能との関連についての一考察 .第24回日本作業療法学会 , 1990(共同)
  • 重度の感覚性失語、観念失行及び保続を呈した患者に対する作業療法 .第10回近畿作業療法学会 , 1989

(2017年5月1日 現在)

顔写真 中松 俊介
准教授/学生部副部長/副専攻長 なかまつ しゅんすけ 中松 俊介
学位/主な資格
  • 修士(医科学)(和歌山県立医科大学)
専門領域
  • 健康科学
主な担当科目
  • 健康科学
  • スポーツ実技A
  • スポーツ実技B
  • コミュニケーション学
  • レクリエーション
主な著書・論文
著書
  • 『作業療法学 ゴールド・マスター・テキスト 改定第2版』評価と統計(共著 , メジカルビュー社 , 2015.12 , P514-518)
  • 『作業療法評価学3 ゴールド・マスター・テキスト』評価と統計(共著 , メジカルビュー社 , 2012 , P478-480)
論文
  • 精神障害入院患者の廃用性筋萎縮の生化学的指標について .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7(1) : P59-64 , 2012(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 草抜きの力と雑草の大きさおよび土壌硬度の関連について .人間・植物関係学会、日本園芸療法学会2016年度合同大会 , 兵庫 , 2016.10(共同・ポスター)
  • 片手用髪止め具の開発 .第49回日本作業療法学会 , 神戸 , 2015.6.19-21(共同・口頭)
  • 重度障害者に対する非言語的な動感分析の可能性について .第27回日本スポーツ運動学会 , 2014.3 (共同・口頭)
  • 株の地際径と草抜きの力の関係について .第7回日本園芸療法学会 , 神奈川 , 2014.10(共同)
  • 精神科作業療法におけるカラオケ活動の治療的効果 .第1回日本精神科医学会学術大会 , 2012.10 (共同・口頭)
  • 障害児の歩行ステップ獲得への創発指導に関する考察 .第25回日本スポーツ運動学会 , 福岡 , 2012.3 (共同・口頭)
特許
  • 片手で髪を束ねるための自助具 .公開特許公報(A) , 特開2016-43221 (共同)
学生へのコメント スポーツ健康科学実技では、皆さんが今までにあまり経験したことのないニュースポーツを中心に実施しています。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 石川 健二
准教授 いしかわ けんじ 石川 健二
学位/主な資格
  • 博士(保健学)(神戸大学)
  • 作業療法士免許
主な担当科目
  • 地域作業療法学
  • 地域作業療法学演習
  • 地域ケアシステム論
  • 生活環境・行為学
  • 生活環境・行為分析学
主な著書・論文
論文
  • 注意課題の脳波特性(その2)-PASATの正答率からの検証 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 76-77 , 2016(共著)
  • 注意課題の脳波特性(その1)-θ/β比からみた定型閾値の有用性 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 74-75 , 2016(共著)
  • OSCEにおける認知スクリーニング検査課題の妥当性 .リハビリテーション教育研究 , 20 : 254-255 , 2015(共著)
  • 軽度認知障害(MCI)検出における事象関連電位の有用性 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 6 : P55-61 , 2012 (共著)
  • Hand Deftness and Cognitive Function Utility of event - related potential upon MCI detection and relationship between visual memory and upper - extremity movement capability .Bulletin of health sciences Kobe,27:9-17, 2011(共著)
  • 軽度認知障害(MCI)の診断における事象関連電位の有用性 .西宮市医師会医学雑誌 , 2011 (共著)
  • 高齢者の認知力と頭部CT所見との関連 .西宮医師会医学雑誌 , 2009 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 記憶過程における脳波特性(その2)-漢字課題でみる長期記憶への方略- .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(共同・ポスター)
  • 記憶過程における脳波特性(その1)-θ/αからみた記憶との関係- .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(共同・口頭)
  • ADHD不注意タイプが疑われる学生の脳波-PASAT正答率と前頭中部の特異的脳波との関連 .日本発達心理学会 , 北海道 , 2016.4(共同・ポスター)
  • 多職種協働に向けた訪問実習の検討 ~地域生活支援職種へのアンケート結果から~ .第26回教育研究大会 , 2013.8(共同・口頭)
  • MCIにおける視覚性記憶が手の器用さに及ぼす影響 .第32回近畿作業療法学会 , 大阪 , 2012.10 (共同・口頭)
  • 手の器用さが認知機能に及ぼす影響 ~MCI患者の検出における事象関連電位の有用性及び視覚性記憶と上肢機能の関連~ .第46回日本作業療法士学会 , 宮崎 , 2012.6 (共同・口頭)
  • 重症頭部外傷例の事象関連電位P300潜時とTrail Making検査の関連 .第30回日本神経外傷学会 , 仙台 , 2007 (共同)
  • 筋力向上トレーニングの報告(大阪市モデル事業より) .第26回近畿作業療法学会 , 大阪 , 2007
  • 主体的作業活動への参加が認知機能に及ぼす影響 .日本作業療法士学会 , 福島 , 2009 (共同)
  • 高齢者における簡易上肢機能検査及びトレイルメイキングテストの関連 .日本作業療法士学会 , 仙台 , 2011 (共同)
  • MCI患者へのWMS-R : 言語・視覚領域に分類した認知評価における上肢機能と事象関連電位 : P300潜時の有用性 .日本作業療法士学会 , 埼玉 , 2011 (共同・ポスター)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 勝山 隆
講師 かつやま たかし 勝山 隆
学位/主な資格
  • 修士(保健学)(神戸大学)
  • 作業療法士免許
専門領域
  • 老年期(身体障害)作業療法学
  • 地域作業療法
主な担当科目
  • 生活環境・行為分析学実習
  • 高齢期障害作業療法学
  • 運動器系障害作業療法学
主な著書・論文
著書
  • 『作業療法業務指針シリーズ 認知症老人に対する作業療法の手引き』(共編 , 1989.4)
  • 『作業療法業務指針シリーズ 機能訓練事業における作業療法の手引き』(共編 , 1988.4)
論文
  • 健常若年者がスプーンを用いた食事動作における上肢関節運動の変位 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 5 : P85-93 , 2011
