作業療法学専攻:カリキュラム

作業療法学専攻 授業風景

  • 医用福祉機器論
    現場での生活支援のために必要な福祉機器の知識と技術を学ぶ。
  • 基礎作業学実習
    生活で何気なく行っている作業の持つ特性を活かし、身体機能、高次脳機能、精神機能の改善を図る。
  • 作業療法評価技法
    「打腱器」という検査器具で、筋の腱部を叩いて、その時の反応を確認し神経や筋の問題がないかを判定。
  • 生活関連機器論 その1
    誰もが暮らしやすい環境を整備できるよう、福祉用具の利用や自助具作成などの演習を行う。
  • 生活関連機器論 その2
    片手で靴紐が結べるように 「自助具(体の不自由な人が日常の生活動作をより容易にできるよう工夫された道具)」を作成。
  • 高次脳機能評価技法
    脳損傷によって、運動や感覚の他、物や空間の認知、目的を持った行動、言語や記憶などの高次脳機能が障害される。高次脳機能の評価の目的をを理解し、日常生活の症状について推測することができるようにする。

 

  1年次 2年次 3年次 4年次
  作業療法士として基礎的な科目を学びながら、豊かな人間性と教養を養います。 専門的な知識・技術を深め作業療法士としての素地を作ります。 障がいに応じた評価や訓練方法を学び治療計画の立案や結果の予想・評価を実現できることを目指します。 専門職として総合的な学習を行い、4年間の総仕上げをします。



  • 基礎分野 【 選択科目 】
  • 心理学
  • 生物学
  • 英文法
  • 英文講読
  • 医療系の力学
  • 基礎ゼミ
  • 情報処理学入門 / 応用
  • 基礎分野 【 選択科目 】
  • 医療統計学 I
   





  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 形態機能学解剖領域 I/II
  • 形態機能学生理領域 I/II
  • 解剖学実習 I / II
  • 生理学実習
  • 発育発達学
  • 整形外科学 I
  • 一般臨床医学
  • リハビリテーション概論
  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 病理学
  • 小児科学
  • 内科学 I / II
  • 精神医学 I / II
  • 神経内科学
  • 臨床神経学
  • 整形外科学 II
  • 臨床心理学
  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 専門基礎 【 選択科目 】
  • 統合基礎臨床医学
  • 医療安全管理学



  • 専門分野 【 選択科目 】
  • 作業療法学概論
  • 作業療法運動学 I
  • 基礎作業学
  • 精神障害評価学
  • 身体障害評価学演習 I
  • 生活環境・行為学
  • 園芸療法
  • 基礎作業分析学演習 I/II
  • 専門分野 【 選択科目 】
  • 作業療法運動学 II
  • 作業療法運動学演習
  • 基礎作業分析学実習
  • 応用作業分析学実習
  • 作業療法評価学実習
  • 身体障害評価学演習 II
  • 高次脳機能評価学演習
  • 高齢期障害評価学演習
  • 発達障害評価学演習
  • 精神障害臨床評価学実習
  • 生活環境・行為分析学 / 実習
  • 専門分野 【 選択科目 】
  • 研究法
  • 義肢装具学
  • 内部障害作業療法学
  • 発達障害作業療法学
  • 作業療法管理・運営学
  • 地域作業療法学 / 演習
  • 運動器系障害作業療法学
  • 中枢神経系障害作業療法学
  • 高次脳障害作業療法学
  • 高齢期障害作業療法学
  • 精神障害作業療法学 / 実習
  • 専門分野 【 選択科目 】
  • 卒業研究
  • 統合作業療法学
  • 統合リハビリテーション地域連携論
 
  • 臨床見学実習 (1週間)
  • 臨床ゼミ I
  • 臨床実習指導 I
  • 臨床検査・測定実習 (3週間)
  • 臨床ゼミ II
  • 臨床実習指導 II
  • 臨床総合実習 I (9週間)
  • 臨床実習指導 III
  • 臨床総合実習 II (9週間)

作業療法学専攻 履修モデル

作業療法学専攻 履修モデル  

作業療法学専攻のカリキュラムについて、4年間の履修の流れをまとめた、モデル表です。

履修モデル

学部・学科
理学療法学専攻
作業療法学専攻
言語聴覚学専攻