言語聴覚学専攻:カリキュラム

言語聴覚学専攻 授業風景

  • 機能性構音障害学
    発生発語器官の機能、異常構音、構音検査、構音表記、構音障害の診断、指導法について学習する。
  • 聴力検査法 その1
    聴覚障害の障害状況を把握するために臨床で使われている検査法を知り、実際に使えるように技術を身につける。
  • 聴力検査法 その2
    さまざまな周波数の純音を聞いて測定する方法 「標準純音聴力検査(気導聴力検査)」。
  • 補聴器・人口内耳 その1
    補聴器の種類や原理、フィッテングソフトの扱い、人工内耳のリハビリテーション等について理解を深める。
  • 補聴器・人口内耳 その2
    補聴器を使用する人の聞こえに合わせる作業(フィッティング)の訓練。
  • 補聴器・人口内耳 その3
    補聴器および補聴器特性試験装置。

 

  1年次 2年次 3年次 4年次
  言語聴覚士として基礎的な科目を学びながら、豊かな人間性と教養を養います。 専門的な知識・技術を深め言語聴覚士としての素地を作ります。 障がいに応じた評価や訓練方法を学び治療計画の立案や結果の予想・評価を実現できることを目指します。 専門職として総合的な学習を行い、4年間の総仕上げをします。



  • 基礎分野 【 選択科目 】
  • 心理学
  • 生物学
  • 英文法
  • 英文講読
  • 基礎ゼミ
  • 情報処理学入門 / 応用
  • 基礎分野 【 選択科目 】
  • 医療統計学 I
   





  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 形態機能学解剖領域 I/II
  • 形態機能学生理領域 I/II
  • 医学概論
  • 一般臨床医学
  • リハビリテーション概論
  • 社会保障制度
  • 学習・認知心理学
  • 音声学
  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 病理学
  • リハビリテーション医学
  • 小児科学
  • 内科学
  • 精神医学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 臨床歯科学
  • 口腔外科学
  • 神経内科学
  • 臨床神経学
  • 生涯発達心理学
  • 臨床心理学 I
  • 言語学
  • 言語発達学
  • 聴覚心理学
  • 音声言語聴覚医学 I / II
  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 形成外科学
  • 臨床心理学 II
  • 心理測定法
  • 音響学
  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 統合基礎臨床医学
  • 関係法規
  • 医療安全管理学



  • 言語聴覚障害概論 I / II
  • 聴力検査法
  • 専門分野 【 選択科目 】
  • 小児聴覚障害診断学
  • 成人聴覚障害診断学
  • 失語・高次脳機能障害学 I
  • 聴覚障害のコミュニケーション学
  • 言語発達障害学 I / II
  • 専門分野 【 選択科目 】
  • 研究法
  • 言語聴覚障害診断学
  • 音声障害学
  • 嚥下障害学
  • 機能性構音障害学
  • 器質性構音障害学
  • 吃音学
  • 補聴器・人工内耳
  • 視覚聴覚二重障害学
  • 運動障害性構音障害学
  • 失語・高次脳機能障害学 II / III
  • 言語発達障害治療学 I/II
  • 聴覚障害治療学 I / II
  • 専門分野 【 選択科目 】
  • 卒業研究
  • 言語聴覚障害学総論
  • 統合言語聴覚学
  • 統合リハビリテーション地域連携論
 
  • 臨床実習概論
  • 臨床ゼミ I
  • 臨床実習指導 I
  • 臨床基礎実習 (1週間)
  • 臨床ゼミ II
  • 臨床実習指導 II
  • 臨床評価実習 (4週間)
  • 臨床実習指導 III
  • 臨床総合実習 (8週間)

言語聴覚学専攻 履修モデル

言語聴覚学専攻 履修モデル  

言語聴覚学専攻のカリキュラムについて、4年間の履修の流れをまとめた、モデル表です。

履修モデル

学部・学科
理学療法学専攻
作業療法学専攻
言語聴覚学専攻