  • 体幹の傾斜が食事動作における上肢関節可動域および動作速度に与える影響 .神戸大学大学院修士論文 , 2008
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 体幹の左傾斜が食事動作に与える影響 .第43回日本作業療法学会 , 福島 , 2009(共同・ポスター)
学生へのコメント 作業療法の対象は患者さんだけでなく、その人の生活の豊かさや、家族を含めた生活まで、とても範囲が広いです。私は写真を撮ることが趣味ですが、その人や自然の持つ輝きを捉えたくて撮り続けています。これは作業療法の実践過程とよく似ています。
豊かな生活を提供できる作業療法を、皆さんと一緒に勉強したいと思っています。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 平本 憲二
講師 ひらもと けんじ 平本 憲二
学位/主な資格
  • 修士(学術)(放送大学)
  • 作業療法士免許
主な担当科目
  • 精神障害評価学
  • 精神障害臨床評価学実習
  • 精神障害作業療法学実習
主な著書・論文
論文
  • 本学OT卒業生における就職先の対象領域調査~新卒者就労分野の偏りから見た考察~ .リハビリテーション教育研究 , 20 : 84-85 , 2015(共著)
  • 新入生クラス分け試験と作業療法士国家試験との関連性について .リハビリテーション教育研究 , 19 : 220-221 , 2014年(共著)
  • 発達段階の異なる知的障がい者のパーソナリティ形成支援の妥当性.大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 8.1 : 55‐69 , 2013年 (共著)
  • 病院内生活における重度知的障害者のパーソナリティ形成支援の検討 ~ノーマライゼーションの実現を目指して~. 大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7.2 : 66‐77 , 2013年 (共著)
  • 知的障害者における包括的発達段階尺度の有用性の検討.大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7.1 : 66‐77 , 2012年 (共著)
  • 病院内生活における知的障害者のパーソナリティ形成支援に関する検討.放送大学大学院修士論文 , 2010年12月
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • OT's intervention for most severe intellectual disabilities in the family members' view: a case report .APOTC2015 , Rotorua , 14 to 17 Sep 2015(共同・ポスター)
  • Comparison height of bathtub and IADL between Public and other housing in Japan .APOTC2015 , Rotorua , 14 to 17 Sep 2015(共同・ポスター)
  • Personality formation support for person with mild intellectual disability in occupational therapy using hobby activity: a case report .16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists , Yokohama Japan , 18 to 21 June 2014(共同・ポスター)
  • Relationships between hardness of clay and FRT at kneading activity - Research on elder people at the health promotion class - .16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists , Yokohama Japan , 18 to 21 June 2014(共同・ポスター)
国内学会
  • 浴室床レベルからみた浴室敷居段差と浴槽縁高さの関係-住宅改造事例を通じた検討- .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・ポスター)
  • 軽度知的障害症例へのPersonalization実現化に向けたOT介入の妥当性(第2報)-きょうだいのPersonalizationへの捉え方との比較から- .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・口頭)
  • 大阪河﨑リハビリテーション大学で実施した精神科領域のOSCEにおける一考察 .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(共同・ポスター)
  • Personalization獲得支援過程での家族の受け止め方~OT介入を通した軽度知的障害者への一考察~ .第49回日本作業療法学会 , 神戸市 , 2015.6(共同・口頭)
  • 住宅改造実施例における対象者の浴室環境とIADLの検討 -公営住宅とその他住宅における比較- .第49回日本作業療法学会 , 神戸市 , 2015.6(共同・ポスター)
  • CVA急性期患者への食事の自立に向けた介入の意義~病棟職員への意識向上に向けた連携の取り組み~ .第34回近畿作業療法学会 , 大阪 , 2014年10月 (共同・ポスター)
  • 最重度知的障害者へのPersonalization獲得支援 ~趣味活動を用いた作業療法介入を通して~ .第40回日本重症心身障害学会 , 京都 , 2014年9月 (共同・口頭)
  • 荒練り作業と釉薬づけ作業前後におけるFunctional Reach Testの変化(第2報) -健康教室に参加した高齢者への調査- .第47回日本作業療法学会 , 大阪 , 2013年6月 (共同・ポスター)
  • 重度知的障がい者のパーソナリティ形成支援の妥当性 .第47回日本作業療法学会 , 大阪 , 2013年6月 (共同)
  • 緑の癒しをリハビリテーションに ~園芸療法教育の現場から~ .第12回癒しの環境 , 和歌山 , 2012年10月 (共同・口頭)
  • 荒練り作業と釉薬づけ作業前後におけるFunctional Reach Testの変化 -健康教室に参加した高齢者への調査- .第46回日本作業療法学会 , 宮崎 , 2012年6月 (共同・ポスター)
  • 作業療法精神科分野の理論の変遷 ~第1回~第31回の作業療法学会演題の歴史的分析~ .第32回日本作業療法学会 , 宇都宮市 , 1998年6月(共同)
社会的活動等
  • 日本重症心身障害学会会員(2014年4月~)
  • 日本発達障害学会会員(2014年4月~)
  • 社団法人 日本作業療法士協会 会員(1990年5月~)
  • 精神科作業療法協会会員
  • 日本病院・地域精神医学会会員
  • 大阪府作業療法士会
  • 大阪府作業療法士会 広報部(2014年6月~2016年)
学生へのコメント これから作業療法士になることを目指して、頑張る皆さんへ一言。
