大学の概要:建学の精神

建学の精神

夢と大慈大悲

常に夢と希望を持った、仁の心(思いやりの心、いたわりの心)を備えた医療人を育成する。
人というのは自分だけの立場でものを考えるのではなく、相手の立場にたって物事を考えるということが大切である。

教育理念

“知育”と“人間性を育む”

仁の心と優れた専門知識、技術の教授を通じ、豊かな人間性と教養を養い、広く国民の保健・医療の向上と地域及び国際社会に寄与しうる人材を育成する。

これまでの医療では、疾患の治療が優先されてきました。現在では、疾患・障がいの予防や、疾患・傷害が発生した時点から機能障がいのリハビリと共に、心のケアへの取り組みが行われるようになりました。手術や事故で身体に受けた傷だけでなくあらゆる障がいを予防するとともに身心の機能障がいを少なくすることがQOL向上につながるのです。このような時流にあって家族の介護負担、職場復帰への訓練、日常生活の改善などを支えるリハビリテーション分野の重要度は日々大きくなるばかりです。

そこでリハビリテーションを現場で支えるPT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)が高度で質の良い専門的医療技術を修得し、医療現場で活躍することが重要になってきます。本学ならではの臨床に基づいた生きたカリキュラムを提供し、確固とした、技術・知識と併せて、対象者一人ひとりの生活機能や、心のケアにも配慮できる医療従事者の育成をめざします。

教育研究上の目的

リハビリテーション学部・リハビリテーション学科

リハビリテーションに関する高度な知識、技術の教育・研究を通じて豊かな人間性を養い広く国民の保健・医療・福祉の向上に寄与することのできる有能な人材を育成する。

PT 理学療法学専攻 PHYSICAL THERAPY
科学的根拠に基づいた運動療法及び物理療法により身体機能の維持・改善を図り、また人間性の回復を支援し、他の専門職域とも連携した連携したチーム医療のできる人材を育成する。
OT 作業療法学専攻 OCCUPATIONAL THERAPY
科学的根拠に基づいた種々の活動により心身機能の維持・改善を図り、また人間性の回復を支援し、他の専門職域とも連携した連携したチーム医療のできる人材を育成する。
ST 言語聴覚学専攻 SPEECH-LANGUAGE-HEARING THERAPY
ことばや聞こえ、飲み込みの機能の維持・改善を図り、また人間性の回復を支援し、他の専門職域とも連携した連携したチーム医療のできる人材を育成する。
大学案内
大学の概要
大学の紹介・特長
教員紹介
情報公開
施設案内
交通案内