まずは「人が好き」という、その思いを大切にしてください。そして障がいを抱える方に寄り添う形で、その方の「生活」をより良いものにしていく手助けができるように、学ぶ中で考えてほしいと思います。作業療法はそれができる仕事です。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 武井 麻喜
講師 たけい まき 武井 麻喜
学位/主な資格
  • 博士(リハビリテーション療法学)(名古屋大学)
  • 作業療法士免許
専門領域
  • 老年期障害
主な担当科目
  • 作業療法運動学 I
  • 作業療法運動学演習
  • 基礎作業学
  • 身体障害評価学演習 I
  • 身体障害評価学演習 II
  • 応用作業分析学実習
主な著書・論文
論文
  • 「生活行為向上マネジメント」手法の基礎作業療法学教育への導入の試み .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : P111-118 , 2016 (共著)
  • 自閉症スペクトラム障害(autisitic spectrum disorders;ASD)児に対するグループセラピー .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 7(1) : P27-35 , 2012 (共著)
  • Kinematic analysis of seating maneuver: Digitalization of movement in daily living .Human Movement, 2(11) : P114-118 , 2010 (共著)
  • 寝たきり化の原因である“廃用症候群”に関する研究 - 下肢血流量に関する研究 - .安田生命事業団研究助成論文集 , 34号 , 1998 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
研究テーマ
  • 日常生活における動作の分析
国際学会
  • Kinematic analysis of seating maneuvers: As a screening test of a movement in daily living for patients with Cerebrovascular accident .7th WOLD STROKE CONGRESS , Seoul, Korea , October 13-16, 2010.(単独・ポスター)
  • An analysis of the movement to sit down on the chair with the back and backless chair - In consideration of the inflection to guidance of sitting down in cares- .5th World Congress of International Society of Physical and Rehabilitation Medicine , Istanbul , Turkey , June 13-17, 2009.(共同・ポスター)
国内学会
  • MCIにおける視覚性記憶が手の器用さに及ぼす影響 .第32回近畿作業療法学会 , 大阪 , 2012.10(共同・口頭)
  • 広汎性発達障害児に対するグループ訓練の実践報告と今後の課題 .第1回日本精神科医学会学術大会 , 大阪 , 2012.10(共同・ポスター)
  • 椅子座位からの立ち上がりを想定した横手すりの位置に関する実験研究 ‐その1 40~70代の健常者の場合‐ .日本福祉のまちづくり学会 第15回全国大会 , 2012.8(共同・口頭)
  • 立ち上がり動作時の横手すり位置の検討 .平成24年度日本建築学会近畿支部研究発表会 , 2012.6 (共同・口頭)
  • 廃用症候群としての起立性低血圧に関する研究(5);脳血流変化と血圧変動との関係 .第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 , 横浜 , 2001.6 (共同)
  • 「しているADL」としての介護と「できるADL」としてのADL .第42回日本老年医学会学術集会 , 仙台 , 2000.6 (共同)
  • 脳卒中患者の入院リハビリテーション終了後の対応について - 長期的ADL向上プログラムの意義 - .第26回日本脳卒中学会総会 , 大阪 , 2000.3 (共同)
学生へのコメント 岐阜に生まれ、金沢で学生生活、名古屋に勤め、茨城で勤め、また名古屋、そして大阪…。そろそろ落ち着かなければとは思っています。日々をいかに穏やかにかつ生き活きと過ごすか…永遠のテーマです。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 嶋野 広一
講師 しまの こういち 嶋野 広一
学位/主な資格
  • 修士(保健学)(神戸大学)
  • 作業療法士免許
専門領域
  • 身体障害分野
主な担当科目
  • 高齢期障害評価学演習
  • 身体障害評価学演習 I
  • 身体障害評価学演習 II
  • 基礎作業分析学演習 I
  • 基礎作業分析学演習 II
  • 基礎作業分析学実習
  • 応用作業分析学実習
主な著書・論文
論文
  • 介護老人保健施設利用者の在宅復帰を促す要因について~家族の面会頻度との関連について~ .大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告書 , 29 : 27-31 , 2016(共著)
  • 本学OT卒業生における就職先の対象領域調査~新卒者就労分野の偏りから見た考察~ .リハビリテーション教育研究 , 20 : 84-85 , 2015(共著)
  • OSCEにおける認知スクリーニング検査課題の妥当性 .リハビリテーション教育研究 , 20 : 254-255 , 2015(共著)
  • 新入生クラス分け試験と作業療法士国家試験との関連性について .リハビリテーション教育研究 , 19 : 220-221 , 2014(共著)
  • 認知症リハビリテーションにおける作業療法の現状と課題 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 4 : 3-8 , 2010(共著)
  • 学生が記載した臨床実習後のお礼状に関する調査について -ハガキの宛名における適切さの分析- .リハビリテーション教育研究, 14 : 169-171 , 2009(共著)
  • 本学における地域貢献 ~健康教室参加者の新体力測定からみた一考察~ .リハビリテーション教育研究 , 第14号 , 2009.3 (共著)
  • 本学関連施設におけるプレ実習の実態と課題について ~睡眠時間の観点から~ .リハビリテーション教育研究 , 第13号 , 2008.3 (共著)
  • 介護老人保健施設における「回想法」の試み .大阪作業療法ジャーナル , 2007.3
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • OT's intervention for most severe intellectual disabilities in the family members' view: a case report .APOTC2015 , Rotorua , 14 to 17 Sep 2015(共同・ポスター)
  • Comparison height of bathtub and IADL between Public and other housing in Japan .APOTC2015 , Rotorua , 14 to 17 Sep 2015(共同・ポスター)
  • Study on the order of painting in Japanese day-care users' coloring activity. 15th international Congress of the World Federation of Occupational Therapists , SANTIAGO・CHILE , 4-7 May,2010(共同・ポスター)
国内学会
  • 身体的環境適応能力評価として用いた車椅子TUGとFIM効率の関係 .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・ポスター)
  • 介護老人保健施設退所者の特徴について~自宅退所を推進するための調査~ .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・ポスター)
  • 当施設でSPDCAサイクルを導入してみえてきたこと .第27回全国介護老人保健施設大会 , 大阪 , 2016.9(共同・口頭)
  • Personalization獲得支援過程での家族の受け止め方~OT介入を通した軽度知的障害者への一考察~ .第49回日本作業療法学会 , 神戸市 , 2015.6(共同・口頭)
  • 介護老人保健施設利用者の在宅復帰を促す要因について~家族の面会頻度との関連について~ .第9回日本作業療法研究学会学術大会 , 神奈川 , 2015.10.24-25(共同・口頭)
  • 新入生クラス分け試験と学内成績との関連性について .第23回全国私立リハビリテーション学校協会 , 教育研究大会・教育研修会 , 札幌 , 2010.8.18-20(共同・口頭)
  • 要介護認定の観点でみた塗り絵作品の着色面積と色鉛筆の把持評価~デイケア利用者における活動を通して~ .第42回日本作業療法士学会 , 2008.6(共同・ポスター)
  • 臨床実習における学生の自己評価の変化 .第42回日本作業療法士学会 , 2008.6(共同・ポスター)
  • 4年制大学作業療法学専攻新入生の不安とガイダンスの紹介 .全国私立リハビリテーション学校連絡協議会 , 第20回教育研究大会・教員研修会 , 2007.8(共同・口頭)
  • 本学関連施設におけるプレ実習の実態と課題について ~睡眠時間の観点から~ .全国私立リハビリテーション学校連絡協議会 , 第20回教育研究大会・教員研修会 , 2007.8(共同・口頭)
社会的活動
  • 介護学実習.帝塚山大学人文学部 , 2010.5.11
  • 平成22年度介護福祉士国家試験受験対策講座.大阪府社会福祉会館 , 2010.10.15
  • 介護福祉士国家試験対策講座.大阪府社会福祉協議会 , 2010.10.15
  • 介護福祉士国家試験対策講座.星槎国際高等学校 , 2010.10.23
学生へのコメント 「セラピストは人を幸せにすることができる仕事である。」
これは私たちの先輩の言葉ですが、私も作業療法士になってたくさんの人と出会い、たくさんの喜びを共にしてきました。
これからセラピストを目指す皆さんにもぜひ、たくさんの人と出会い、色んな方の人生に関わってほしいと思います。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 田崎 史江
助教 たざき ふみえ 田崎 史江
学位/主な資格
  • 学士(リハビリテーション学)(大阪河﨑リハビリテーション大学)
  • 作業療法士免許
  • (認定)園芸療法士
  • 一級造園施工管理技士
  • 改良普及員(島根県・農業経営)
専門領域
  • 高齢者対象の園芸療法
  • 植物の療法的利用
主な担当科目
  • 園芸療法
  • ガーデニング
  • 園芸論
  • 園芸療法実習 I
  • 園芸療法実習 II
  • 身体障害評価学演習 I
  • 基礎作業分析学実習
主な著書・論文
著書
  • 『代替・補完医療 園芸療法』(単著 , 金芳堂 , 2006)
論文
  • 片手への荷重負荷による足圧中心の位置変位について .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 11 : 119-124 , 2017(共著)
  • イタリア・トスカーナ州・サトゥルニア天然温泉における豆石の形成 .地質学雑誌 , 122(2) : 45-60 , 2016(共著)
  • Formation of Pisoliths at Hot Springs in Saturnia, Toscana, Italy .地質学雑誌 , 2015.12(共著)
  • Evaluation of fresh herbal bath water on growth of iron biofilms on bathtub surface .proceeding of the International People - Plant Symposium 2004, 2004 (単著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Effect of Daily Commodities on Bacterial Growth in Flower Vase Water .EMN meeting , Taiwan , 2016.3(共同・ポスター)
国内学会
  • 精神科デイケアにおける園芸活動の実践 .日本デイケア学会第21回年次大会 , 石川 , 2016.10(共同・ポスター)
  • 草抜きの力と雑草の大きさおよび土壌硬度の関連について .人間・植物関係学会、日本園芸療法学会2016年度合同大会 , 兵庫 , 2016.10(共同・ポスター)
  • 金沢市俵ファームの稲作と水田土壌:土壌と用水のpH測定調査 .人間・植物関係学会2015年度大会 , 2015.6 (共同・口頭)
  • 日用品が花卉類生け水中の細菌増殖におよぼす影響 .人間・植物関係学会2015年度大会 , 2015.6 (共同・口頭)
  • イギリスの精神科デイケア施設でのアーツセラピー・グループワーク - 日本庭園を造るプロジェクトと絵画造形のショート・プログラムの併行方式 - .第35回西日本芸術療法学会 , 2006.6 (共同)
  • アルツハイマー病の進行と園芸療法を通じた変化 - 『できる』園芸活動を探す(症例報告) - .第8回人間・植物関係学会国際シンポジウム , 2004.6
社会的活動等
  • 人間・植物関係学会 監査(2015年6月~2017年)

(2017年5月1日 現在)

顔写真 水野 貴子
助教 みずの たかこ 水野 貴子
学位/主な資格
  • 修士(和歌山県立医科大学)
  • 作業療法士免許
専門領域
  • 高次脳機能障害
主な担当科目
  • 高次脳機能評価学演習
  • 身体障害評価学演習 I
  • 身体障害評価学演習 II
  • 基礎作業分析学演習 I
  • 基礎作業分析学演習 II
  • 基礎作業分析学実習
主な著書・論文
論文
  • 「生活行為向上マネジメント」手法の基礎作業療法学教育への導入の試み .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : P111-118 , 2016 (共著)
  • 新入生クラス分け試験と学内成績との関連性について .リハビリテーション教育研究 , 2011 , 16 : 45-46 (共著)
  • 計算課題の前後における作動記憶の変化‐健常者に対する試行的調査‐ .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 2010 , 4 : 57-64 (共著)
主な研究・教育・社会的活動
国際学会
  • Study on the order of painting in Japanese day-care users' coloring activity. 15th international Congress of the World Federation of Occupational Therapists , SANTIAGO・CHILE , 4-7 May,2010(共同・ポスター)
国内学会
  • 重度右片麻痺を呈した患者の結髪動作における自助具の使用経験 .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・口頭)
  • 片手用髪止め具の開発 .第49回日本作業療法学会 , 神戸 , 2015.6.19-21(共同・口頭)
  • 臨床実習における学生の自己評価の変化 .第42回日本作業療法学会 , 長崎市 , 2008.6.20-22(共同・ポスター)
特許
  • 片手で髪を束ねるための自助具 .公開特許公報(A) , 特開2016-43221 (共同)
社会的活動
  • 嘱託委員 阪南市泉南市岬町障害程度区分認定審査会
学生へのコメント 身体障害分野の臨床経験4年を経て、母校である河﨑医療技術専門の専任教員となり、現在に至ります。教員をしながら臨床を続け、新鮮な臨床の情報を学生に伝えています。
手工芸が大好きで、授業やサークルで学生と一緒に楽しんでいます。OTとなり学んだことは、「人と向き合う大切さ」。患者様や学生の暖かな灯火のような存在になれるよう日々努力しています。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 木村 秀生
教授/言語聴覚学専攻長 きむら ひでお 木村 秀生
学位/主な資格
  • 修士(教育学)(奈良教育大学)
  • 言語聴覚士免許
専門領域
  • 言語発達障害
  • 重症心身障害
  • 拡大・代替コミュニケーション(AAC)
主な担当科目
  • 生涯発達心理学
  • 言語発達障害学 I
  • 言語発達障害治療学 I
  • 言語聴覚障害概論 I
  • 言語聴覚障害概論 II
主な著書・論文
著書
  • 『ATAC(Assistive Technology & Augmentative Communication)カンファレンス テキスト』(共著 , こころリソース出版会 , 2008)
  • 『からだとことばをつなぐもの』(共著 , ミネルヴァ書房 , 2002)
論文
  • 吐き戻す習慣を矯正し経口摂取に至った球麻痺児のリハビリテーションの一例 .嚥下医学 , 2012 , Vol.1 No.1 : 105-111 (共著)
  • 現代幼児の人物画描画発達と気になる子の描画 グッドイナフ人物画検査を用いた検討 .京都教育大学紀要 , 2010 , 117 : 63-71(共著)
  • 関係発達論的インタフェースとして開発中のロボットを使用したコミュニケーション発達支援 .奈良教育大学大学院教育学研究科修士論文 , 2009
  • 障害者自立支援法と障害乳幼児の療育 .障害者教育科学 第51号 : pp.27-31 , 2007
  • 重度重複障害児のコミュニケーション発達支援の一事例 .京都国際社会福祉センター研究紀要 , 第11巻 : pp.17-25 , 1997
  • 関係性発達障害児の療育を支援するソーシャルメディエータの研究 .研究代表者 豊橋科学技術大学岡田美智男 文部科学省科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 , 2007年度~2009年度 , 117:63-71(研究協力者)
主な研究・教育・社会的活動
受賞
  • 第34回 日本コミュニケーション障害学会学術講演会 奨励賞.「関係発達論的インタフェースとして開発中のロボットを使用したコミュニケーション発達支援試行開始の経過報告」 , 2008
国際学会
  • An Experimental Communication Study for Children with PDD Using a Robot as Inter-subjective Developmental Interface.IASSID(International Association for the Scientific Study of Intellectual Disabilities)3rd European Regional Congress , Rome , October 24th to 27th 2010(共同・ポスター)
  • Communication Study on Children with Disability Using a Robot as Inter-subjective Developmental Interface.IASSID(International Association for the Scientific Study of Intellectual Disabilities)2nd Asia-Pacific Regional Congress Singapore , June 24th to 27th 2009
国内学会
  • 最重度知的障害者へのPersonalization獲得支援 ~趣味活動を用いた作業療法介入を通して~ .第40回日本重症心身障害学会 , 京都 , 2014.9 (共同・口頭)
  • 関係発達論的インタフェースとして開発中のロボットを使用したコミュニケーション発達支援の試み .第26回リハビリテーション工学カンファレンス , 2011.8(共同・口頭)
  • 吐き戻す習慣を矯正し経口摂取に至った球麻痺児の嚥下リハビリテーションの一例 .日本嚥下医学会 , 2011.2 (共同・口頭)
  • 関係発達論的インタフェースとして開発中のロボットを用いたコミュニケーション発達支援の試行 .ATACカンファレンス2009 , 2008.12
  • 就学前通園施設における重症心身障害児への前言語期からのコミュニケーション発達支援 .第33回日本重症心身障害学会 , 2007
社会的活動等
  • 京都府言語聴覚士会 副会長
  • 奈良教育大学教育学部非常勤講師
  • 京都府発達障害児者支援体制整備検討委員会委員
  • 大阪府泉佐野保健所 長期療養児在宅支援事業 相談員
  • 大阪府立岸和田支援学校 福祉医療関係人材活用事業 特別非常勤講師
  • 大阪府立藤井寺支援学校 福祉医療関係人材活用事業 特別非常勤講師
  • 神経発達学的治療(Bobath Concept)国際認定療法士
  • 京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程在籍
学生へのコメント 「子ども」も「私」もお互いに楽しくかかわり合え、語り合え、楽しく遊び合える・・・。ことばやコミュニケーションに様々な課題を持つ子ども達とそんな時間をすごすためには、お互いに何が必要なのかを考えてきました。「子どもが好き!」な「あなた!」、にとって、私のように小児領域で働くこともある言語聴覚士という「資格」は、ひとつの選択かもしれませんよ!

(2017年5月1日 現在)

顔写真 雨宮 徹
教授 あめみや とおる 雨宮 徹
学位/主な資格
  • 博士(学術)(大阪府立大学)
専門領域
  • 哲学
  • 倫理学
主な担当科目
  • 医療倫理学
  • 医療哲学
  • 日本語表現A
  • 日本語表現B
  • 情報処理学入門
主な著書・論文
著書
  • 『フランクルを学ぶ人のために』 (山田邦男(編) , 共著 , 世界思想社 , 2002)
論文
  • フランクルの「態度価値」について.大阪河﨑リハビリテーション大学紀要第4巻所収 , 2010
  • 恋と愛~フランクルの「コペルニクス的転回」を手がかりとして~ .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要第2巻所収 , 2008
  • フランクルにおける実存思想の研究 .博士論文 大阪府立大学 , 2003
  • V.E.フランクルにおける‘Bei-sein’の概念について .倫理学研究 : 32集所収 , 関西倫理学会 , 2002
翻訳
  • V.E.フランクル『人間とは何か 実存的精神療法』(共訳 , 春秋社 , 2011)
  • V.E.フランクル『意味への意志』(共訳 , 春秋社 , 2002)
  • V.E.フランクル『制約されざる人間』(共訳 , 春秋社 , 2000)
研究・教育・社会的活動
国内学会
  • フランクルの「幸福追求のパラドックスの図」の解釈について .日本倫理学会 , 2015.10.2-4(単独・口頭)
  • 意味の超越性と超意味の超越性 -滝沢克己のフランクル批判を手掛かりに- .フランクル研究会 , 2013.12(単独・口頭)
  • 「日本語力向上プロジェクト」の実施について .第26回教育委研究大会・教員研修会 , 2013.8(共同・口頭)
  • フランクルの「精神」の概念について .関西倫理学会 , 大阪 , 2011.10(口頭)
  • フランクルの「超意味」について .日本倫理学会 , 2008.10(口頭)
学生へのコメント 誰しも人生の辛い場面では「なぜ生きなければならないのか」という思いを抱くことがありますが、皆さんが将来、関わりを持つことになる様々な障害を抱える人々は、とりわけ、こうした思いを持つ可能性が高いと言えます。彼らと正面から向き合うことのできる療法士となるためには「生きる意味」の問題についてきちんと考えておかなければなりません。こうしたテーマについて皆さんが考える手掛かりを提供したいと思っています。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 野村 和樹
准教授/副専攻長 のむら かずき 野村 和樹
学位/主な資格
  • 修士(社会福祉学)(花園大学)
専門領域
  • 児童福祉
  • 援助技術論
  • 社会心理学
主な担当科目
  • 社会学
  • 社会福祉学
  • 社会福祉援助技術論(含ケースワーク論)
  • 社会保障制度
  • 障害者福祉論
  • 関連職種連携論(チームワーク論)
  • 関係法規
  • 言語聴覚障害学総論
  • 情報処理学入門
主な著書・論文
論文
  • 要養護児童の支援についての一提言 - セルフ・エスティームの回復および育成に基づく援助方法を考察する - .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 3(1) : p77-83 , 2008.12
  • 児童虐待に関するグランドデザイン - 公的機関による介入への提案 - .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 創刊号 : p75-83 , 2007.3(共著)
  • 脳血管性痴呆患者に対する動物介在療法(ドッグセラピーの試み) .精神科治療学 , 19(9) : p1121-1125 , 2004.9(共著)
  • 児童におけるセルフ・エスティームと発達段階の関係 .大阪ソーシャルサービス研究 , 5 : p27-48 , 2003.12
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 「日本語力向上プロジェクト」の実施について .第26回教育委研究大会・教員研修会 , 2013.8(共同・口頭)
社会的活動等
  • 貝塚市社会教育委員(平成21年6月~平成29年3月)
学生へのコメント 「親のない孤児よりも、いっそう可愛そうなのは心の迷い児、精神の孤児だ」とは日本で最初に 孤児院を創設した児童福祉の父とも呼ばれている石井十次の言である。明治と言う時代を考えると十次の叡智に感動すら覚える。「精神の孤児」の救済、これは今もなお児童福祉の課題である。
十次の言葉から得た感動を幾人の学生に伝えられるであろうか、そのためには自らが学問の迷い児にならぬよう、目に映るもの、体感するもの、全てのものを糧とし学問を積み重ねて行きたいものである。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 馬屋原 邦博
准教授 うまやはら くにひろ 馬屋原 邦博
学位/主な資格
  • 文学修士(上智大学)
  • 言語聴覚士免許
  • 社会福祉士資格
専門領域
  • 聴覚障害(成人領域)
主な担当科目
  • 聴力検査法(含演習)
  • 聴覚障害治療学 II(含演習)
  • 聴覚障害のコミュニケーション学
  • 補聴器・人工内耳(含演習)
  • 成人聴覚障害診断学
  • 視覚聴覚二重障害学(含演習)
  • 聴覚心理学
主な著書・論文
著書
  • 『福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト 改訂3版』 聴覚・言語障害、聴覚・言語障害関連の用具 (共著 , 東京商工会議所 , 2015.2 , p165-171、p372-375)
  • 『福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト 改訂版』(共著 , 東京商工会議所 , 2011 , p159-165、p366-369)
  • 『It’s a 福祉用具』(共著 , 財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団 , 2004 , p45-65)
論文
  • 福祉用具専門相談員スキルアップ講座 第29回『聴覚障害と福祉用具』 .日本工業出版「福祉介護機器テクノプラス」 , 4(1) : p21-27 , 2011(単著)
  • 中途失聴者のコミュニケーションと心理 .東京医学者「JOHNS」 , 21(4) : p577-582 , 2005(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 軽度知的障害症例へのPersonalization実現化に向けたOT介入の妥当性(第2報)-きょうだいのPersonalizationへの捉え方との比較から- .第50回日本作業療法学会 , 札幌 , 2016.9(共同・口頭)
  • 中途失聴者自身が語るコミュニケーションと心理的側面の変化 .第31回日本コミュニケーション障害学会 , 2005.5(共同)
  • 失語症者の就労におけるコミュニケーション支援 .第26回日本聴能言語学会学術講演会 , 2000.6(共同)
学生へのコメント 福祉現場で難聴者のコミュニケーションや福祉用具に関する相談などに関わり、当事者の方から多くのことを学んできました。
言語聴覚士を目指す学生の皆さんにこれまでに得られた技術や経験をお伝えすることを通して、聴覚障害のある方が生活しやすくなるようなお手伝いができたらと思っています。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 髙橋 泰子
准教授/副専攻長 たかはし やすこ 髙橋 泰子
学位/主な資格
  • 教育学修士(兵庫教育大学)
  • 言語聴覚士免許
専門領域
  • 言語発達障害
主な担当科目
  • 言語発達学
  • 言語発達障害学 II
  • 言語発達障害治療学 II(含演習)
  • 言語聴覚障害診断学
  • 機能性構音障害学(含演習)
  • 吃音学
  • 器質性構音障害学(含演習)
  • 統合言語聴覚学
主な著書・論文
著書
  • 『言語発達障害 I 』(共著 , 建帛社)
  • 『子どもの発達臨床心理』(共著 , 昭和堂)
  • 『言語障害 事例による用語解説』(共著 , ナカニシヤ出版)
  • 『障害援助の臨床心理』(共著 , 建帛社)
論文
  • 大阪府豊能町における障がい児の育成支援の現状と課題 .大阪河﨑リハビリテーション大学紀要 , 10 : 33-41 , 2016.3(共著)
  • 注意課題の脳波特性(その2)-PASATの正答率からの検証 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 76-77 , 2016(共著)
  • 注意課題の脳波特性(その1)-θ/β比からみた定型閾値の有用性 .リハビリテーション教育研究 , 21 : 74-75 , 2016(共著)
  • OSCEにおける認知スクリーニング検査課題の妥当性 .リハビリテーション教育研究 , 20 : 254-255 , 2015(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 記憶過程における脳波特性(その2)-漢字課題でみる長期記憶への方略- .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(共同・ポスター)
  • 記憶過程における脳波特性(その1)-θ/αからみた記憶との関係- .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(共同・口頭)
  • 言語聴覚士養成校におけるOSCEの実際と課題 .第29回教育研究大会・教員研修会 , 高松 , 2016.8(招待)
  • ADHD不注意タイプが疑われる学生の脳波-PASAT正答率と前頭中部の特異的脳波との関連 .日本発達心理学会 , 北海道 , 2016.4(共同・ポスター)
  • 国語力レディネスと教員による評価 .日本発達心理学会第26回大会 , 東京 , 2015.3.20-22(単独・ポスター)
  • 学生の記銘方略に関与する要素 .第24回教育研究大会 , 静岡 , 2011.8(共同・ポスター)
  • WISC-ⅢにおけるADHDとPDDの特性 .日本発達心理学会 , 東京 , 2011.3(単独・ポスター)
  • ディスレキシアへのリハビリテーション領域からのアプローチ .日本発達心理学会第21回大会 , 神戸 , 2010.3(シンポジウム)
社会的活動等
  • 高石市図書館指定管理者候補者選定委員会 副委員長(2015.8~12)
  • 大阪府豊能町 特別支援教育会議 委員(2015.4~2016.12)
  • 大阪府下における「発達障害児等支援・特別支援教育総合推進事業」に参画。
  • 発達障害児のアセスメントと支援のための地域ネットワーク
  • 臨床発達心理士資格取得のためのスーパーバイザーとなる。
  • 「物忘れ」進行予防の訓練プログラム開発
学生へのコメント 最近ピアノを習いはじめた娘と一緒に発表会に出るため、20 年振りにピアノの練習をしています。昔取った杵柄・・・と言いたいところですが、指は動かず、音符も読めず苦心しています。しかし、練習すれば少しずつスムーズに弾けるようになってきました。少しの勇気と努力で前進できることは楽しいことですね。みなさんも私たちとリハビリの領域で一緒に頑張ってみませんか?

(2017年5月1日 現在)

顔写真 芦塚 あおい
講師 あしづか あおい 芦塚 あおい
学位/主な資格
  • 博士(医学)(京都大学)
  • 言語聴覚士免許
専門領域
  • 神経心理学
主な担当科目
  • 嚥下障害学(含演習)
  • 音声障害学(含演習)
  • 運動障害性構音障害学(含演習)
  • 器質性構音障害学(含演習)
主な著書・論文
著書
  • 『Clinical Neuroscience: 月刊臨床神経科学』脳機能画像の臨床応用:失語症回復の神経メカニズム(共著 , 中外医学社 , 2015.8 , 33巻(8号) : p954-957)
  • 『精神医学キーワード事典』言語機能の神経基盤(共著 , 中山書店 , 2011.7 , p479-482)
論文
  • Functional relevance of the precuneus in verbal politeness .Neuroscience Research , 91 : 48-56 , 2015.11(共著)
  • The anodal tDCS over the left posterior parietal cortex enhances attention toward a foces word in a sentence .Frontiers in Human Neuroscience , 8 : 992-1001 , 2014.12(共著)
  • 頭部外傷後,解離性健忘と失声を呈し,失声のみが回復した1例 .認知リハビリテーション , 15(1) : 70-78 , 2010.7(共著)
  • Recurring utterances (speech automatisms) without aphasia: A single case study .Aphasiology , 24(1) : 1443-1454 , 2010.7(共著)
研究・教育・社会的活動
受賞
  • 第35回高次脳機能障害学会学術総会 優秀ポスター賞 . 「環境音課題を用いた意味記憶障害の検討 - semantic dementia 2例について -」, 2011
国際学会
  • Aphasia treatment using tDCS and rTMS - A case study - .The 3rd International Workshop on Syanaptic Plasticity , 2014.9(共同・ポスター)
  • The role of front-parietal network in awareness of motor intention studied by repetitive Transcranial Magnetic Stimulation .Society for Neuroscience 2013 , 2013.9(共同・ポスター)
  • The role of parietal cortex in awareness of motor intention - human rTMS study .第5回国際非侵襲脳刺激国際会議 , 2013.3(共同・ポスター)
  • Semantic memory of environmental sounds in a case with right-dominant semantic dementia .4lst Annual Meeting of International Neuropsychological Society , 2013.2(共同・ポスター)
  • Polite Brain: Functional relevance of precuneus in honorific expression .Society for Neuroscience 2012 , 2012.10(共同・ポスター)
  • tDCS on precuneus can alter human politeness .The 2rd International Workshop on Syanaptic Plasticity , 2012.9(共同・ポスター)
国内学会
  • Neurorehabikitation for Aphasia with transcranial DC stimulation DC stimulation and repetitive transcranial magnetic stimulation (tDCS and rTMS) - A case study - .第37回日本神経科学大会 , 2014.9(共同・ポスター)
  • Awareness of motor intention on Parietal Cortex - rTMS study - .システムニューロサイエンスとリハビリ会議 , 2013.3(共同・ポスター)
  • 運動意図のアウェアネスに頭頂葉は関与するか? - rTMS - 研究 .第2回社会神経科学研究会 , 2013.1(共同・ポスター)
  • 右側頭葉優位萎縮を伴う意味性認知症症例における神経心理学的症候の検討 .第36回高次脳機能障害学会学術総会 , 2012.11(共同・口頭)
  • 日本語敬語における楔前部の機能的関連性 - 機能的MRI研究 .第14回日本ヒト脳機能マッピング学会総会 , 京都 , 2012.7(共同・ポスター)
  • 非生物の環境音による認知: 手の視覚表象によるsubliminal primingは道具認知に影響するか .第6回 Motor Control 研究会 , 2012.6(共同・ポスター)
  • 環境音課題を用いた意味記憶障害の検討 - semantic dementia 2例について - .第35回高次脳機能障害学会学術総会 , 2011.11(共同・ポスター)
  • 敬語課題判定時における神経基盤の解明 - fMRI研究 .第16回認知神経科学会学術集会 , 2011.10(共同・ポスター)
  • Semantic memory of environmental sounds in a case of semantic dementia .第34回日本神経科学大会 , 2011.9(共同・ポスター)
  • 意味痴呆症例における意味記憶の神経心理学的検討 .第34回神経心理学会総会 , 2010.12(共同・ポスター)
  • 頭部外傷後、解離性健忘と失声を呈し、失声のみが回復した1例 .第19回認知リハビリテーション研究会 , 2009.12(共同・口頭)
  • Semantic Dementia(SD)を疑われる1症例の症候論的特長 .第32回高次脳機能障害学会学術総会 , 2008.11(共同・口頭)
  • 他モダリティに比し顕著な発語困難を呈した症例 .第31回高次脳機能障害学会学術総会 , 2007.11(共同・口頭)
学生へのコメント 大学を修了するとすぐに全国の多くの方々がみなさんを待っておられます。臨床に出る前に基礎のチカラを一緒に身につけていきましょう。

(2017年5月1日 現在)

顔写真 稲葉 敏樹
准教授 いなば としき 稲葉 敏樹
学位/主な資格
  • 教育学修士(大阪教育大学)
  • 言語聴覚士免許
専門領域
  • 成人言語障害
主な担当科目
  • 失語・高次脳機能障害学 I
  • 失語・高次脳機能障害学 II
  • 失語・高次脳機能障害学 III
主な著書・論文
著書
  • 『誤解の理解 対話115例で解説するコミュニケーション論』(共著 , あいり出版 , 2009)
  • 『よくわかる嚥下障害』(共著 , 永井書店 , 2005)
論文
  • 発語失行の言語治療 - Gestural Reorganizationを中心に - .修士論文
  • 当センターの訪問言語サービスの現状について.言語聴覚療法 第14巻第3号 : pp.326-329 , 1998(共著)
主な研究・教育・社会的活動
国内学会
  • 部首別漢字書字における語流暢性の検討 . 日本高次脳機能障害学会学術総会 , 2012、2013(口頭)
  • 失語症者の歌唱能力 第1~6報 .日本高次脳機能障害学会(日本失語症学会) , 1995、1996、1999(2回)、2000、2001
  • 在宅生活におけるコミュニケーション障害の援助 .リハビリテーション・ケア研究大会'99 , 1999
  • 当センターの訪問言語の現状と課題 - 実践とアンケートを通して - .日本言語療法学会 , 1997
  • 失語・非失語におけるカテゴリー別語列挙の比較 第1~6報 .日本高次脳機能障害学会(日本失語症学会) , 1991、1993、1997
  • 発語失行患者に対する視覚イメージ法の試み .日本神経心理学会 , 1994
学生へのコメント 成人の言語障害を専門にしています。出身は、静岡県沼津市です。主にリハビリテーションセンターで働いていましたが、訪問リハビリテーションも行っていました。現場で体得したノウハウを学生の皆さんに還元できればと思っています。
STに興味のある方、何事も百聞は一見にしかずです。オープンキャンパスでお会いしましょう!

(2017年5月1日 現在)

大学案内
大学の概要
大学の紹介・特長
教員紹介
情報公開
施設案内
交通案内